5月30日(水)曇り

昨日はずっと実家の自宅スタジオで
新しい曲のアレンジをやっていました。

だいたいできたので
今週中に僕が歌って仮歌を録音して
サチコネエサンに聴いてもらおうと思います。
スポンサーサイト

5月29日(火)晴れのち雨

今日は火曜日ですが、
ポルトガル語教室の日でした。

毎週、ノート1ページ分の
作文を書いてゆくのですけれど
今回は金環日食を見た話を書きました。

ポルトガル語では
金環日食のことを
『eclipse anular(エクリプス・アヌラール)』といいます。

英語でも、ほとんど同じで
『annular eclipse(アニュラー・エクリプス)』です。

『eclipse(エクリプス)』というのは
天体どうしが重なる『食』のことですが

せんじつ、ふと
『annular(アニュラー)』って何だろうか??
という疑問が浮かんできました。

皆既日食のほうは英語で
『total eclipse(トータル・エクリプス)』といいますが、
『total(トータル)』という単語は
全部という意味だと、ほとんどの人が知っていると思います。

だが金環日食の
『annular(アニュラー)』とは何だろうかと、
いちど気になり始めたら
気になって仕方なくなってしまいました。

ラテン語の『子孫』である
スペイン語やポルトガル語で
指輪のことを『anel』といいます。

それに文字が何となく似ているので
『annular』はきっと
ラテン語とかで
指輪という意味なのではないかと思いました。
金環日食は、太陽が指輪みたいなリングになるからね。

で、きょうポルトガル語の辞書で
『anular』を調べてみましたよ。

そしたらやっぱり
『指輪の』という意味の形容詞でした。
『dedo anular(デド・アヌラール=指輪の指)』は薬指のことだそうです。
なるほどなーと思いました。

金環日食のことを
西洋の人たちは『指輪日食』って呼んでいるんだね。
また一つ勉強になりました~。

5月28日(月)晴れ

今日はサチコネエサンがモールに行って
祐太のオムツやミルクを大量に買ってきました。

その間に僕は
新しい曲のアレンジをやっていました。

5月はけっこう忙しかったです。
ここしばらくは
金環日食が終われば少し余裕ができるだろう、と
がんばってきましたが、
日食が終わっても忙しかったです(笑)!!

が、しかし今週あたりから
落ち着いていけると思います~。
また一週間がんばりましょう!!

5月27日(日)晴れ

今日は日曜なので、ラジオでした。

星のコーナーは
せんじつのキンカン日食の話をしましたよ。

平塚市は
金環日食の当日は非常にキビシイ天気でした。
同じ市内でも、
雲間から太陽のリングが見えた地区と、
見えなかった地区があったということが
だんだん分かってきました。

太陽がリングの形になったのは
7時31分~36分までのちょうど5分間ですので
この5分間に雲の薄い部分が頭上にきたかどうかが
分かれ目になったようです。

ウチは平塚市の中でも比較的、北の方です。
ここでは辛うじて
雨が降るなか太陽のリングが見えました。

平塚の海岸で見ていた友人も太陽のリングが見えたそうです。
平塚駅の近くでは見えなかったという人が多いです。
でも駅に比較的近い見附町というところで
立派なリングの写真を撮った人がいるそうです。

次は、6月6日に『金星の太陽面通過』という
これまた非常に珍しい現象が見られますので
(次回は105年後だそうです)
今度こそみんなで見られるといいですねえ。

金環日食は5分くらいで終わってしまいましたが、

金星が太陽の手前を横切るのには
6時間くらいかかります。
金星は太陽に比べてとても小さくて
小さな黒い点にしか見えませんが

実際に見るとやはり感動します。

前回の金星の太陽面通過が
2004年に起こったときは
僕は平塚の博物館の屋上で見ていたのですけれど、

『本当に惑星は太陽の周りをまわってるんだなあ』とか
『太陽ってやっぱり大きいんだなあ』とか
改めていろいろと感じました。

6月6日の、朝7時半~午後1時半くらいまで
太陽の手前に金星が重なっていますので
ぜひみんなで見ましょう見ましょう。

金星の太陽面通過を見るときも
日食と一緒で、
太陽を肉眼で直視すると目を傷めてしまうので
日食を見るときに使った太陽観察メガネを通して見ましょう。

5月26日(土)晴れ

↓これは、きのうお仕事で東京へ行ったときに食べたお昼ご飯です。(クリックして大きくして見てね)
blogpic01 387
余裕を持って電車に乗ったら
早く着いてしまったので
駅前の中華料理屋さんでお昼を食べたのです。

