6月29日(水)晴れ

今日はまた一段と恐ろしく暑かったです。

毎晩、窓を開けて寝ているのですが
きょうは暑さにうなされて目が覚めました。
眠気の中でも『これは危険だ!』と思いまして
1階のリビングに降りてきて
エアコンをつけてまたしばらく寝てしまいましたよ。

まだ6月なのにこんな感じでは
ほんとうに先が思いやられます。

ところで今日は
サチコネエサンのお友達がウチに遊びにきました。

ネエサンは妊娠8か月目に入り
お腹の赤ちゃんも順調なのですが、
ツワリがけっこう大変そうでほとんど外出しません。
お友達と一日おしゃべりして楽しそうにしていたので良かったなーと思います。

ということで
明日もがんばりましょう!!
スポンサーサイト

6月28日(火)晴れ

今日もたいへん暑かったです。

きょうも実家の大掃除をしたのですが、
エアコンをつけないでやっていたら
やっぱり暑かったです~。
窓を開けていても
やっぱり暑いですねえ。

ということで
明日も暑そうですが
がんばりましょう!!

6月27日(月)晴れ

↓これは、きのうのお昼に食べたハンバーグです。(クリックして大きくして見てね)
blogpic8 002
イトコと叔母さんが電車に乗って
茅ヶ崎の実家に遊びに来たので
みんなで海辺のオシャレなカフェに行って
お昼を食べました。

ハンバーグはたいへんおいしかったです!!

ところでその従姉妹は
看護士の資格試験にめでたく合格して
この春、学校を卒業して病院で看護士として働き始めたんだよ。
(就職おめでとうございます)

彼女はこのまえ初任給をもらったそうなのですが、
そのときのエピソードがなかなか面白かったです。

先輩の看護士さんに
『○○さん、お給料ちゃんと振り込まれてた?』と聞かれたので
『はい、たくさん頂きました☆』と答えたら
『そのうちすぐに、こんな少ない給料じゃやってらんないと思うようになるよ~!』
と言われたそうです。

医療に従事してる人たちの労働環境は
いろんな意味でとても大変だと言われてますからね。
ぜひがんばって欲しいなあと思います。

彼女が中学3年生だった時に、
彼女と叔母さんと、ウチの父と姉と僕という5人で
アリゾナに旅行に行ったことがあります。
1週間くらいで、グランドキャニオンやモニュメントバレーや
雄大なアメリカ西部の絶景の数々を巡りました。

僕はアリゾナには何度か行ったことがあったので
コースを考えたり宿を予約したり
現地でレンタカーを運転したりしたわけなのですが

その時のことを
今でも『とても楽しかった』と思ってくれているそうで、

『いつか大人になったら、あの時と同じコースを
 今度は自分で運転して周ってみたい』
と言っていたと叔母さんに聞きまして、
企画した者としてはこんなに嬉しいことは無いと思いました。

グランドキャニオンの展望台で
たまたま二人きりになったときに、

『いいか、世界は広くて、人生というのは無限の可能性がある。
 君はこれから何でもできるし、どこにでも行けるし、何にでもなれる』
などというような余計なアドバイスをした記憶があります。
(むこうは覚えてないと思いますが)

卒業旅行で台湾に行って凄く良かった!とか
次はぜひタイに行きたい!とか言っていました。
そして
『今の仕事ではなかなか休みを取れないけれど、
 いつか長~い旅行をしてみたい』と言うので、

『いまの仕事を何年もがんばったら、
 そのうちステップアップして転職したいと思うようになるだろう。
 そうしたら、今の仕事を辞めて次の仕事につくまでの合間に
 何ヶ月もかけていろんな国を巡ってきなさい。
 そのための準備は今からしておきなさい』
と、また余計なアドバイスをしておきました~(笑)。

ということで
明日もがんばりましょう!!

