12月31日(土)晴れ

今日は大晦日です。

今年も1年間、おおぜいの方々にお世話になりました。
おおぜいのお客さまにライブ会場に足を運んでいただいたり
CDをお買い上げいただいたりしました。
まことにありがとうございます。

『COSMOS』『地球星歌』『明日の空へ』『ボイジャー』『星ふる里』などの
合唱曲を歌ってくださった
全国の学校の児童・生徒さんや合唱団の方々にも感謝いたします。

また来年もどうぞよろしくお願いいたします。

それはそうと、昨日は毎年恒例の年末ライブでしたが
そこではいつも『今年の10大ニュース』を発表してます。
サチコネエサンと僕がそれぞれ考えたものを
フライヤー(いわゆるチラシ)に書いて配っているのですけれど
僕の今年の10大ニュースはこんな感じでした。

 ●ミマスの2011年の十大ニュース
 1位 祐太クンが生まれて親になったこと(9月)
 2位 東日本大震災(3月)
 3位 アフリカ大陸最高峰、標高5895mのキリマンジャロ山に登頂(2月)
 4位 人生の前半を総括する、一生に一度の超大規模大掃除。大量にモノを捨てる(4~8月)
 5位 なでしこジャパン、ワールドカップ優勝、世界一!(7月)
 6位 母親とイギリスの湖水地方を旅行(6月)
 7位 サチコネエサンが産休なのでソロで何度かイベントライブに出演。弾き語りで歌う。
 8位 今年4月に開校した茅ヶ崎市立汐見台小学校の校歌を作詞作曲した(11月)
 9位 横浜ベイスターズ4年連続ダントツ最下位、そしてついに身売り
 10位 ポルトガル語教室に通い始めた(8月~)

今年は世の中でも大きな出来事がたくさんありましたし、
僕自身にとっても人生の大きな節目の年だった気がします。

3位の『キリマンジャロ登頂』は、昔からの大きな夢だったので
2月2日にその頂上に立ったとき、帰ってきた直後は
『これは間違いなくダントツで2011年の1位だろうなあ』と思ったものですが
それよりも大きなことが、ありました。

東日本大震災は
僕自身もほんとうに死ぬかと思うくらい怖い思いをしましたし、
その後に起こった、また現在も起こっているいろいろなことも含めて
僕の人生にとって大きな出来事だと思います。
新しい年を迎えた瞬間に
震災は『去年のこと』になってしまうけれど、
まだ僕たちにできることはたくさんあるのだと思います。

ということで、
じつは今年のうちにやらなければならなかった
いろんなことが終わらないまま
新年を迎えようとしています!!
年が明けたらがんばってやろうと思います。

それでは皆さま
良いお年をお迎え下さい!!
スポンサーサイト

12月30日(金)晴れ

今日は、東京のライブハウス『御茶ノ水KAKADO』で
年末ライブでした。

お越しいただいたお客さま、
本当にありがとうございました。

今日は20曲くらいやりました。
いつもながらトークが長くなってしまったので
2時間以上やったと思います。

皆様のおかげで
楽しい仕事納めになりました。
良い年が迎えられそうです。

今年も残りあと一日です。
あしたもがんばりましょう!! 

12月28日(水)晴れ

今日も、あさって12月30日(金)の年末ライブのリハーサルを
やりました。
あさってのライブが、僕たちの仕事納めになりますので
良い演奏ができるようにがんばりたいと思います。

ところで
↑『LIVE』のページにも告知を載せてもらいましたが
1月14日(土)に地元・平塚のモールでイベントライブを
やらせていただくことになりました。

来年の初ライブになりますので
年始のお買い物ついでにお越しいただけましたら幸いです。

そうそう、今日は祐太が
まるで赤ちゃんみたいに
『ウキャキャキャキャキャ!!』と笑いました。
こんなに大規模に笑うのは初めて見ました。

サチコネエサンが買い物に行っている間に
ダッコして揺らしたらずっとゲラゲラ笑っていたので、

ネエサンが帰ってきてから同じようにやったら
シラッとしてまったく笑いませんでした~~。

ということで、明日もがんばりましょう!!