僕はこのラーメンと半チャーハンのセットを食べました。

たいへん美味しかったです。
ラーメンのチャーシューが
とっても柔らかくておいしかったので、
お店のオヤジさんに
『すごくおいしいです!!』と言ってしまいました。

お店の名前に『四川』という字が入っていたので、
『おじさんの出身は、四川ですか?』
と聞いたら、
『そうだよ、四川だよ』と言いました。

『僕はむかし四川に行ったことがある』と言ったら
おじさんはとても上機嫌で
いろんな話をしてくれました。

『重慶は大都会ですね。』というと、
『いつ行ったのだ』と聞くので
『2003年に行ったから、もう9年前ですね。』
と答えました。

そしたら急にオジサンのトーンが変わって、
『9年も昔と今では、重慶は全く別の町だよ。
 今はものすごくキレイになったよ。』
と言いました。

『アンタが行った頃は、町じゅうで工事をやっていただろう』
というので、
そういえばそうだったな~と思い出しました。

重慶で見た光景で
いまでも鮮明に覚えているシーンがあります。

それは、
すごくオシャレでファッショナブルなショッピングモールがあって、
そこをキレイに着飾った女の子がケータイを片手に歩いているのだが、

狭い道路を挟んだ反対側には
崩れた古いビルがあって
そこに家の無い人たちが住み着いている、という光景です。
そういう感じの光景が、普通にありました。

幅10メートルくらいの道路を隔てて
時代が50年違う、という感じがしました。

おそらく今は
あの崩れたビルがあったところも
オシャレでファッショナブルなショップかカフェにでも
なっている、ということなのでしょう。

あれからもう9年も経ってしまったので
また行ってみたいなあと
ふと思いました。

5月25日(金)曇り

音楽や歌を作って演奏するということを
職業にさせていただいていると、
その本業以外にも
実にいろいろなお仕事をさせて頂くことがあります。

講演とか、文章を書くとか、ナレーションとか
いろいろやらせていただいてきましたが、

今回は
とある自治体の『応援大使』という役職を
つとめさせていただくことになりました。

その自治体とは
長野県の原村というところです。

僕たちアクアマリンが
今から14年前に結成して初めてのライブを行った場所であり、
以後、毎年8月に行われる大規模な星のイベント
『原村星まつり』に出演させていただいていたり、
いろいろなご縁があります。

2001年のミレニアムのイベントでは
僕たちが、原村と八ヶ岳の自然や星空をテーマに
『星降る里』という歌を作って原村に贈呈しました。
(この歌も合唱曲になって楽譜が出ています)

原村の唯一の小学校でもコンサートをさせて頂きました。

そんないろいろなご縁があり、
このたび、僕たちアクアマリンが
『原村応援大使』ということになりました。
原村の出身者だったり、村にゆかりがあったりする著名人が
数名選ばれたそうです(僕たちは著名人ではありませんが)。

で、今日は
サチコネエサンと僕で
電車に乗って東京まで参りまして
都内のホテルで任命式?をやってきました。

↓村長さんから直々に委嘱状を頂きました。(クリックして大きくして見てね)
blogpic01 392
任期は3年だそうです。

そして、名刺も作っていただきました。
blogpic01 394
よく、テレビで
芸能人の人たちが
『ワタシ、ふるさとの観光大使をやってるんですよ』と言いながら
名刺を見せたりしていますが

そういうのって
ほんとうにもらえるんだなーと思いました。

応援大使といっても
特別に何かをする必要はなくて、
日頃の活動の中で、機会があったら原村について
いろんなところで語る
というスタンスで良いそうです。
(でもちゃんと、公式な契約書のような文書を交わすのですよ)

まあでも、すでに日頃から
原村の星のイベントに毎年出演させていただいていることや
そこでの星空の素晴らしさについては
いろんなところで語っていますけどね。

それに、アクアマリンはこれまで500回近くライブを行っていますが
その1回目が原村の星のイベントのステージだったということは
永久に変わらない事実ですし
僕たちにとっては
この先どれほど活動が続いても
そこは特別な場所です。

↓それはそうと、これは原村の観光ポスターです。
blogpic01 395
このポスターはだいぶ前に作られて
すでにいろんなところに貼られているそうです。

八ヶ岳に昇る冬の星座の写真の下に
僕が作って原村に贈った『星降る里』という歌の歌詞が書かれています。
『作詞作曲:ミマス』という文字も書かれています。
僕も頂いたのですが、自宅は狭くて貼るところが無いので
実家に持って行ったら
母親が喜んで飾っています(笑)。

先月、長野県の茅野市で演奏して
帰ってくる途中で
原村の野菜の直売センターみたいな施設に寄ってお土産を買いました。
そしたら
このポスターがたくさん壁に貼られていたので、
僕は、観光案内所のカウンターのお姉さんと目が合わないようにして
コソコソしながら野菜を買って帰ってきました(笑)。

ということで
今年の原村星まつりは8月3~5日(金土日)の3日間で行われますので
ぜひ皆さんおでかけ下さいね!!
僕たちはその中で3回くらいコンサートをします。

5月24日(木)晴れ

何ヶ月か前の
月刊『星ナビ』誌の連載コラムにも書いたのですが、

僕たちには
アメリカのグランドキャニオンに住んでいる
友人がいます。
女性で、グランドキャニオンの空港で働いています。

いまから10年前の
2002年11月の『しし座流星群』の大出現のとき
サチコネエサンと僕は
グランドキャニオンの展望台でそれを見ていたのですが、
その時に彼女と流れ星の下で(笑)出会ったのです。

先日の金環日食は
僕たちが住んでいる日本だけでなく、
彼女が住んでいるグランドキャニオンなどアメリカ西部も金環帯に入っていたので
事前に
『こんなに離れた者どうしが同じ太陽のリングを見るなんて
 奇跡だ、運命だ! ぜひお互いに楽しみましょう』
と手紙を書いて送っていたのです。

ついでに祐太のお宮参りの写真とか
昨年登ったキリマンジャロの山頂の氷河の写真とかも同封して送りました。
あと、東日本大震災のこともどうしても書きたかったので書きました。