6月26日(日)晴れ

今日は、日曜なのでラジオでした。

星のコーナーは
七夕の話をしましたよ。

そして実は
このたびFM湘南78.3のスタジオが引越しをするということで、
これまで約15年にわたって毎週生放送をやってきたスタジオでは
きょうが最後の放送となりました。

↓これがそのスタジオです。(クリックして大きくして見てね)
blogpic8 003
長い間、お疲れ様でした!!
1994年の開局から17年間
昼間も夜間もずっと電源ONのままで働いてきたミキサーや放送機材に
感謝の拍手を送りたいと思います。

スタジオが引越しすると言っても
おなじ平塚駅前のMNビルの
10階から2階に移動するだけです。
それでも局のスタッフさんたちを見ていると
気の毒になるくらい、作業がものすごく大変そうです。

そして
場所が変わるだけではなく大きな変化が!

これまでの10階のスタジオは
夜間はフロアに一般の方が入れないので
とっても閉鎖された空間で生放送をやっていましたが

新しい2階のスタジオは
ガラス張りになっていて
夜間でも通りすがりの一般の人が生放送の様子を見ることができるのだそうです。

来週からは
ちょっとコギレイな格好をして行かないとね。

ということで
また一週間がんばりましょう!!

6月24日(金)晴れ

今日はほんとうに暑かったです。

熊谷で39.8度ですってね。
平塚は海辺なので
そんなに気温は上がらないですけれど
僕は暑いのがとても苦手です。

明日はだいぶ気温が下がるらしいので
期待したいと思います。

6月23日(木)晴れ

今日も暑かったです。

ついにエアコンをつけてしまった!

明日はまた一段と暑くなるらしいです。
こんなのがこれから3ヶ月も続くと思うと
気が重いなあ。

今日の晩ご飯はソウメンでした。

僕は、そうめんを茹でたたけでしたが
サチコネエサンが玉子焼きや
ナスとバラ肉の炒め物や、キャベツの浅漬けや
いろいろ作ってくれました。
どれもたいへん美味しかったです。

ということで
あしたもがんばりましょう!!

6月22日(水)晴れ

今日は夏至でした。

毎年、夏至の日は
結婚記念日ということになっているので
晩ご飯はお寿司を食べに行ってきました。

といっても、全品一皿105円のスシローさんです。

エンガワやマグロやエビやカズノコや
いろいろ食べてきました。
たいへん美味しかったです!!
もうおなかいっぱいであります。

結婚記念日は
なぜか年に2回あります。

2006年12月10日に結婚式をやったあと、
半年かけて新婚旅行に行き
帰ってきてから2007年の夏至の日に入籍しました。

入籍の記念日は『夏至の日』と決めてあるので
日付は年によって変わります。
ことしは6月22日でした~。

それにしても
今日は暑かったです!!!

エアコンはまだつけていませんが、
もう時間の問題ですなあ。
いまは扇風機でしのいでいます。

6月21日(火)晴れ

ここのところ雨や曇りが多かったですが
今夜は星空が見えます。

さっき外に出たら
うしかい座のアークトゥルスという1等星が
とてもきれいに見えました。

ということで
明日もがんばりましょう!!

明日は、すごく暑くなるらしいです。
カナガワケンも30度を超えるそうです。
ついにエアコンのスイッチを
今シーズン初めて入れることになるかな??

6月20日(月)曇りのち晴れ

昨日は、宮城県の女川町という港町に行ってまして
きょうの夕方、神奈川に帰ってきました。

友人に、天体望遠鏡を販売する会社を経営してる人がいましてね。

その人は、
ボランティアで日本全国いろんなところの小学校などに
望遠鏡を持っていて天体観望会を行うという活動を
ずっと昔からやっています。
いろいろと信念があるらしくて
交通費も望遠鏡の運搬の費用も、ぜんぶ自腹で無償でやっているんだよ。

人手が足りないときに
僕も手伝いに行ったりしたことが
一回だけあるんですけどね。

先日その人が
『被災地でもやろうと思っている』と言っていたので
『そのときは、ぜひ僕にも手伝わせて欲しい』と
言っていました。

現地のボランティアセンターとの話がまとまったということで
それが実現しまして、
二人で宮城県の女川町の避難所へ行って
天体観望会をやってきました。

避難所で不足しているという物のリストも教えてもらったので、
おととい
近所のホームセンターやドラッグストアで
自分のお小遣い?で買えるだけ買いまして
持って行きました。