12月27日(火)晴れ

↓今日は、夕暮れの空で細い月と金星が並んで輝いていました。
 (クリックして大きくして見てね)
blogpic9 068
たいへん美しい光景でした~。

それはそうと、
今日は今年最後のポルトガル語教室の日でした。

いつも作文を書いていくのですけれど、
今回はクリスマスに岐阜に行った話を書きました。

ところで
先日(12月19日)の日記にも書きましたが、
明日(28日)の夜8時からFM岩手の放送で
釜石東中学校の生徒の皆さんが『第九』を合唱する番組があるそうですが
『地球星歌』を歌って下さった様子も放送されるそうです。
インターネットでも聴けるそうです。
http://fukkou.radiko.jp/

12月26日(月)晴れ

いま、南半球の国で
凄い彗星が見えているんですってねえ。
肉眼で長いシッポが見えているそうですよ。
南半球に住んでいる人たちが羨ましいですなあ。

それはそうと
岐阜でのプラネタリウムコンサートが
無事に終わりましたので

今日はさっそく
12月30日(金)の東京の年末ライブのリハーサルをしました。
良い演奏ができるように
がんばりたいと思います。

明日は久々のポルトガル語教室の日です~。

12月25日(日)雪のち雨のち晴れ

今日はクリスマスですので、サチコネエサンの誕生日です。

↓これは、昨日の岐阜でのコンサートで
 主催館のスタッフさんたちが用意して下さったケーキです。(クリックして大きくして見てね)
blogpic9 060
コンサートの本番中にケーキが登場するという
サプライズ演出をやって下さいました~。
僕は前もって知らされていて、
決められたタイミングで『Happy Birthday To You』を弾きました。
(失敗しないかとドキドキしましたが)

とてもノリの良いお客さまたちだったので
盛り上がった感じになってヨカッタです。

それはそうと、
岐阜へは祐太も一緒に行きました。

↓祐太クンは生まれて初めてホテルに宿泊しましたよ。
blogpic9 062
ベビーベッドやおフトンはホテルが用意してくれました。

そして、きょうの岐阜は雪でした!!
↓これはホテルの部屋から見た岐阜市街です。
blogpic9 063
祐太にとっては、生まれて初めてのクリスマスが
ホワイトクリスマスになりましたよ。

ということで、お陰さまで
無事に岐阜から帰ってまいりまして
今年最後のラジオの生放送をやりました。

今年も残りあと1週間です。
また一週間がんばりましょう!!

12月24日(土)晴れのち曇り

今日は、岐阜市科学館でプラネタリウムコンサートでした。

お越しいただいたお客さま、
科学館の皆さま、
本当にありがとうございました。

プラネタリウムでの演奏だったので、
曲に合わせて
満天の星空や天の川、流星雨、いろんな国の景色、
彗星のカッコいい全天CGなど
いろんな演出をやってもらって楽しかったです。

クリスマスソングもたくさんやりましたよ~。

ということで
岐阜でクリスマスイブを過ごしています。
皆さま楽しいクリスマスをお過ごし下さい。

12月22日(木)晴れ

今日はまた一段と寒かったです。
週末はすごく寒くなるらしいですねえ。

ところで今日は冬至なので
ユズのお風呂に入りました。

祐太クンも、生まれて初めてユズ湯に入りましたよ。
ユズの香りをと思って
鼻の近くにユズを近づけたら食べようとしたので
慌てて離しました~。

せっかくユズ湯に入っているので
冬至について説明しました。

『祐太、夏が暑かったり冬になると寒くなったりするのは
 地球の赤道の面と公転の面が23度傾いているからなんだぞ。』
と言ったら
祐太は
『アア~』と言いました。

ということで、寒いのでもう寝よう寝よう。

12月21日(水)晴れ

今日はとても文化的な日でした。

まず、地元の茅ヶ崎市立梅田小学校に行って
音楽会を聴いてきました。
6年生の皆さんが『明日の空へ』を歌うということで
作者としてお招きいただきました。

とてもハーモニーがきれいで良かったです。
優美な感じの合唱で感動的でした~。
卒業式でも歌ってくれるそうで
たいへん光栄に思います。

6年生の皆さん、先生がた
ほんとうにありがとうございました。

そのあと電車に乗って東京の大塚まで行きまして
友人が出演する演劇を観てきました。
笑いと涙が満載のストーリーでたいへん楽しめました。

帰りに東京駅で平塚行きの電車に乗ったら
となりのホームに
高松行きの寝台列車『サンライズ瀬戸』が停まっていたので
『ウヒヨヲ! かっこいい!!』と思いました。

そして
『ああ! これに乗ったら明日の朝には四国に行けるんだなあ』
と思いました。

僕は普通の『瀬戸』号には乗ったことがありますが、
『サンライズ瀬戸』には乗ったことがありません。

先にサンライズ瀬戸のほうが発車しました。
窓から中の様子が見えました。
寝台車の個室で、ベッドに腰かけてさっそくお弁当を食べている
オバサンがいました。

寝台列車に乗って、車窓を眺めながらお弁当を食べる。
人生で最高の時間のひとつですなあ。

僕もいつかサンライズ瀬戸に乗りたいです。
サンライズ出雲でもいいです。
ついでに札幌行きのカシオペアにも乗りたいです。

12月20日(火)晴れ

今日も、24日の岐阜のコンサートのリハーサルをしました。

それにしても
今夜はほんとうに寒いです。
さきほど外に出たら木星がきれいに見えたのですが
寒すぎですぐに家に入ってしまいました~。

そうそう、せんじつ
家の近くの川沿いの道を夜遅く歩いていたら
火星が川の向こうに昇ってくるのが見えました。

火星は来年の3月に地球に接近するので
もうだいぶ明るくなっています。
いちばん近づく頃には
シリウスくらい明るくなるそうです。

ということで
あしたもがんばりましょう!!