そうしたら、金環日食の当日に
彼女からメールをもらいました。

そのメールには、
『いま私はオレゴン州に引っ越して住んでいます。
 だからここでは金環日食を見ることができません。
 でも、たった今インターネットで
 日本のマウント・フジからの中継映像で金環日食を見たところです。
 ほんとうに、グロリアスでワンダフルでした。
 インターネットありがとう!! マウント・フジから中継してくれた人ありがとう!!
 それにしても、あなたからの手紙は
 奇跡的なタイミングで私に届きました。
 グランドキャニオンの家は引き払っていたので、
 郵便局がこのオレゴンの新居に転送してくれて
 まさに金環日食の直前に届きました!!』

とありました。

『直前』というのがいつなのか分かりませんが
手紙を送ったのは、確か1月か2月頃だったので
受取人が引っ越してしまって行き場を失った手紙が
アリゾナ州からオレゴン州まで
何ヶ月もかかって転送されたことになります。

僕にとっては
受取人が引っ越してしまったのに
転送して届けてくれたアメリカの郵便局の人ありがとう!!!
という感じであります(笑)。

僕のこれまでの経験では
海外から日本の友人知人に出した絵葉書が
届かずに行方不明になったということが
多々ありまして、
『外国の郵便システムって、なかなか日本のようにはチャンとしてないんだな~』
という印象を持っていたので

今回の件は
ほんとうに驚くとともに、感謝いたします。

彼女からのメールには
『今日は忙しいのでこのへんにしておきますが、
 改めて手紙を書きます。
 グランドキャニオンからオレゴンに引っ越した経緯は
 壮大なストーリーなのです』
とありました。

彼女がどんなにグランドキャニオンを愛していたか
僕たちは知っていますので
何か大きな理由があるのだと思います。

それよりも、
彼女が現在住んでいるというオレゴン州のその町は、
2017年8月21日に起こる、
いわゆる『アメリカ横断皆既日食』の
皆既日食が見られるエリアに入っているではないですか!!

2017年8月21日の皆既日食は
アメリカ合衆国の西海岸から東海岸までを横断する地域で
皆既日食が見られることになっているので
ものすごく大勢の人が見ることになりますし、
交通のアクセスが良いので、日本からも天文ファンがおおぜい見に行くと思います。

僕たちももちろん家族3人で行くつもりなのですが、
ここへきて急に
『オレゴン州の彼女を訪ねていって一緒に見たら楽しいだろうなあ…』
などと勝手な想像をするようになりました。

まあ、まだ5年も先のことなので
わかりませんんけどね。

5月23日(水)晴れ

今日はサチコネエサンのお友達が来たので
みんなで市内のインドカレー屋さんに
晩ご飯を食べに行きました。

僕はチキンカレーのセットを頂きました。
ネエサンは
野菜カレーのセットを食べていました。

チキンがとっても柔らかくて
たいへん美味しかったです!!

インドカレー屋さんに行くとたいてい、
カレーと
『ナン又はライス』がセットになっています。

ほとんどの人は
ナンを食べるのだと思いますが
僕はこういうとき、
必ずライスにしてもらいます。

今日もライスをいただきました。
やっぱりカレーにはライスが合うなー
と思うのは僕が日本人だからかな??

カレーもおいしかったし、
お店のインド人のオジサンも面白い人だったので
(祐太と仲良くなっていました)、
また食べに行きたいと思います。

5月22日(火)雨

子供の頃から楽しみにしていた金環日食も
『金環日食コンサート』も終わってしまったので
今日は心に穴が開いたような気持ちでした(笑)。

アクアマリンの次のライブは
6月30日(土)、
地元・平塚のライブハウス『(KANAFU)カナフ』で行われる
七夕コンサートです。

このライブハウスは4月にオープンしたばかりです。
グランドピアノがあって
とても素敵なお店ですので
僕も今から楽しみにしています。

ぜひお越しいただけましたら幸いです。
(詳細は↑『LIVE』のページをご覧下さい)

ところで
昨日は生まれて初めて金環日食というものを体験して
ほんとうにいろいろと
気づいたことや感じたことや思うことがありました。

結論から言いますと、
『想像以上に感動的だった』ということです。

そして
『天気が悪かったのは、むしろラッキーだったかもしれない』
という、ポジティブな(笑)思いです。

それはこういうことです。

昨日の朝、
平塚では空を厚い雲が覆っていて
リングの形になった太陽の手前を
常に雲が通り過ぎてゆく、という感じでした。

雲は、厚いところや薄いところがありますから、
太陽のリングは常に見え方が変わります。

太陽のリングが
隠れてしまったり、
とつぜん輝きを増したり、
また、リングの一部分だけが
ビカッと光ったように見えたり(これは凄かった!!)、

それはそれは
神秘的で神々しい光景でした。

晴れていたらこのようなことは無いので、
この『動的な』スペクタクルは
曇りの状態ならではの見え方だったのだと思います。
太陽はほとんど雲の中だったので
リングが見えた時間は少なくなってしまったけれど、
これはこれで、スゴイ体験ができたな~と僕は思っています。

それはそうと、
『次回の金環日食は300年後です』とか(←これは『東京で』ということらしいです)、
『次に日本で金環日食が見られるのは18年後です』とか
テレビなどでは言っていますが、
次の金環日食は来年の5月10日にオーストラリアで見られます。

ノーザン・テリトリー(北部準州)の砂漠で見られますので
日本とは違って
晴れの青空で起こる金環日食を見られる確率が
とても高いと思います。

今回の金環日食を
見ることができなかった方や、
曇り空で見て
『次は晴れ空で見たい!』と思う方は
ぜひ来年5月にオーストラリアの砂漠に行きましょう(笑)!!