きのうの午後
女川町についたときは、
言葉では表せないほどひどい光景が広がっていたので

『やっぱり来るべきでは無かった!
 自分にも何かできるなどと思ったのはマチガイだったのだ!
 こんなところで自分にできることなど何も無い』
という気持ちでいっぱいになって
押しつぶされそうになりました。

でも避難所について
望遠鏡のセッティングをしていたら(僕は助手ですけどね)
子どもからお年寄りまで大勢の方が
『何、何、なにが見えるの??』と
声をかけて下さったので

『あ、いま望遠鏡で太陽が見えます。黒点が見えてます』
と説明しました。

そこからは、
いつもいろいろなところでやっている星の観望会と
なに一つ変わらない、まったく同じ雰囲気でした。

土星のリングを見て
皆さんが『うわースゴイ!』驚嘆の声を上げて
『ありがとう』という言葉をかけて下さいました。

他の人もきっとそうだと思うのですが
僕は
『被災地へ行ってボランティアをやる』ということに
ものすごい葛藤がありました。

『自分にできることなんて本当にあるのだろうか』とか
『行ったら迷惑になるのではないだろうか』とか
いろいろ考えていたら
前の日はほとんど眠れませんでした。

でも
温かい目で好意的に接してくださった
女川の皆さんのおかげで
僕はそれを克服することができました。
本当にありがとうございます。

今後も機会があったら
いろんな形で自分にできることをやろうと思います。

6月18日(土)雨

今日も雨でした。

今年は
梅雨入りがとっても早かったですけれど、
梅雨明けはどうなんでしょうね。

梅雨の後半は大雨が多くなりますので
みんなで気をつけましょう。

6月17日(金)曇りのち晴れ

今日は、ホームセンターやドラッグストアに買い物に行きました。

ということで
今日もまたイギリスの写真を載せます。
イギリスの写真は今日でいちおうオシマイだと思います。

またいずれ改めて旅行記を書いて
↑『JOURNEY』のコーナーに載せたいと思います。

↓これは、『ハドリアヌスの城壁』です。(クリックして大きくして見てね)
england2011+1248_convert_20110617222941.jpg
なんの変哲も無い石垣に見えますが、
これがなんと1800年以上の昔に作られたという
世界遺産の古代遺跡なんだよ。

イングランドとスコットランドの境界線に沿って
100km以上続いている、
イギリス版の『万里の長城』です。

イングランドは、当時ローマ帝国の領土でした。
スコットランドは、ローマ帝国から見たら『異民族』の土地でした。

その境界線に
当時のローマ皇帝のハドリアヌスさんが
外敵の侵入を防ぐために長城を築いたのです。

1800年前、ここは広大なローマ帝国の北の果てだったのです。
アフリカ、アジア、ヨーロッパにまたがる巨大帝国の人々にとって
ここは『世界の果て』だったわけです。

国境の警備にあたっていた兵士たちが暮らしていた
兵舎や倉庫やいろんな作業場の遺構も残っています。

僕はローマ帝国の歴史にとても興味があるので、
ここに立ったときは
ほんとうに感慨深い気持ちになりました。
こんなところまでローマだったんだよ。

石垣に沿ってずっと歩いてゆくことができます。
写真の奥のほうに、石垣が切れて門になっている場所があります。
その門を行ったり来たりしながら
『こっちがローマ帝国の中で、こっちがローマ帝国の外だ』
とか言いながらしみじみとしてしまいました~。
まるで宇宙の果てにでも来たかのような気分になりました(笑)。

そして、
やっぱりいつか『首都』であるローマに行きたいという
憧れを新たにしました。

僕はあまり自分用のオミヤゲを買うことは無いのですけれど
ここはローマ好きには極めて特別な場所ですので
ミュージアムショップを見ていたらいろいろ欲しくなってしまいました。

それに、
21年間の治世のうち14年を費やして
ろくな護衛もつけずに諸国を視察して周った
放浪皇帝ハドリアヌスは旅人の憧れでもありますので、

マグカップと、『僕はローマの端っこを歩いた』という文字がデザインされている
Tシャツを自分用に買いました。
blogpic8 001
これがマグカップです。
長城の地図や、遺跡の復元画や、国境警備兵の姿が描かれていて
とても気に入っています。
これでスコッチ・ウィスキーでも飲みたいですなあ。

