6月29日(土)晴れ

きわめて身近な知人が
昨日、トルコ旅行から帰ってきまして
オミヤゲをいただきました。

エフェソス遺跡で買ったという
日本語の解説本をいただきました。
今夜ゆっくり読もうと思います。

行ってみたい国はたくさんありますが、
トルコはその最たる国です。
僕は歴史がとても好きなので
訪れてみたい遺跡がたくさんあります。

人間が銅を使っていた時代に
人類史上初めて『鉄』という素材で道具や武器を作った
ヒッタイト王国という国がいまのトルコ中部の高原にあったのですが、
その都だったハットゥシャという遺跡に
とくに行ってみたいです。

イスタンブールも行ってみたいな。
ヨーロッパとアジアが対面している
ボスポラス海峡をこの目で見たいです。

トルコという国は
旅行会社のパックツアーで行くととても安いです。

大手旅行会社などでは
10日間くらいのツアーで、
ホテルや航空券や観光や食事などもぜんぶついて
99,800円とかのツアーがありますね(季節にもよりますが)。
スポンサーサイト

6月28日(金)晴れ

今日も天気がよかったです。

今日は『実家の自宅スタジオ』に行って
音楽制作をしていました。
サチコネエサンはいま産休なのですが
僕はボチボチ自分のできることをやっております。

ということで
皆さま楽しい週末をお過ごしください!!

6月27日(木)晴れ

今日はとても天気がよかったです。

↓これは今日の平塚の夕暮れです。(クリックして大きくして見てね)
102.jpg
今日も祐太を連れて散歩に行きました。
最近は近所の公園→川沿いの道→お肉屋さん→バス停→帰宅
というルートが定番です。

おかげさまで祐太は1歳9ヶ月になり、
公園に行くと
滑り台で遊んだり、鉄棒で遊んだり(ぶら下がるだけですが)、
ウンテイで遊んだり(いちばん低い段によじ登るだけですが)、
サッカーをやったり(これはけっこうサマになってます)しています。

午後2時過ぎくらいまでは
1歳児や2歳児くらいの子とそのお母さんがチラホラいるだけなのですが、
3時くらいから小学生が20人くらいやってきます。
小学生の中には祐太と遊んでくれる子もいて
親としては嬉しく思います。
僕も何人かの小学生と友達(?)になりました。

祐太と同じくらいの年齢の子たちや
そのお母さんたちとも知り合いになりました。
こういうのを公園デビューというのかな??

いつも同じルートを歩いていますが
毎回いろいろな出来事があります。

今日は、夕方に川沿いの道を歩いていたら
制服を着た高校生のカップルがいました。

川辺には
土手から川面まで
コンクリートの階段になっている所があるのですけれど
彼らはいちばん下のところに座って
健全かつ大胆に、二人の世界を作っていたわけです。

僕は『ワアオ!青春万歳!』と思いまして
祐太に向かって
『あ、お姉ちゃんとお兄ちゃんがお話してるねえ、
 こういうときは邪魔をしちゃいけないんだぞ、
 さあ、あっちへ行こう』
と言って歩き始めたのですけれど、

数秒後に気が付くと
彼らのほうに向かって祐太が階段を下りて行っていました。

で、僕は
『こら、こら、そっちへ行くな!
 邪魔しちゃだめだぞう!』と言うと
まず男子クンのほうが気が付いてこっちを見て
きまりの悪そうな顔をしました。

祐太はどんどん彼らに近づいていって
さいきん喋れるようになった
『葉っぱ!』『川!』『サッカー!』という言葉を乱発しています。

すると女子サンのほうも気が付いて
こっちを向いて笑っちゃっているわけです。

『葉っぱ!』『川!』『サッカー!』
と言い続けている祐太を抱えて急いで土手まで戻りまして
『お姉ちゃんたちの大事な場面が台無しだぞ。早く行こう』と言いました。
ほんとうに彼らには悪いことをしたなあと思います。

6月26日(水)雨

今日は、お仕事の打ち合わせがあり
電車に乗って東京に行ってまいりました。

お仕事の打ち合わせは午後だったので、
そのあと神宮球場に行って
スワローズvsベイスターズのプロ野球観戦をする予定だったのですけれど
雨天中止になってしまいました。

野球観戦は、
知り合いから
『チケットがあるから来ていいよ』と
お誘いいただいていました。

けっこう本気で楽しみにしていたので(笑)、
雨天中止はとっても残念です!!