ということで
また明日からがんばって生きてゆきたいと思います。

5月21日(月)金環日食

↓これは、僕たちが先ほど見た金環日食です。(クリックして大きくして見てね)
anular+eclipse+011_convert_20120521083526.jpg
真ん中の少し下に写っているリングが太陽です。
これは画像縮小したものなのでショボイ写真ですが、
元の大きさの画像で太陽のところをクローズアップすると
チョーきれいです(笑)。

僕たちは神奈川県平塚市の自宅の近所の川辺で
金環日食を見ることができました。

僕は今朝
未明の4時頃に雨がザーザー降る音で目が覚めました(笑)。

6時18分に太陽が欠け始めるときも
空は厚い雲におおわれて雨が降っていて、

太陽がリングの形になる7時31分の直前も
雨が降っていました。

僕はスッカリ諦めでいたのですけれど、
サチコネエサンが
川に行ったら見られるんじゃないの??
と言うので、

僕は、大きな画用紙に
『2012年5月21日、7時31分。平塚、雨!』
と書いて、
その画用紙と一緒に
『見られなかった記念』の敗北宣言の写真撮影をしようと思って

その画用紙とカメラを持って
家族3人で、
雨の降るなか2分ほど歩いて
川の岸辺に行きました。

そのときちょうど
厚い雲のなかに太陽のリングが見えました!!!!
ほんとうに奇跡だと思いました。

厚い雲の中だったので
肉眼でちょうどきれいに太陽のリングが見えました。
まだ雨は降っていました。
真珠色の太陽のリングは
信じられないくらい美しかったです。
(日食グラスを通すと暗すぎて全く見えなかったです)

雲を通してリングが見えていたのは
トータルで数十秒くらいでしたので
晴れて青空の中で見られたという地域に比べれば
恵まれなかったのかもしれませんが

でも僕たちは
『雨が降る中で太陽のリングを見る』という
極めてユニークな体験ができたことに
ほんとうに感謝しています。

日食グラスを通した、フィルターの色がついたオレンジ色の太陽ではなくて
厚い雲の中に透けて見える真珠色の太陽のリングは
いま思い出しても震えるくらい幻想的でした。

それに、
『青空の中で金環日食が起こっても暗くならない』ということは
知識として知っていましたが、

今日こんな天気の中で見たおかげで、
『雨雲が垂れ込める空の下で金環日食が起こっても
 まったく暗くなったように感じない』ということも分かりました。
これは、僕にとっては
非常に興味深い体験であり、発見でした。

ウチの祐太クンは
生後8ヶ月にして金環日食を見ました!!
昨年末に、生後3ヶ月で皆既月食も見ていますので
ラッキーなやつだなーと思います。
まあ大人になったときに覚えていないと思いますが(笑)。
写真は残すことができました。

今日はたぶん
僕にとっては人生でもっとも素晴らしい日のひとつです。

5月20日(日)曇り

今日は、東京のライブハウス『御茶ノ水KAKADO』で
『いよいよ明日が金環日食コンサート』でした。

お越しいただいたお客さま、
ライブハウスの皆さま
ほんとうにありがとうございました。

ということで
明日は朝早いのでみんなでもう寝ましょう!!
おやすみなさい!!

5月19日(土)晴れ

明日は東京の御茶ノ水のライブハウス『KAKADO(カカドゥ)』で
『いよいよ明日が金環日食コンサート』ですので
きょうもそのリハーサルをやっていました。

KAKADOでのライブの時は
ふだんのイベント出演の30分とかのステージでは
あまり演奏しないような曲もやりますので
明日もがんばりたいと思います。

お時間がありましたら
ぜひお越しいただけましたら幸いです。
(詳細は↑『LIVE』のページをご覧下さい)

5月17日(木)晴れのち曇りのち雨

今日は木曜なので
ポルトガル語教室の日でした。

毎週、ノート1ページぶんの作文を書いて行って
サンドラ先生に添削してもらいますが
今週は金環日食の話を書きました。

いつもお世話になっているので
日食メガネを一つ持っていって
先生に差し上げました。

『太陽光線には目に有害な紫外線や赤外線が含まれているので、
 肉眼で直視してはいけない。
 日食を安全に観察するためには、
 日光の有害な成分をカットする
 太陽観察のための専用のフィルターを使わなければならない。
 ふつうのサングラスや下敷きなどではダメです。』

ということは
おそらく日本人ならば
今や誰でも知っていることだと思います。

が、やはり
外国から日本に来ている人たちの中には
それを知らない人も多いのです。

きょう、先生に日食メガネを差し上げたら、
『ふつうのサングラスで見てもいいのでしょう??』
と言われました。

僕は慌てて、
『ダメです、ダメです!
 必ずこの日食メガネを使って見てください』
と言いました。

僕は
ポルトガル語教室に通うようになってから
日本に暮らしているブラジル人の人たちと知り合ったり
話したりする機会も増えましたし、

僕が住んでいる神奈川県の平塚市という町は、
人口25万人のうち2000人くらいが外国から働きにきている人たちなので
これまでも比較的、そういう人たちと接する機会がありました。
アジアの人も多いですが、南米から来ている人も多いです。

