FC2ブログ

8月25日(日)曇り

昨日は新潟県胎内市で行われた天文イベント
『胎内星まつり』でイベントライブでした。

お越しいただいたお客さま
イベントスタッフの皆さま
ほんとうにありがとうございました。

金曜日と土曜日に現地に2泊しまして
きょうは高速道路を走って無事に帰ってきて
夜はラジオの生放送でした。
星のコーナーは、『みなみのかんむり座』の話をしましたよ。

胎内星まつりでは
いろいろと印象的なことがあり
3日間たのしく過ごしました。

また明日以降に書きたいと思います。
ということで
また一週間がんばりましょう!!
スポンサーサイト



8月22日(木)曇り

7歳の息子が
10月の天文宇宙検定の試験を受けるそうです。
せんじつの原村星まつりの会場で
テキストと問題集を買ってきました。

昨年は4級というのを受けて合格したので
ことしは3級を受けるそうで、
きのう郵便局で受験料を支払ってきましたよ。

受験勉強は僕はほとんど口出しせず
『自分でテキスト読んで勉強しなさい』という態度をつらぬいて
いるのですけれど、

きのう息子が
『ねえ、パパ、年周視差ってなに?』
と聞いてきたので
へえ、ずいぶん難しい問題が出るのだなあと思いながらも
年周視差について説明しました。

で、きょうは
『ねえ、パパ、歳差運動ってなに?』
と聞いてきたので
『へええ、歳差運動の問題が出るの? それはちょっと複雑だから
 またこんど時間のあるときに改めてじっくり説明するよ』
と言っておきました~。

3級はなかなか難しいんじゃないかと思いますが
本人は『試験、たのしみだな~~』と嬉々として言っておりますので(笑)
とりあえずがんばってほしいなあと思います。

8月21日(水)曇り

これまで10日間くらいずっと、
リビングでエアコンをつけて寝ていたのですけれど、

昨夜はやっと比較的涼しくなったので
ひさしぶりに自分の部屋で窓を開けて寝ました。
とても快適に眠れました。
熱帯夜もようやく終わってくれますねえ。

ということで
今度の週末は新潟県胎内市で開催される『胎内星まつり』に参ります。
星空コンサートは土曜日の夜ですが
アクアマリンは金曜日から会場のブースでCDや著書を販売してますので
ご参加の方はぜひ声をかけてくださいね!
(詳細は↑『LIVE』のページをごらんください)

8月20日(火)晴れのち曇り

今日は、小田原市小学校教育研究会というところに
講師としてお招きいただきまして
行って参りました。

小学校で音楽を教えている先生がたに
合唱曲の作者として
2時間くらいお話&演奏させていただきました。

参加された先生がた
ほんとうにありがとうございました。

会場の三の丸小学校というのは
小田原城の隣でした。
小田原市や箱根・足柄地域でも
合唱曲を歌ってくださっているそうで
本当に光栄に思います。

8月19日(月)晴れ

今日、近所のご夫婦が
家庭菜園で作っているミニトマトを
大量にくださいました。

さっそく10個くらいいただきましたが
本当においしかったです。
ありがたいことでございます。

ということで
明日もがんばりましょう!!

8月18(日)晴れ

今日は日曜なのでラジオの生放送の日でした。

星のコーナーは
いて座の話をしましたよ。

ということで
また一週間がんばりましょう!!

8月17日(土)晴れ

今日も平塚は暑かったです。

ところで今日は子どもを連れて
横浜のこども科学館に行ってきたのですけれど、
帰りに平塚駅の近くのタコス屋サンで買ったタコスが
とても美味しかったです。

ビーフと生ハムとチキンというのを3種類買って
家に帰ってからみんなで食べました。
また買いたいと思います。

8月16日(金)晴れ

今日は晩ご飯にコンビニのカレーを食べました。
バターチキンカレーで、なかなかおいしかったです。

ところで
先日の歴史探訪旅行では
行く先々でいろいろとオミヤゲを買いました。

福井県の一乗谷では7歳の息子は
朝倉義景の伝記マンガを買ったのですけれど
今日、それを読みながら
『ねえ、パパ、明智光秀が織田信長を殺した理由は
 朝倉義景と足利義昭のカタキをとるということだったんじゃないの?』
と言いました。