6月16日(木)曇り

けさ未明の月食は、
曇って見られませんでした。

3時頃に西の空を見たら
厚い雲のむこうに
かろうじて月の明かりがボンヤリ見えましたけどね、
またすぐ見えなくなってしまいました。

ということで、
また今日もイギリスの写真を載せます。

↓これは、『ストーンヘンジ』という世界遺産の古代遺跡です。(クリックして大きくして見てね)
england2011+1597_convert_20110616211633.jpg
巨大な石が
円形に並べられているんだよ。

いまから5000年くらい昔に建設が始まって、
およそ千年くらいかけて
このような形に作られたそうです。

円の中心と、円の外にある大きな石を結ぶ直線が
夏至の日の出と冬至の日没の方角を示していることから
『古代の天文台』として作られたという説もあり
とても興味深いところです。

周囲はいちめんの大平原でしてね、
クルマで近づいてゆくときに
もうずっと遠くから
巨大な石の列が、小さ~~~く見えるわけです。
その瞬間はとても劇的です。

ストーンヘンジは
『世界で最も有名な古代遺跡ベスト10』に入る(たぶん)くらい有名ですので
僕たちが訪れたときも
ものすごい人出でした。
観光バスが何台も駐車場に停まって
団体さんで賑わっていましたー。

また一つ
憧れの場所に行くことができて良かったです。

ということで
明日もがんばりましょう!!

6月15日(水)曇り

今夜は月食があるのですけれど、
時間帯が明け方なので
それまで起きていられるかなあ。

天気もイマイチですが
あとでちょっと見てみようと思います。

昨日は
サチコネエサンと二人で
マタニティ教室に行ってきましたよ。

たいへん勉強になりました!!

ということで
今日もイギリスの写真を載せます。

↓これは、湖水地方で山登りをしたときの写真です。(クリックして大きくして見てね)
england2011+997_convert_20110615211206.jpg
峠に駐車場があるので
そこにクルマを停めて
岩山を登っていきました。

頂上までは行かなかったのですけれど
素晴らしい景色が見られました。

↓これは、湖水地方のイナカ道です。
england2011+1165_convert_20110615211343.jpg
いなかの道には牛やヒツジがいますので
通り過ぎるまで待っていないといけないこともあります。

でもやっぱり田舎道は楽しいですよー。

ということで
明日もがんばりましょう!!

6月13日(月)曇り

今日は、サチコネエサンの定期健診に一緒に行ってきました。
おかげさまで、いま7ヶ月です。

明日はマタニティー教室というのに
行く予定です。
どういうことをやるのかな??

ということで今日もイギリスの写真を載せます。

↓これは、きのう載せたウィンダミアの町の
裏山の景色です。(クリックして大きくして見てね)
england2011+959_convert_20110613183551.jpg
オレスト・ヘッドという山で、
ウィンダミアの街から歩いて20分くらいで
頂上につきます。

山の上からは
ウィンダミア湖の細長い水面が見えます。

湖水地方っていうのは
どこにいってもこのような
美しい風景が見られます。

ところで
『イギリス』っていう国のイメージは
行く前と行った後では、かなり変わりました。

イギリスに行ったことがある人の話や
ガイドブックや本の記述などを総合すると
イギリスのイメージってのはこういう声が割と多いです。

●料理がマズイ
●人々は無愛想である
●天気が悪い
(ヒドイナー)

が、しかし
僕の印象はまったく逆のものでした。

料理はどこのお店もたいへん美味しかったです。
とくに、ロンドンのトラファルガー広場のそばで食べたスパゲティーと
湖水地方の中華屋さんのチャーハンは最高に美味しかったな。

カレーもローストビーフもフィッシュ&チップスも
ぜんぶおいしかったです。

それに、人々がとっても親切でフレンドリーでした。
お店や宿やガソリンスタンドの人、
ハイキングコースや観光地で出会った人たち、
みんなとても温かく接してくれました。

これまでいろんな国へ行きまして、どこの国へ行っても
おおぜいの人に親切にしていただきましたが、

そのなかでも特に『人々がフレンドリーで親切だった国』というと
僕の中では
オーストラリアとフィンランドが双璧です。
そこにイギリスも入って『トップ3』になりそうな感じです。
本当にありがとうございました。