そういう人たちは
やはり日本で生活するなかで
言葉で困ることもあるのだろうなあ、と感じることがあります。

僕は外国語を勉強するのがけっこう好きで、
英語とスペイン語とポルトガル語なら
旅行するのに必要な最低限のことくらいは話せるようになりましたが

それは、自分が外国に行ったときのために、
ということもありますし、
同時に
日本に来て言葉が通じなくて困っている外国の人がいたら
ちょっとでもお手伝いしたいなあ、という思いもあります。

自分がいろんな国に行ったときに
現地の人々にほんとうに助けて頂いたので、
外国から日本に来た人が困っていたら
役に立ちたいと思っています。

思っているだけで、特別に何もしていませんが(笑)。

でも以前、郵便局の窓口で白人のニイチャンが途方にくれていたので
『どうしましたか。僕、英語ならちょっと分かりますけど』
と話しかけたら
その兄ちゃんは、本当に『助かった!』という表情をしました。
あの表情を見ただけでも
声をかけて良かったなあ、と思いました。

窓口の係のオバサンは
全く英語が分からなかったので
僕が通訳をしました。

そのお兄ちゃんに、
『係員さんは、封筒に差出人のアンタの名前と住所を書けと言っているよ。』
と告げると、彼は

『ホテルに泊まっているから日本での住所は無い。』
というので、それを係員さんに言うと

『では、そのホテルの住所を書いてくれ』
といいます。

それを兄ちゃんに伝えると、
『ホテルの住所なんか分からないよ』というので
さらに係員さんに伝えると

『差出人の住所を書かないと、万がいち配達できなかったときに困る』
というので、それを彼に言ったら

『この手紙のあて先は祖国にいる恋人だ。
 この住所は間違いない。配達されずに戻ってくることは無い。』
と言いました。

それで僕は窓口の係員さんに向かって
『彼はこう言っています。
 これはもう、何か問題があって配達されなかった場合は
 彼の自己責任ということで
 受け付けてあげてもいいのではないですか??』
と、ほとんど彼の味方になって(笑)言いました。

結局、係員さんは
その手紙を受け取って、切手を貼ってくれました。
切手を貼ってくれている間に
僕は彼とちょっと話をしました。
仕事でドイツから来ているのだと言っていました。

世の中にはいろんな考え方の人がいるので
『日本に来るなら日本語を勉強してから来い!』というようなことを言う人もいますが、
僕はそうは思わないです。

僕自身が英語をあまり話せないのにアメリカやオーストラリアに行ったり
スペイン語をあまり話せないのに南米に行ったり
中国語を全く話せないのに中国に行ったりしてして
現地の人たちにほんとうに親切にしてもらってきたからね。
僕は日本でそのお返しがしたいと心から思います。

そんな話はいいとして
明日もがんばりましょう!!

5月15日(水)晴れ

今日は週末のライブのリハーサルをしました。

リハーサルをやっていたら
サチコネエサンのお友達が
巨大な犬を2匹連れて遊びに来ました。

このサチコネエサンのお友達サンは
僕が近所のスーパーで
夕飯の買出しをしていると
たまに会います。

近所のスーパーという場所は
実にいろんな人と会うものであります。

以前、地元の平塚のショッピングモールの
イベントステージで演奏したときに

ステージにおじいさんが近づいてきて
『アンタ、うちの近所のスーパーでよく見かけるな!』
と言われました(笑)。

そんな話はどうでもいいとして
明日もがんばりましょう!!

5月15日(火)雨

今日の平塚は雨です。

週末の長野のコンサートのときに
新鮮で立派なアスパラをたくさん頂いたので
きょうのお昼ご飯に頂きました。

↓これは、アスパラが乗った
きのこクリームスパゲティです(クリックして大きくして見てね)。
blogpic01 386
たいへん美味しかったです。

スパゲティに乗せて食べても
まだ大量にあったので

お鍋でたくさん茹でまして
サチコネエサンの実家にも持って行きました。

ゆでたての熱々のアスパラに
マヨネーズをつけてたべたら
信じられないくらい美味しかったです。
たくさんツマミ食いしてしまいました~。

ということで
アクアマリンの次のライブは
こんどの日曜日、5月20日(日)に東京の御茶ノ水で行う
『金環日食前日コンサート』です。

お時間がありましたら
お越しいただけましたら幸いです。
(詳細は↑『LIVE』のページをご覧下さい)

5月14日(月)晴れ

今日は、神奈川県の海老名市で行われた
『金環日食フェスティバルin海老名・金環日食フォーラム』で演奏してきました。

お越しいただいたお客さま、
イベントスタッフの皆さま
本当にありがとうございました。

↓これは今日のイベント会場の海老名市文化会館です。(クリックして大きくして見てね)
blogpic01 379
リハーサル中の写真です。

↓これは僕がきょう弾かせていただいたピアノです。
blogpic01 382
午後4時から9時までという
非常に長いイベントでしたが、
僕たちはその一番最初に
『COSMOS』を演奏させていただきました。

僕のオシゴトはいちばん最初に終わってしまったので
あとは、その後のプログラムを
楽しませていただきました。

天文学の世界では
有名な先生方の講演や
座談会が次々と行われまして
たいへん面白かったです。

今日しみじみと思ったのですが、

ほんとうに金環日食の日が
一週間後に迫っているのだなあ…と。

2012年5月21日に
自分の住む町で金環日食が見られると知ったのは
僕が中学生のときでしたから
今から25年くらい昔のことです。

僕は中学生の頃、
平塚のプラネタリウムに毎週のように通っていて
天体観察会にも入っていたのですが、

その星の会の、僕よりも2歳年上のメンバーで
非常に優秀な人がいました。
当時、高校生だったのに
パソコンのプログラミングとかができて
博物館のパソコン展示のプログラムも作っていました。
(その人は後に東大に進学し、今は地球環境の学者になって
 ときどきテレビの教育番組とか討論番組とかに出ています)

当時その人が作ったパソコン展示の中に
『これから見られる日食と月食』というプログラムがあって
将来見られる日食と月食が
アニメーションで見られるようになっていました。

その中に
2012年5月21日の金環日食もあって
『遠い将来に、こんなのがココで見られるのか~』と
漠然と思いました。

それがもう来週だなんて!!