12月19日(月)晴れ

今日はちょっとお知らせでございます。

岩手県の釜石市にある
市立釜石東中学校の全校生徒の皆さんが
せんじつオーケストラと一緒にベートーベンの『第九』を
合唱したそうです。

その演奏会で、第九を演奏する前に
『地球星歌』をオーケストラの伴奏で
合唱してくれたのだそうです。

その演奏会を収録したものが
エフエム岩手というラジオで
12月28日(水)の20:00から放送されるそうです。

岩手県にお住まいの方は
ぜひお聴きいただけましたら幸いです。

岩手県以外の方も、復興支援の一環で
いま日本全国でエフエム岩手の放送がインターネットで聴けるそうです。
↓このサイトです。
http://fukkou.radiko.jp/

『第九』や『地球星歌』を歌った
釜石東中学校の生徒さんたちは
いわゆる『釜石の奇跡』という偉業をなしとげた生徒さんたちです。

今年3月の震災で
学校や、7割の生徒さんたちの自宅が
津波で流されてしまうという被害のなかで、

そのとき登校していた生徒たちがみんな無事に避難しただけでなく、
となりの小学校や幼稚園の子供たちの手を取って逃げて全員助けた、というのが
『釜石の奇跡』と呼ばれる出来事です。
(僕もつい先日知ったので、違っていたらごめんなさい)

その中学生の皆さんが
第九の歌詞をぜんぶドイツ語で歌ったそうですよ!!
そして地球星歌も歌ってくれたのだそうです。

その演奏会を収録して放送する
エフエム岩手のスタッフの方が
『あまりにも感動的で素晴らしい演奏だった』ので
地球星歌の作者である僕の連絡先を調べて
メールを下さったのです。

実は僕はもうその演奏を聴かせて頂きました。

これは、本当に凄いです。

ほんとうに、心臓をワシづかみにされるような、
信じられないような感動的な演奏です。
僕はさっき夜中に一人で聴いていて
後半の転調するあたりから曲の最後まで
ずっと号泣してしまった!!
(サチコネエサンはもう祐太と一緒に就寝したのでまだ聴いていません。
 あした聴かせようと思います)

12月28日のエフエム岩手のラジオの放送は
インターネットでも聴けるそうなので
ぜひあなたにも聴いていただきたいです。
(ラジオ局の方が『ブログで告知してOK』とおっしゃったので書いてます~)

ちなみに、
釜石東中学校の生徒の皆さんが
震災を乗り越えて復興のために『第九』に取り組む姿は
あした20日(火)の19:30~20:00に
NHKの総合テレビのドキュメンタリー番組で全国放送されるそうです。
第九がメインで地球星歌は出てこないかと思いますが
僕も見てみようと思っています。

*つけたし:
 ↑NHKのテレビの『第九』の番組は、昨日あった世界的なビッグニュースの解説番組に
  変更になったみたいです。番組表が変わってました~。
  いつか日を改めて放送してくれるのかな??

12月18日(日)晴れ

今日は日曜なのでラジオでした。

星のコーナーは
オリオン座のベテルギウスという1等星の話をしましたよ。

ところで
昨日は電車に乗って埼玉県の狭山市まで行ってきました。
『川の街合唱団』という社会人合唱団が
クリスマスコンサートで『COSMOS』と『ボイジャー』を歌うということで
お招きいただきました。
(『COSMOS』は狭山少年少女合唱団との合同演奏でした)

↓これは、きのう乗った西武池袋線の準急列車です。(クリックして大きくして見てね)
blogpic9 053
↓会場は、入間川小学校という学校のホールでした。
blogpic9 055
社会人合唱団なのででメンバーは年齢も職業もさまざまです。
練習日は月に2回ということなのですが
とても元気に楽しそうに大切に歌っていただきまして
壮大で感動的な合唱でした。
皆さまありがとうございました。