世界遺産ストーンヘンジ(巨石が円形に並んでいる古代遺跡)の
近くの町で泊まった宿の受付のお姉さんは、

『日本から来たのね?? そういえば先日、日本の映画を見たわ。
 犬の映画、ハチっていうのよ。』
と言いました。

『あの話は実話なの??』
というので、
『主人を待ってた話ですよね? ええ、彼は日本で最も有名なイヌですよ』
と答えておきました~。

湖水地方では、ハイキングの途中に会った年配の女性と
ワスト湖という湖のほとりで声をかけてきたリバプールのオッチャンと、
ガソリンスタンドのお兄さん、
合計3人の人が、震災について聞いてきました。

『ほんとうに痛ましいことで、イギリス人である自分も心から悲しく思っている』と
皆さん言ってくれました。

みんな『君の家はダメージは無かったのか??』というので、
『僕の家は棚の上のものが落ちるくらいだったけど、
 1万人いじょうの人が亡くなり、大勢の人が財産を失った。
 日本では今みんなで力をあわせて困難を乗り越えようとしている』
と答えました。

ひとつ印象的だったのは、
3人とも、震災について語るとき
『地震』ではなく『原発』でもなく
『津波』という言葉を口にしたことです。
イギリスの人々にも津波の映像が強烈に印象づけられたのだなあと思いました。

海外では、
放射能にたいする誤解から
日本から来る物や人を忌避する動きがごく一部であるのだ、という報道もありましたが
少なくとも僕が接した100人くらいのイギリスの人々は
全くそんなことはなく、みんなとても温かく迎えてくれました。

良い旅行ができたのは
ひとえにイギリスの人々のお陰であります。
こころから感謝しています。

6月12日(日)雨

今日は実家の大掃除を再開しました。
いまは最後のクローゼットをやっています。

やっと終わりが見えてきました!!
6月中には大掃除を終わらせて、
7月に入ったら新しい機材の購入を少しずつ始めたいです。

ところで今日も
イギリスの写真を載せます。

↓これは、湖水地方で滞在した
『ウィンダミア』という町です。(クリックして大きくして見てね)
england2011+674_convert_20110612222534.jpg
ウィンダミア湖のほとりにある
とても小さな美しい町です。

湖水地方はロンドンから北へ400kmほど。
高速道路をずっと走って参ります。

その名のとおり湖がたくさんあって
風光明媚なところとして、
また、『ピーターラビット』のふるさととしても知られています。
作者であるビアトリクス・ポターさんが暮らしたお家も
ウィンダミア湖の近くにあります。

↓これが、湖水地方で泊まった宿です。
england2011+737_convert_20110612222744.jpg
この宿は『ヘザーバンク・ゲストハウス』といって、
日本人の新井さんという方が経営しています。
部屋数は5部屋という、コンパクトで素敵な宿でした。

あのシルバーの車が
僕たちがイギリスで借りたレンタカーです。

湖水地方は今回の旅行でメインだったので、
僕たちはこの宿に4泊しました。

この宿のことはガイドブックで知ったんですけどね、
値段がとてもリーズナブルなのと
『朝食に和食を出してもらうことができる』というので
ここを予約しました。

和食の朝ゴハンのおかげで、母親も旅行中はひじょうに元気でした。
湖水地方ではハイキングをたくさんしたのですが、
毎日1万歩とか2万歩とか歩いてました。

とても良い宿だったので
あなたがいつか湖水地方を訪れるさいにはオススメです。
↓これがヘザーバンク・ゲストハウスのホームページです。
http://www.heatherbank.com/japanese.htm

6月11日(土)大雨

毎週日曜はラジオなのですが
明日はサッカー中継のために僕の番組はお休みだそうです。

ところで昨日は、旅行で最後に行った場所の写真を載せましたが、
今日は
旅行で最初に行ったロンドンの写真を載せます。

↓これは、テムズ川にある観覧車『ロンドン・アイ』です。(クリックして大きくして見てね)
england2011+547_convert_20110611210334.jpg
ひとつのゴンドラがとっても大きくて、
20人以上入ります。
透明なカプセルみたいになっているので、景色がとてもよく見えます。