『なるほどなあ、本能寺の変の真相はいろんな説があるけど
 そういうこともあるかもしれないな。』
 いろいろと想像をめぐらして、自分で考えるっていうのは大切なことだ』
と言っておきました~。

息子とは歴史の話を日常的にたくさんするのですが
近ごろはかなり本質的なトークをするようになってきました(笑)。
さきほど
『ねえ、パパ、どうして平家は驕るようになってしまったんだろう?』
と突然いいだしました。

『それはねえ、人間というのは
 カネだとか権力を手にすると、傲慢になってしまうものなんだな。
 歴史を学んで分かることの一つは
 人間という生き物がどういうものかっていうことだ。
 これは1000年前でも2000年前でも3000年前でも変わらない。
 1000年後でも2000年後でも変わらないと思うな。
 歴史を学ぶなかで人間を知って、自分を知って、それを自分の人生に活かしていくんだ。
 歴史上の人物をたくさん知ってゆくと
 そのなかに
 ”自分はこうはなりたくない”と思う人や
 ”自分もこんなふうに生きたい”と思う人が出てくるはずだ。
 それを自分の人生のお手本にするんだ。』

と言ったら息子は

『なるほど、歴史は人生の教科書なんだね』
と答えました。

『パパは、人生のお手本にしている歴史上の人物はいるの?』
と聞いてきたので

『いるよ。』
と言って、4人ほど名前を挙げました。
そのうち二人は息子は名前を知っていました。

ということで
明日は歴史に残るような猛暑になるそうですので
みんなで熱中症には気をつけましょう!!

8月15日(木)曇り時々雨

今日も実家の自宅スタジオに行って
僕のコーラスパートを1曲ぶん録音しました。

ということで、今日も先日行ってきた旅行の写真を載せます。
旅行の写真はきょうで最後になります。

↓これは福井県の敦賀で食べたマグロ丼です。(クリックして大きくして見てね)
19081501.jpg
とても美味しかったです。
サチコネエサンや子どもたちは地魚のお刺身定食を食べてました。

旅行最後の日(8月8日)は
↓敦賀の金ヶ崎城跡に行きました。
19081502.jpg
この敦賀の金ヶ崎城は
戦国時代に『金ヶ崎の退き口』という
有名な出来事の舞台となったところです。

織田信長が越前(福井)の大名・朝倉義景を攻めようと
この金ヶ崎まで進軍して来たときに、
背後から近江(滋賀)の大名・浅井長政が
織田信長に攻撃をしかけてきました。

浅井長政は
織田信長にとっては自分の妹であるお市さんを嫁がせて
義兄弟になっていたので
すっかり安心していたのですけれど、
浅井長政は信長を『裏切った』わけです。
北の朝倉軍と南の浅井軍で、織田信長を挟み撃ちにしたわけです。

絶体絶命の大ピンチに陥った織田信長は
大慌てで京へ逃げ帰り、なんとかピンチを脱しました。

織田信長が浅井長政の裏切りを知ったのは
妹であり、浅井長政に嫁いでいるお市さんが暗号を送ったからだという
逸話があります。

お市さんは兄である信長を救うために
夫である浅井長政の目を盗んで
『小豆を入れて両側をヒモで縛った袋』を
信長の陣に送ったのだそうです。

袋に入った小豆は織田軍を表し
両側をヒモで縛ってあるのは『両側から挟み撃ちにされる』という
意味だそうです。

織田信長はそれを見て事態を悟り
急いで逃げてピンチを切り抜けたというわけです。
この撤退劇を『金ヶ崎の退き口』といいます。
逃げ帰る信長を最後尾で守ったのが豊臣秀吉や徳川家康でした。

金ヶ崎城跡のある高台には金ヶ崎宮があります。
↓敦賀の町を見下ろす森の中にある神社です。
19081503.jpg
展望台からは美しい敦賀湾が一望できます。
↓とても素晴らしい眺めでした~。
19081504.jpg
金ヶ崎宮で
↓小豆を入れて両側を縛ってあるお守りを買いました。
19081505.jpg
難関突破のお守りだそうです。
ありがたいことでございます。

最後に敦賀の魚市場に行ってオミヤゲを買って
敦賀駅に行きました。
ここからみんなには特急しらさぎと新幹線で平塚へ帰ってもらい
僕はそのままクルマで
翌日のお仕事の会場である大阪へ向かいました。