ということで、おかげさまで
今日はウチの祐太が生まれてからちょうど3ヶ月目の記念日でした。

↓これは、きょうの祐太クンです。
blogpic9 056
最近は、なんとなく首がすわってきて
ダッコするのも楽になってきました。

そして、自分の手を不思議そうに見ています。
『自分に体がある』ということに気がつき始める頃なんだそうです。
なんか不思議ですねえ。

それにしても
ここのところ、指しゃぶりの音がすごいです。

赤ちゃんが指をしゃぶって
どういうメカニズムでこんな大音量が出るのだろうか??と
不思議になるくらい
『ズチュッパ!! ズチュッパッパ!!!』と
すごい音が出ています。
隣の部屋まで聞こえます。

12月16日(金)晴れ

今日は、茅ヶ崎市立浜須賀小学校に行ってきました。

5年生の皆さんが『地球星歌』を、
6年生の皆さんが『COSMOS』を合唱で歌ってくれているそうで
お招きいただきまして
体育館で『特別音楽授業』をやってきました。

最初に、皆さんの演奏を聴かせていただきました。
どちらも
歌詞やメロディをとても大切に歌ってくれていて
素晴らしい合唱になっていました。

そのあと、僕が15分くらいお話しました。

児童のみなさん、
先生がた、本当にありがとうございました。
機会があったらまた歌ってくれると嬉しいです。

ということで
明日は早起きして
電車に乗って埼玉の小学校まで参ります。

12月15日(木)晴れ

今日は、岐阜でのクリスマスコンサートの
リハーサルをしました。

プラネタリウムでのコンサートなので
満天の星空、天の川、流星群、そのほか
いろいろな美しくてカッコいい演出をしてもらいますので
お時間のある方はぜひお越しくださいね!!
いつもながら星座解説も、僕がやらせて頂きます!
(詳細は↑『LIVE』のページをご覧下さい)


そして今日の晩ご飯は
サチコネエサンが作ってくれた
白菜と豚肉の煮物でした。
たいへんおいしかったです。

ということで
明日は地元の茅ヶ崎、明後日は埼玉県の
小学校にお招きいただいていますので
行ってきたいと思います。

12月14日(水)晴れ

きょうは水曜ですが、ポルトガル語教室の日でした。
今月は先生のスケジュールの都合で
かなり変則的な授業日程になっています。

今週も作文を書いていきましたよ。
『サッカー』というタイトルで1ページ書きました。
ポルトガル語でサッカーは
『futebol(フチボウ)』と言います。

いつかブラジルに行けたら
サッカーの試合観戦もしたいですが、

サンドラ先生は
『スタジアムに行って見るのはけっこう危険だよ。
 熱狂的なトルセドール(サポーター)が詰め掛けて
 ケンカなんかも始まって、荒れるからねえ。
 私はもっぱらテレビで見るね。』
と言っていました。

でもやはり、サッカー世界一の国で
サッカー観戦をしてみたいです。

僕たちはアルゼンチンでサッカー観戦をしたことがあるのですが、
その時も
スタジアムに入るのに
観客がギュウギュウ押し寄せてつぶされそうになったり
ピッチに発炎筒が投げ込まて赤々と燃えていたり
スタンドの椅子に火がつけられて煙がモクモク立ち昇っていたりして
スゴイナーと思いました。

でも、僕たちは現地の観戦ツアーに参加したので、
宿からスタジアムまでマイクロバスで送迎してもらえたし
スタジアムではツアーの参加者やガイドさんと一緒に行動しますので
とても安心して観戦できました。

ブラジルでもきっとそういうのがあると思います。

まあ、何年後か何十年後になるか分かりませんが。
いつかきっと行きたいです。

12月13日(火)晴れ

今日は、サチコネエサンが買い物に行ったので
僕が祐太の子守をしていました。

きょうは
来週末の岐阜のコンサートで演奏する
クリスマスソングの和音を覚えて
伴奏の練習をすることになっていました。

寝かしつけておいて
その間にやろうと思っていたのですが
グズッてしまって全く眠ってくれませんでした~。

寝かしておくと騒がしいが
ダッコすると大人しくなるので、
祐太をヒザの上に乗せて
ずっとキーボードを弾いていました。

赤ちゃんというのは
生後何ヶ月くらいから
音楽や音階というものを認識できるんでしょうかねえ。

ちなみに、キーボードという楽器は
ボタンを押すといろいろなリズムの
ドラムのパターンが鳴るのですけれど、

それを鳴らして
リズムに合わせてダッコした祐太を左右に揺らすと
笑って非常に喜んでおります。
16ビートよりもエイトビートが好きみたいです。

12月12日(月)晴れ

今夜も星がよく見えます。

今夜はお月様と
ふたご座のカストルとポルックスという明るい星が
けっこう近くに見えています。

↓これは、昨日の夕方の富士山です。(クリックして大きくして見てね)
blogpic9 046
冬は空気が澄んでいますので
平塚からは毎日のように富士山のシルエットが見えます。

おととい皆既月食を見た静岡県の御殿場市は
富士山の麓にあるので、
雪をかぶって真っ白になった大きな富士山が
月光に照らされているのが見えました。
ひじょうに神秘的な光景でした~~。

↓そしてこれは昨日の宵の明星(金星)です。
blogpic9 048
ということで
あしたもがんばりましょう!!