太陽の一部が欠ける『部分日食』ならば
人間の一生のうちで
何度か見るチャンスがありますが

金環日食とか皆既日食が
自分が住んでいる場所で見られる確率は
とても低いです。
どちらも、地球上のある地点でそれらが見られるのは
300年に一度とも、400年に一度とも言われます。

ですので、
生きている間に
自分の家で金環日食が見られるというのは
ほんとうにスゴイことなのです。

この幸せをもっとかみしめながら
その日を迎えられると思っていたのに
なんかすごく慌しいまま
5月21日を迎えてしまいそうだなあ。

まあそれでも、あとで振り返ったときに
人生の良い思い出になると思います。

5月13日(日)晴れ

昨日は、長野県木島平の
みゆきの杜ユースホステルでコンサートでした。

お越しいただいたお客さま
宿オーナーご一家の皆さま
ほんとうにありがとうございました。

今日はお昼に長野を出発して
高速道路を走って
ぶじに夕方に帰宅いたしました。

今日は日曜なので
その後ラジオの生放送をやってきました。

明日もイベントライブですので
きょうはもう寝ます!!
長野でのいろいろなことは
また後日あらためて書きたいと思います~。
長野は菜の花がほんとうにきれいでした!!

5月12日(土)曇り

ではこれから長野に行ってまいります。
今日も、良い演奏ができるように
がんばります。

いま平塚は曇っています。
長野のお天気はどうでしょうかねえ。

高速道路をずっと走っていくので
気をつけて行ってまいります。

5月11日(金)晴れ

今日は、家族3人でモールに行きまして
いろいろと買い物をしました。

お昼はモールの中にある
スシローに行って
お寿司を食べました。

回転寿司に行くと
もうだいたい食べるものは決まっています。

僕はまず、エンガワを食べます。
つぎにマグロを食べます。
さらにまたエンガワを食べます。

以後は、そのときの気分で
ネギトロやカズノコやイクラやエビなども食べます。
最後もたいていエンガワを食べます。

茶碗蒸しとかお味噌汁も好きだなー。

今日は
『生えび』というのがとても美味しくて
2皿食べてしまいました。

5月10日(木)雷雨のち晴れ

今日の雷雨はスゴかったです。

ビカビカドンドンと激しくやって
家が揺れました。

ゴールデンウィークから
ずっと荒れた天気が続いております。

夕方になったら一気に晴れまして、
素晴らしい星空が広がりました。
金星がものすごく強烈に
ビカっと光っていていました。

激しい雨で
空気中のホコリやチリが落ちてしまって
空気が澄んでいるんだねえ。

今日は金星のすぐ横に
暗い星が一つ
くっついているのが見えました。

何の星かとおもって
周りの星座をよく見ましたら
おうし座のツノの星でした。

低いところにある
あんな暗い星まで
今夜は良く見えるなあ、と感心してしまいました。

5月9日(水)晴れ

今日は、神奈川県の藤沢市にある
レディオ湘南というラジオにゲスト出演させて頂きました。

藤沢市のレディオ湘南というラジオ局は
僕が毎週パーソナリティをやらせていただいている
平塚市のFM湘南ナパサとは全く別の局で、
僕はだいぶ昔に2~3回ゲストで出させて頂いてます。

お昼の生放送の情報番組で
15分くらいの出演でした。

音楽活動の話とか
こんどの金環日食の話をしました。

1曲かけて下さるというので
『流星』をオンエアしてもらいました。
ありがとうございました。

レディオ湘南のスタジオは
藤沢駅から歩いて3分くらいなのですけれど、
道を挟んで正面にあるカレーショップの看板を見て
驚愕してしまいました。

そのカレーショップの名前は、
むかし、僕がとても好きで通っていて
もう閉店してしまったとばかり思っていたお店と
同じだったのです!!

むかし、藤沢駅前のデパートの地下に
そのカレーショップはありました。
食品売場の隅っこ、という感じの雑然とした場所に
カウンター席だけがあって
いつもお客さんでたいへん賑わっていました。

中学生や高校生のときは
友人たちと藤沢に行く用事があると
よくみんなでそこに立ち寄ってカレーを食べたものです。

どちらかというと
学生向きの、安さとボリュームを売りにしているようなお店で
他のお客も学校帰りの高校生とかが多かったです。
注文するときに辛さを自由に決められるので
(10度は少し辛い、30度は非常に辛い、70度は死ぬほど辛い…的な)、
みんな、いかに辛いのを食べたかというのを武勇伝のように語っていました。
(僕はいつもレギュラーでしたが)

大学生のときも、
ふとそのお店のカレーが食べたくなると
わざわざ通学電車を途中の藤沢駅で降りて
食べに行っていました。

しかし、だいぶ前に
その駅前のデパート自体が閉店してしまい
中に入っていたそのカレーショップも
きっと無くなってしまったに違いない、
極めて残念だなあ、
また食べたいなあ、恋しいなあ…と思って
この10数年を過ごしてきたわけです。

ところが何ということであろうか!!