2泊3日でしたが
いろいろな史跡を巡ることができて充実した旅行でした。
7歳の息子はまだまだ行きたい史跡が日本じゅうにたくさんあるそうですので
また機会をつくって歴史探訪に出かけたいと思います。

8月14日(水)晴れ時々雨

今日は実家の自宅スタジオに行って
僕のコーラスのパートを録音してきました。
おかげさまで、1曲ぶん録りおわりました。

ということで今日も
せんじつの旅行の写真の続きを載せます。

福井駅前の北ノ庄城跡を訪れたあと
今回の旅行のメインの一つ、一乗谷遺跡に行きました。

一乗谷遺跡とは
戦国大名の朝倉氏の居城だったところで
当時は城下町もあってたいへん栄えていましたが
5代目の朝倉義景のときに織田信長に攻め滅ぼされました。

今日では、一乗谷川の両岸に居城や城下町の遺構が残っています。
↓とても美しい谷間にあります。(クリックして大きくして見てね)
19081401.jpg
この日も福井は35℃の猛暑日でした。
日陰のない炎天下をがんばって歩いて周りましたよ。

↓ここが入口です。
19081403.jpg
いろいろな御殿の遺構が
広大な敷地に残っていて
そこを歩いて周れるようになっています。

↓これは朝倉義景が住んでいた館跡です。
19081402.jpg
ここをじっくりと見学しているあいだも
本当に暑かったです!!!
19081404.jpg
ここは、単に
いち戦国大名の本拠地だったというだけではなくて
歴史の中で大きな存在感を持っている場所です。

のちに室町幕府の15代将軍となる足利義昭も
しばらくここに滞在していた時期があります。

足利義昭は自分が将軍になるための軍勢を持っていなかったので
武田信玄や上杉謙信などいろいろな有力な戦国大名に
力を貸してくれと頼ります。
その中で、福井の朝倉義景を頼ってここに来ていたのですね。
(結局は思うように助けてもらえなかったので
 足利義昭は織田信長を頼るようになって……と続くわけです)

7歳の息子は
そのへんのことはよく分かっていますので
朝倉義景や足利義昭が400年前にいたまさにその場所に立って
それなりに感激している様子でした。

5歳の娘は相変わらずよく分かっていない感じでしたが
『ナナミ、お前さんが好きなプリンセスの細川ガラシャは
 ここで生まれて、ここで育ったんだぞ』
と言うと
『えっ、ここに細川ガラシャがいたの?』
と食いついてきました(笑)。

『そうだ、細川ガラシャの父親である明智光秀パパは
 ガラシャが生まれたとき、この一乗谷に来ていたんだ。
 ガラシャが生まれた場所はここから少し南に行ったところだけど
 ここにも来たことがあったはずだ。』

と言ったら、それなりに興味を持ったようでした。
まあ、写真もたくさん撮りましたので
いつかもう少し大きくなったときに見返して
意味を理解してくれたらいいなあと思います。

↓一乗谷遺跡では、戦国時代の街並みが復元されています。
19081405.jpg
こちらもとても興味深いものでした。

↓遺跡の近くにある一乗滝にも行きました。
19081407.jpg
風が涼しくて、水も冷たくて
とても癒されました~。

このあと、福井県立恐竜博物館に行って見学しました。
日本で恐竜といえば福井! 福井といえば恐竜!ということになっていますから
たいへん規模が大きくて充実した博物館でした。

圧倒的な数と大きさの骨格標本がジオラマの中に並び
恐竜以外の、地球科学や古生物の展示も素晴らしかったです。
子どもたちも非常に楽しんでおりました。
娘は、動くティラノサウルスやトリケラトプスに驚いて泣いていましたが
それ以外は喜んで見学していました。
19081406.jpg
ということで旅行の2日目は
北ノ庄城跡と一乗谷遺跡と恐竜博物館で終わりまして
敦賀駅前のマンテンホテルに泊まりました。

敦賀では晩ご飯に美味しいお魚とお酒をいただきましたよ。
サチコネエサンが
『このお酒、すっっごくおいしい!!』と上機嫌で飲んでました。

ということで、また明日以降に続きを載せたいと思います。