12月11日(日)晴れ

昨日は、静岡県御殿場市で開かれた
皆既月食観望会でイベントライブでした。

お越しいただいたお客さま、
スタッフの皆さまほんとうにありがとうございました。

↓これは、きのうのライブ会場です。(クリックして大きくして見てね)
blogpic9 045
富士山の麓にある『樹空の森』という立派な施設で行われました。

ステージの後ろにある大きな画面に
満月が映っていますが、
これは、天体望遠鏡に取り付けたカメラから送られてきている
ライブ映像です。

夜9時45分から月が欠け始めるので
ライブはその前に行われ、9時10分から始まりました。
5曲ほど演奏しました。

月食が始まる前に『お仕事』は終わってしまったので
楽器や機材を片付けて
僕たちも月食を観察することができました。

じつは
子供を3人産み育てたという、イベントスタッフの方の奥様が
ベビーシッターをやって下さるということになっていたので
祐太も一緒に会場に連れてゆきました。

おかげで、祐太も皆既月食を見ることができました~。
祐太クンが生まれて初めてみた天体ショーは
皆既月食です。

ライブが終わり
楽器を片付けて車に積んでから
祐太を抱っこして外に出ると
月がもう半分いじょう欠けていました。

月を見上げる祐太に言いました。

『祐太、あれは月食だぞ。
 なぜ満月が欠けているかというと
 月に地球の影が映っているからだ。
 あの欠け際の曲線は、地球の輪郭が月に映っているんだ!
 僕らは今、月に映った地球の姿を見ているんだぞ。
 あの光景は、この宇宙に僕たちが住む地球が確かに存在するという証なんだ!
 君はこの地球に生まれて、ずっとここで生きていくんだぞ。』

まあ、聞こえていたかどうかは分かりませんが(笑)。

そうこうしているうちに
月がスッポリと地球の影に入りまして
皆既になりました。
皆既中の月は赤黒くてほんとうに神秘的で美しかったです!!
ずっと見とれてしまいましたよ。

それはそうと、
サチコネエサンと僕は2006年12月10日に結婚式をやりましたので、
昨日は記念すべき5回目のケッコン記念日でした。
そんな日に、家族そろって皆既月食という素晴らしいショーを見られて
本当に恵まれているなーと思いました。
ありがたいありがたいです。

12月9日(金)雨のち晴れ

今日はいろいろと行ってきました。

まず茅ヶ崎の文化会館のホールで行われた
『らららライブ』というイベントで、
茅ヶ崎養護学校の保護者の方々のコーラスグループが
『地球星歌』を歌われるというので聴きに行きました。

たいへん美しい合唱でした~。
コーラスメイトの皆さんありがとうございました。

そのあと、
藤沢市の小学校に行きました。

天体望遠鏡を販売する会社をやっている友人が
小学校で星空観望会をやるのだが
200人くらいの参加者が見込まれていて
スタッフの人手が足りないというので手伝いにいったのです。

↓これは望遠鏡で見たお月様です。(クリックして大きくして見てね)
blogpic9 028
今夜は素晴らしい天気に恵まれて
いろいろな天体が見えました。
望遠鏡が4台あったので
月と木星とスバル(プレアデス星団)と、
あとは、白鳥座のアルビレオという二重星を見ました。

僕はアルビレオの望遠鏡にずっと張り付いて
順番に覗いている児童や保護者の皆さんに
『オレンジと青の星がくっついているでしょう。』
などとずっと解説をしていました。

↓これは木星です。
blogpic9 027
シマ模様と、木星の周りをまわっている4つの衛星が
よく見えました~。

いろいろ見えたのは良かったのですが、
今夜は非常に寒くて
すっかり凍えてしまいました!!!

家に帰ってきて
熱いお風呂にゆっくり入ったら
生き返りました。

ということで、
明日の夜は皆既月食があります。
満月が、夜9時45分から欠け初めて
11時頃にはすっかり地球の影に入って
ものすご~く暗くなってしまいます。

皆既月食の状態は1時間弱続いて
またゆっくりと元の満月に戻ります。

地球の影に入っている時の月は、
まるで『10円玉の幽霊』のように
赤黒くて、すごく暗いです。
たいへん神秘的ですので
天気に恵まれてみんなで見られるといいですねえ。

僕たちは、静岡県の御殿場市で行われる
月食の観望会でミニライブをやって
そこで月食を見る予定です。

12月8日(木)雨

今日は木曜日なので
ポルトガル語教室の日でした。

きょうは日本とブラジルの人種や文化や宗教の話をしました。

サンドラ先生が
『日本ではお祭りのときに
 人々が冷たい真冬の海や川に入ったりするでしょう。
 あれは一体なんなの?』
というので、

『日本では、神様にお参りする前に
 身体や心を清めなければならないという文化があります。
 ですので、お祭りのときに海や川に入るのです。』
と言いました。
このくらいなら、ポルトガル語で言えるようになりました。
まあ、これだけ言うのに2分くらいかかりますが(笑)!!