今日、レディオ湘南のスタジオに行くとき、
前にあるカレーショップの名前を何気なく見たら
生き別れたあのカレーショップと同じ名前ではないか!!

外にメニューが出ているのだが、
そのラインナップも、
お客が自由に選べる辛さを度数で表すその表現も
まったく同じではないですか!!

『こんな所に移転していたのか~~~!!!』

と、思わず叫んでしまいました。

僕はそのとき、
失われた空中都市・マチュピチュ遺跡を発見したハイラム・ビンガムか
タクラマカン砂漠で
さまよえる湖ロプノールを発見したスウェン・ヘディンのような
気持ちになりました(笑)。

で、さっそくお昼ご飯はそこのカレーを食べました。
カレーもボリュームがあって美味しいのですけれど、
僕が気に入っていたのは
福神漬のほかに、ピクルス野菜と、酢漬けのタマネギのようなものが
カウンターにおいてあったということで、
それらはいくらでも取って食べていいのです。

僕は特に、この酢漬けのタマネギが大好きで
いつもたくさんとって食べてました。
今日もたくさん食べてしまった。
本当に良かったです。

今日はなんて素晴らしい日でしょう。
今度はサチコネエサンも連れて行きたいです。

5月8日(火)晴れ

今日は原稿を書いて、
週末のライブのリハーサルをしました。

今度の土曜日は
長野県木島平の『みゆきの杜ユースホステル』で
お泊りコンサートです。

今月はライブが3回あるので
良い演奏ができるようにがんばります!!

5月6日(日)晴れのち雷雨

今日は日曜なのでラジオでした。

星のコーナーは
日食の話をしましたよ。

5月21日に
金環日食が神奈川県でも見られますので
ここのところ毎週のように日食の話をしています。

今日は、
歴史上の日食の話をしました。

こんにちでは
天文学的な計算から
西暦何年の何月何日の何時何分に、どの地点で日食が見られる
ということがずっと前から分かります。

それに、日食がどういう仕組みで起こるのかも
学校で習います。

昔はそのような予報も知識も無かったので
(あったとしても一般の人は全く知らなかったので)
ある日突然、
太陽が欠けて辺りが暗くなるのを見た昔の人たちは
ほとんどパニックのようになったはずです。

歴史上には
日食が様々な歴史の展開に影響を与えた事例が
けっこうあるのですね。

日本では、平安時代の末期の
1183年11月17日に
源平合戦のさなかに金環日食が起こったことが知られています。

いまの岡山県倉敷市のあたりで
源氏と平家の合戦があったのですけれど
その日に金環日食が起こりました。

平家側は、その日食が起こることを知っていたそうですが、
源氏側は知らなかったのだそうです。

まるで夜のように暗くなったので、
源氏の兵士たちはパニック状態になり
逃げ出してしまったそうです。
それを見て平家の兵士たちは勢いに乗って攻め進んだそうです。

(実際は金環日食では空は暗くならないので
 古文書のこの表現は疑わしいと言われていますし
 倉敷では金環日食にはならずに部分日食だったという説も有力です)

そしてもう一つ、きょうラジオで紹介した話は
僕がとても好きなエピソードなのですが、

いまから2600年近く昔の
紀元前585年5月28日の皆既日食です。

この日、いまのトルコにある
ハリュス川という川の岸辺で
リディアとメディアという2つの国の軍が対峙し
戦闘が始まりました。

そこに皆既日食が起こりました!!
太陽が真っ黒になり
空は夜のように暗くなり、星も見えたと思います。

スゴイのは、その直後に
リディアとメディアは長年続いていた戦争を終わらせ
講和したということです。

一説には、戦闘中に太陽が『消えて』しまったので
双方が
『こんな恐ろしいことが起こるのは人間が戦争なんかやってるからだ、これは神からの天罰だ!』
と思い込み、もうやめようと思ったとか。
いわゆる
『皆既日食が戦争を終わらせた』といわれている出来事です。

まあ、真相はどうだか分かりませんが
素敵な話だなあとは思います。

こういう、歴史上の事件と天文学との関わりを追究するのを
『古天文学』といいまして
僕も何冊か本を持っているのですが
非常~~~に面白いです。

ということで
また一週間がんばりましょう!!

5月5日(土)快晴

今日はとても天気が良かったです。

ところで
5月21日の金環日食があと2週間ほどにせまってきました。

皆さん日食観察メガネ(日食グラス)はもう買いましたか。
太陽を目で直接見るのは
とても危険なことだとされていますので
必ず専用のフィルターを入手して日食を見ましょう見ましょう。
いろんなところで売っていますので。

日食はいろんな楽しみ方がありますが、
その中のひとつに
『木漏れ日を見る』というのがあります。

大きな木の下の日陰に行き、
木漏れ日が地面に映っているのを見ると
その木漏れ日の一つ一つが
すべて欠けた太陽の形になっている、というものです。

これは
木漏れ日だけでなく、
『小さな穴を通りぬけた光』ならば全てそうなります。

とてもオススメなのが、
『麦わら帽子』です。

↓こんなふうに麦わら帽子をかざすと、
地面にその影ができます。(クリックして大きくして見てね)
02nisshoku07.jpg
その影の中には、
麦わら帽子のすき間を通り抜けた太陽の光が
こもれびのように地面に映るわけですが、