上までのぼると、ロンドンの素晴らしいパノラマが広がります。
england2011+563_convert_20110611210543.jpg
↑橋を渡った対岸にあるのは、国会議事堂です。
england2011+568_convert_20110611210743.jpg
↑国会議事堂の時計台は『ビッグ・ベン』という愛称で親しまれていて
ロンドンのシンボルのような存在です。

時計台の奥に写っている白くて壮麗な建物は
ウエストミンスター寺院。
つい先日、ウィリアム王子さんとキャサリンさんが
結婚式をあげたところです。

内部は見学できるようになっていて
けっこう時間をかけて見ました。
結婚式の写真パネルもたくさん展示されていましたよ。
まことにおめでとうございます。

6月10日(金)曇り

イギリスでは写真を1500枚くらい撮りました。

いろいろあるのですが、
今日は旅行でいちばん最後に行った場所の写真を載せます。

↓これは、きのう日本行きの飛行機に乗る前に訪れた
『セブンシスターズ』の写真です。(クリックして大きくして見てね)
england2011+1764_convert_20110610234804.jpg
セブンシスターズ(七人姉妹)とは、
ロンドンの南の海岸線に続く『白い断崖』です。
崖には7つの頂きがあって、それぞれに名前がついているのだそうです。

イギリスとフランスの間のドーバー海峡の周辺には
このような純白の崖がずっと続いています。
地質学の教科書にも載っている有名な景観なので
ここもぜひ訪れたいと思っていました。

この岩石は『チョーク(白亜)』という石灰岩の一種です。
(あの、黒板に字を書くチョークです)
石灰質の殻をもつプランクトンの死骸が
太古の海底に大量に沈殿してできたものです。

崖の下まで行って
磯から見上げるセブンシスターズは
ほんとうに感動的でした。
地球の歴史を感じました。

ロンドンのヒースロー空港から
成田行きの飛行機に乗るのは19:15だったので、
昼間にここを訪れてから空港へ向かいました。

ここからヒースロー空港まではクルマで1時間半くらいです。

空港にはちゃんと着いたのですが、
レンタカーを返す場所がなかなか見つからなくて
『飛行機に乗り遅れる!!』と
かなり焦りました。

その辺にいた空港の職員さんをひっ捕まえまして、
『すいません!! レンタカーを返す場所はどこですか!?!?』
と聞いたら、
『ここじゃない。』と繰り返すので

『どこどこ?? どこだか知りませんか??』
と問い詰めたら、
僕の慌てた感じを察知したようすで(笑)、
『とにかく、ここじゃない。
 ターミナルを出て、左へ、左へ行くと案内があると思うので、そこで誰かに聞いてくれ。』
と言われました。

言われたとおりに行ったら見つかりました。

慌てていたので
職員のお兄さんには、走り去りながら
『ありがとう! ありがとう!!』と叫んだだけだったのですが
また会えるならちゃんとお礼を言いたいです。

↓これは、帰りの飛行機から撮った写真です。
england2011+1862_convert_20110610234947.jpg
フィンランドの上空です。
無数の湖が、夕暮れの光を映して赤く染まっています。
これはほんとうに、幻想的な光景でした。

6月9日(木)晴れのち曇り

お陰さまで、イギリスから無事に帰宅いたしました。

ロンドンを19:15に出発して、
成田空港には15:00頃に着きました~。
11時間のフライトです。

レンタカーで周ったので、
10日間でしたが
イングランドの北から南まで
いろんな所に行けました。

イギリスでの車の運転はなかなか快適でした。
高速道路は、アメリカよりも日本のものに雰囲気が似ていますね。
運転しながら
『なんか、東北自動車道でも走ってる気分だなあ』
などと思ってしまいましたよ。

でも田舎の道はとっても狭くて曲がりくねっているし、
案内の表示もとっても少ないので
地図を見ながら目的地にたどり着くのは
なかなかアドベンチャーな体験でした!!
(それも楽しい思い出です)

景色はどこも
非常に美しかったです。
緑がまぶしくて、花が咲き乱れていて、空は青く、日は長く(夜10時くらいまで明るい)
6月のイギリスはほんとうに最高でした。

ということで、今日はもう寝ますです。
明日から写真を少しずつ載せたいと思いますー。