ちなみに、
僕の地元の神奈川県茅ヶ崎市では
7月の海の日の夜明けに
オミコシがたくさん砂浜に集まって海に入る
『浜降祭(はまおりさい)』というお祭りがあります。

僕も子供の頃に一度だけ
子供ミコシを担ぎました。

湘南あたりではけっこう有名な
大きなお祭りで、
茅ヶ崎の人たちはとても誇りにしていますので
県外の方もぜひ一度見に来てくださいね~。

僕は大人になってからは
浜降祭や花火大会など
地元のお祭りをぜんぜん見に行っていません。

夏のあいだの週末や休日は
別の遠い地方のイベントで演奏させて頂くことが多いので
行った先で夏祭りや花火を見ることのほうが多いです。
たいへんありがたいことであります。

12月7日(水)晴れ

↓これは、今夜の月と木星です。(クリックして大きくして見てね)
blogpic9 021
月の少し右側に写っている明るい星が木星です。

ところで
師走になりまして
天文雑誌には来年の天文現象の特集記事なんかがあるのですが、

来年は火星の接近があるんだねえ。

しかし目玉はなんといっても
5月21日の金環日食ですねえ。

太陽がイカリングみたいな形になるのが
自宅から見られるということで
子供の頃から楽しみにしていました。
遠い未来のことだと思っていたら
もう来年のことになってしまった!!

『金環日食になると、空が暗くなるんでしょ』と
最近聞かれることが多いのですけれど
あまり暗くはならないと思います。

皆既日食のときに
太陽が90%くらい欠けても
人間の目と脳はそれに順応するので
感覚的に暗くなった感じはしないです。
空はふつうの青空です。

僕は金環日食は見たことがありませんが、
むかし沖縄で起こった金環日食を見た知人がこう言っていました。

『観測していた場所の隣がゴルフ場で、
 そこでは金環日食の状態でも普通にプレーしている人たちがいた。
 太陽がリングの形になっていることは
 言われないと気がつかないんじゃないかな??』

だそうです。

まあ、今度の金環日食は早朝に起こるので
太陽は空の低いところにありますから
ちょっとは見え方が違うかもしれませんが。
いずれにしても楽しみであります。

12月6日(火)曇りのち雨

今日は、地元の茅ヶ崎市立汐見台小学校の
『校歌・校章おひろめの会』に行ってきました。

全校児童の皆さん
先生がた、保護者や地域の皆様
ほんとうにありがとうございました。

せんじつの日記にも書きましたが
汐見台小学校は
ことし4月に開校した新設校で
このたび、その校歌を作らせて頂きました。

今日は10時40分から
学校の体育館で1時間弱のセレモニーがありまして
そこで校歌を演奏して参りました。

教育委員会の人たちが来賓できていたり、
市長サンからの祝電が読み上げられたりと
予想以上にカシコまったセレモニーでとても緊張しました。

校長先生から
いろいろな説明があったあと
僕がピアノを弾いて
サチコネエサンが校歌を歌いました。

続いて『歌唱指導』というのがありました。
歌詞がステージに大きく映りまして、
サチコネエサンが
『じゃあ最初の2行を歌ってみましょう!』などと言いながら
メロディを少しずつ児童のみんなに伝授?していきました。

そんなことを5分間くらい、
ひととおりやりまして
『では、今初めて聴いた歌ですが、みんなで歌ってみましょう!』
ということで、全員合唱で歌うことになりました。

僕は、小学生のみんなが
今初めて聴いたばかりの歌を覚えて歌うなんて
さすがに無理だろうと思ったのですが
みんな元気にちゃんと歌ってくれて
素晴らしい全校合唱になっていました。

ステージの上でピアノ伴奏をやりながら
児童のみんなが歌ってくれているのを見て、聴いて
みんな本当にスゴイナーと思いました。
これまで音楽を仕事にさせていただいて
たくさんの『特別な瞬間』を体験させていただきましたが
これも凄いなあと思いました。

僕は校歌を作るのは初めての体験でしたが
いっしょうけんめいベストを尽くして作りましたので
みんなで元気に楽しく歌ってくれるととても嬉しいです。

12月5日(月)晴れ

今日も少し寒かったです。

夕暮れの時に
また西の空に金星が見えました。

南の空では
お月様と木星が並んでいました。
今日もけっこう近くで並んで輝いていましたが
明日がいちばん近づくそうです。

ということで
あしたもがんばりましょう!!