↓このように、その小さい光の全てが欠けた太陽の形になります。
02nisshoku08.jpg
この応用で、
画用紙に、文字や図形の形に小さな穴を開けておいて
それを太陽にかざすと
↓地面には欠けた太陽の像がたくさん映ります。
02nisshoku09.jpg
これは、3年前の皆既日食のときに撮った写真です。

今度の金環日食では
太陽がリングの形になりますので
地面に映る木漏れ日の形も
ぜんぶリングの形になるはずです。

いろいろな手法がありますけれど、
僕はやっぱり
麦わら帽子がいちばんゴージャスだと思います(笑)。

今回も麦わら帽子で
写真を撮ろうと思います。

5月4日(金)雨

せっかくの連休なのに
ここのところ天気が悪いです。

今日も家でキーボードを弾きながら
曲作りをしていました。
きょうはそれほどパッとした進展はありませんでした。

ところで、一昨日の日記に
『祐太が「つかまり立ち」への挑戦を始めた』
というようなことを書きましたが、

その次の日にはもう
つかまり立ちをしました(笑)。

↓これは今日の祐太です。(クリックして大きくして見てね)
blogpic01 293
生後7ヶ月ですが、
この姿を見ると
もはや赤ちゃんというよりは
小さな人間という感じがします。

5日くらい前には歯も生えてきました。
どんどん成長して
昨日できなかったことが
今日できるようになってゆくのを見ていると
日々、奇跡を見ているような気分になってきます。

『昨日からピアノを習い始めたんだけど、もうラフマニノフの協奏曲が弾けるようになったの』

とか、

『先週から趣味でジョギングを始めたんだけど、もう42.195kmを2時間10分で走れるようになったの』

とか、

『先月からちょっとしたハイキングを始めたんだけど、エベレストに登頂してきたよ』

とか言われているくらいの衝撃であります。

が、しかし
誰もがそうやって大人になったのだと思うと
ほんとうに人間というのはスゴイナーと思います。

5月3日(木)大雨のち曇り

今日のお昼ご飯は
スパゲティを作りました。

せんじつ、近所のスーパーで
『賞味期限が近いので半額』と書かれたワゴンの中に
おいしそうなレトルトのパスタソースがたくさんあったので
たくさん買ってきたのです。

僕がいつも買っているものよりも
ちょっと高い
高級なパスタソース(一人ぶん250円くらいするやつ)だったので
これが半額で大量に買えるなんて人生最大のチャンスだと思い、
大喜びで買いました。

先日はキノコのクリームソースを、
きょうはエビのトマトソースというのを食べました。
たいへんおいしかったです!!

それにしても
『賞味期限が近い』といっても
今年の9月まで食べられるのです。

僕の感覚では
賞味期限が迫っているという感じは全くしないのですけれど、
流通業界の事情というのがあるのでしょうねえ。

僕だったら
今年の9月が賞味期限のスパゲティソースが
たとえ50個あったとしても
一人で9月までに食べきる自信があります(笑)。

そんな話はいいとして
皆さま楽しい連休をお過ごし下さい。

5月2日(水)大雨

昨日つくっていた歌ですが、
おかげさまで今日の未明に完成しました。

ゴールデンウィークに
2曲(詞も曲も)できたので
良かったなーと思います。
これは僕としましては素晴らしいペースです。

ここ数日は『創作モード』になっているので
まだドンドン作れそうな気がします。
気がするだけですけど。

ところで先日、
ウチのすぐ近所のお宅で赤ちゃんが生まれました。
男の子だそうです。

うちの祐太とは将来的には同じ学年になるわけですが、

9月生まれで現在生後7ヶ月の祐太と
3月に生まれたばかりのその赤ちゃんでは
体格や大きさがまったく違います。
生まれたばかりのときの祐太を見ているのに
半年の差ってこんなに違うものかと驚愕しました。

改めて祐太を見ると
足がとても立派になっていて
『赤ちゃん』というようりも、もう『子ども』という感じの
体型に近くなっています。

昨日や今日あたりから
『つかまり立ち』みたいなことをするようになってます。
高さ20センチくらいの台のようなものがあると、
そこに手をかけて
立ち上がろうとします。

まだできそうもない感じなのですが
本人はいっしょうけんめい
何度も何度もチャレンジしてひっくり返っています。

誰からも教えられていないのに
懸命に立ち上がろうとする姿を見ていると
生き物というのはほんとうにスゴイナーと思います(笑)。

ということで
あしたもがんばりましょう!!

5月1日(火)曇り

↓これは、きょうのお昼に食べた
カップラーメンです。(クリックして大きくして見てね)
blogpic01 291
最近はいろいろなカップラーメンがあって、
いわゆるご当地ラーメンのもありますが

これは千葉県の富津市のラーメンだそうです。

近所のスーパーで見かけて
おいしそうだなあと直感して買ってきたのですけれど
予想通り(笑)きわめて美味しかったです!!
近ごろのカップラーメンは素晴らしいなあ。

しょうゆ味で、
スープには微塵切りのタマネギがたくさん浮いています。
具も豪華で、レトルトのパックの中に
大きなバラ肉と立派なメンマが入っています。

また見かけたら買いたいです~。

ということで
今日はサチコネエサンと祐太が買い物に出かけていたので
部屋で一人で曲作りをしていました。
良い曲想が浮かびました。
あしたまた続きを作りたいと思います。