12月4日(日)晴れ

今日は日曜なので、ラジオでした。

星のコーナーは
今度の土曜日の皆既月食の話をしましたよ。

いまのところ
週間天気予報では
神奈川県の土曜日の天気は『晴れ時々くもり』となっております。
全国的に晴れて、みんなで見られるといいですねえ。

ということで
また一週間がんばりましょう!!

12月3日(土)晴れ

今日は少し暖かかったです。

きょうもライブのリハーサルをしましたよ。

ところで、NHKのテレビで
あの世界的なミュージシャンの坂本龍一サンが
青少年に音楽の歴史や理論について授業をするシリーズ番組があります。
たまにチャンネルをいろいろ変えているときに見かけると、
つい面白くて最後まで見てしまいます。

せんじつは、
サティやドビュッシーなどの近代の作曲家が
和音以外の音を積極的に使って
音楽を変えた、というテーマをやっていました。

それまでのクラシックの音楽というのは、
ドミソの和音だったら
できるだけドミソ以外の音は使わない、それが美しくて善なのだ
という価値観だったわけですね。

でも、近代の作曲家たちは
ドミソの和音が鳴っているときに
ラの音や、レの音や、シのフラットの音や、さまざまな音をどんどん鳴らして
微妙な陰のある響きや、
独特の匂いのする響きをどんどん作り出していった、というわけです。

これは、一種の
『ルールの崩壊』みたいな事件で、
これ以降、じゃあ何をやってもオッケーなんだという空気が
音楽の世界で加速していくわけですね。

リズムも調性も無いという不思議な前衛音楽につながっていったり、

ついには
『4分33秒間、何も音を出さない』という曲だとか
『ピアノの弦にいろいろな異物を挟んでノイズを出す』という曲を作曲?した
ジョン・ケージみたいな人まで現れるわけです。

僕はジョン・ケージの音楽のCDも買って聴いたことがありますが、
非常に難解でございますよ。

話がそれてしまいましたが、

その番組を見ていて
『そうか~。僕はサティやドビュッシーの影響を
 ものすごく受けているんだな~と思いました。』

ピアノを演奏するときの癖って
人それぞれあると思うのですが、

僕は、ピアノで和音を弾くときに
『7(セブンス)』とか『△7(メジャーセブンス)』という音を
ものすごく多用します。

たとえば、ハ長調で
Am(ラドミ:『エーマイナー』と読む)の和音を弾くときは
ソの音も混ぜて弾くことが多いです。

Em(ミソシ:『イーマイナー』と読む)の和音を弾くときは
レの音も混ぜて弾きます。

Dm(レファラ:『ディーマイナー』と読む)の和音のときは
ほぼ必ずドの音も混ぜて弾きます。

これらの音はセブンスと呼ばれる音なのですが、
この音を一つ混ぜて弾くとどうなるかというと、

『暗い響きの和音が、ちょっと明るくなる』という効果があるのです。

たとえば、Amの和音をそのまま『ラドミ』と弾くと、
とても暗い感じがします(だからマイナーの和音というわけです)。
でもそこに『ソ』の音を混ぜると

『ラドミソ』という音が一度に鳴ります。

ここで重要なのが、
『ラドミソ』の左側の3つだけを見ると『ラドミ』で暗い響きの和音なのに、
右側の3つだけを見ると『ドミソ』という明るいメジャーの響きの
和音になっているわけです。

つまり、マイナーの和音にセブンスの音を混ぜて弾くということは、
まるで『下半身は馬で、上半身は人間』というケンタウルスのように、

『下半身は暗いマイナーの和音で、上半身は明るいメジャーの和音』という
両方まざった響きができあがるわけです。

聴いたときに
『暗いような感じもするし、明るいような感じもする』
という印象になるような、気がするんですね。
柔らかくなるというか、優しくなるというか。
そういう感じが、僕はします。

暗闇なのに光が見えるというか、
悲しみの中に希望が感じられるとか、
そういう感じが僕はするわけです。

僕はこの響きがとても好きなので
レコーディングのアレンジでも、ライブで弾くときも
すごく多用します。
マイナーの和音を弾くときには
70~80%くらいの確率で、セブンスも弾いてます。

同じように、
F(ファラド)の和音を弾くときも、
『ミ』の音も弾くことが多いです。(これはメジャーセブンスの音といいます。)

『ファラドミ』という4つの音を同時に鳴らしたときも、
左側の3つの音は『ファラド』で明るいメジャーの和音だが、
右側の3つは『ラドミ』という暗いマイナーのコードになっています。

これはさっきとは逆に
『下半身は明るいメジャーの和音だが、上半身は暗いマイナーの和音』
ということになります。

『ドミソ』に『シ』を混ぜるのも同様なのですが、
これをやると、
明るいのだが、どこかに陰があるような印象が生じます。

まるで冷たくて透き通った水の中にいるような
独特の透明感というか、美しさが感じられます。
誰でもできるので、
もしピアノが近くにあったら試してみると、よく分かると思いますよ。

サティの有名な『ジムノペディ』という曲があるのですが、
出だしのところで
『ファラドミ』、『ドミソシ』、『ファラドミ』、『ドミソシ』と
メジャーセブンスの和音を繰り返します。
この2つの和音を繰り返しているだけで、
ものすごく美しい泉から湧き出る水を眺めているような感覚に、僕はなります。

僕は、こうした音楽理論を
20代の前半に、ものすごくがんばって勉強しました。
僕は高校生のときにキーボードを買って
そこから独学で音楽を始めたのですけれど、

やっぱり作曲をするには
音楽理論を勉強しないとダメだ、と悟りましてね(笑)。

もちろん理論なんか知らなくても、作曲はパッチリできますよ!
1曲なら誰でも作れると思います。
がんばれば3曲作れると思います。
もっとがんばれば10曲くらい作れると思います。

…でも、問題はその先であります。
じゃあ、もっともっとたくさん、作りたい、作ろうとなった時に
理論を勉強しないと、確実に
これまで作った曲と同じようなものしか作れなくなってしまいます。
それは単なる『癖』であって、『個性』と呼べるものではないんだね。

でも
音楽理論を勉強すると、世界は無限に広がるのであります。

などと、また話が長くなってしまった!

12月2日(金)晴れ

今日は凄まじく寒かったです。
朝は寒さで目が覚めてしまいましたよ。

ということで
今日は晩ご飯に湯豆腐をつくりました。

昆布でちゃんとダシをとって、
ネギやシメジもいれました。
たいへんおいしかったです。

昆布ダシのお湯?がとてもおいしかったので、
オタマでお椀に少し取って、ポン酢をちょっとだけ入れて
スープみたいにして飲んだら
これまた感動的にウマかったです。

お豆腐も昆布だしも素晴らしいなあと思いました。
日本の誇りですなあ。
外国の人もこういうのを美味しいと感じるのかな??

12月1日(木)晴れ

今日から師走であります。
さっそく、今日はとっても寒かったです~。
もう冬ですねえ。

ところで
ずっとサチコネエサンの産休で
アクアマリンのライブをお休みしていましたが、
今月から再開してゆく予定になっています。

12月10日(土)は静岡県御殿場市での皆既月食の観望イベント、
12月24日(土)は岐阜市科学館のプラネタリウムでクリスマスコンサート、
12月30日(金)は東京で年末ライブです。
ご都合がつきましたらお越しいただけましたら幸いです。
(詳細は↑『LIVE』のページをご覧下さい)

が、これよりも前に
12月6日に、地元・茅ヶ崎の市立汐見台小学校で
演奏することになっています。

汐見台小学校は
ことしの4月に開校した新設校なのですが、
その校歌を
なんと僕が作らせて頂きました。

12月6日の行事は
校歌と校章のお披露目のイベントだそうです。
全校児童の皆さんや
先生や保護者や地域の方々、
教育委員会や行政の偉い方たちや
取材に来るメディアの人たちの前で

僕がピアノを弾いて、
サチコネエサンが歌って
新しい校歌を初めて皆さんに聴いていただくことになっています。
(校長先生や教頭先生や音楽の先生はもう知っていますが)

新設の学校の校歌を作るというお仕事は
生まれて初めてでしたので、
最初に校長先生からお話を頂いたときは
『それは、ご依頼いただくのであれば精一杯やらせて頂きますが、
 ほんとうに僕でよろしいのですか??』
と言いました(笑)。

校歌は、作詞も作曲も僕がやりました。

曲想を得るために
学校をすみずみまで見学させてもらい
(あまりにも新しくてキレイで全てが最新式なので驚愕しましたが)、
僕なりにベストを尽くして作らせていただきました。

さあこれから曲作りにとりかかろう、という頃に
ちょうど祐太が生れました。

親になったおかげで
『未来を担う子どもたちが健やかに育ち、
 大切なことをたくさん学んでくれることを願う』という
校歌のコンセプトもいっそうリアルに感じられ、
自然に自分の思いを重ねることができました。
こういうのも、『縁』みたいなものを感じます。

ということで
サチコネエサンは毎日のように
校歌を歌って歌詞を覚えています。