が、しかし今日はとても良い日でした。
サチコネエサンの高校時代からのお友達が
きょう女の子を出産しました。
僕も祐太も家族ぐるみで親しくさせて頂いてますので
みんなで喜んでいます。

ネエサンは明日産院に赤ちゃんを見に行くそうです。
まことにおめでとうございます。

6月25日(火)曇り

今日は、家族で地元の平塚八幡宮に行って
サチコネエサンの戌の日(安産祈願)のお参りをしてきました。

神主さんに祈祷をして頂きまして
良かったであります。
おかげさまでサチコネエサンは安定期に入りました。

ところで昨日、
富士山ビューのお気に入りスポットが2つあって
一か所は『足柄峠』だという話を書きましたが、

もうひとつは
山梨県側の『足和田山』という山です。
一説には『富士山にもっとも近い山』などと言われます。
ここからは富士山をほぼ真南に見る感じになります。
富士五湖の河口湖や西湖よりも富士山に近いところにそびえている山です。

ここから見ると、正面に
富士山がドドーンと見えます。
そしてその手前に『青木が原樹海』が
緑のじゅうたんのように一面に広がっているのが見えます。

ここから見る富士山は
ほんとうに、真の絶景だと思います。
高校生の時にワンダーフォーゲル(登山)部の仲間と登ったのですけれど
ほんとうに感動しました。

けっこう簡単に登れる山なので
祐太が5歳くらいになったら一緒に登れるかな??

6月24日(月)曇り

富士山が世界遺産になりましたので、
昨日のラジオの生放送では
富士山の話をしました。

富士山が美しく見える場所、というと
いま話題の三保の松原のほかにも星の数ほどあって、
多くの人が、それぞれ自分のお気に入りのスポットを持っていると思います。

僕のお気に入りは2つあって、
一つは『足柄峠(あしがらとうげ)』です。

足柄峠は、神奈川県と静岡県の県境にある
地味な峠です。
行ってもちょっとした公園があるだけなのですが、
富士山がすぐ近くに見えて、素晴らしい眺めです。

ウチからは車で1時間強くらいなので
免許を取り立ての学生の頃に
暇さえあれば通っていました(笑)。
最近は全く行っていないです。

ちょうど富士山が真西の方角に見えるので、
夕暮れの時間帯に行くと、本当に凄いショーが見られます。
太陽が富士山の向こうに沈んで、そのあと
真っ赤な空、そして刻々と色を変えてゆく残照をバックに
富士山の巨大なシルエットが浮かび上がります。

アクアマリンの
『サンセット・シンフォニー』という歌は
この足柄峠の夕暮れをイメージして作りました
(北海道の利尻島で見た夕焼けもちょっと入ってますが)。

歌詞の出だしに
『太陽が大地をたたく光が合図…』というフレーズがあるのですけれど

『太陽が大地をたたく』という表現は
この足柄峠の感動的な日没を見ていなかったら
思い浮かばなかったと思います。

長くなってしまったので
もう1か所は明日書きたいと思います。

6月23日(日)晴れ

今日は日曜なので、ラジオでした。

星のコーナーは
かんむり座の話をしましたよ。

ところで今日は
たいへん楽しい体験をしました。

サチコネエサンのお友達が、
『ブラジル人の人たちのバーベキューに誘われているんだけど
 一緒に行くかいね。みんなポルトガル語を話すよ』
と誘ってくれたので、参加してきました。

僕が住んでいる
神奈川県の平塚市というところは
南米やアジアから日本に働きに来ている人がとても多くて
特にブラジルの人が非常に多いのです。

僕は2年近く前からポルトガル語を習っていますが、
教室でサンドラ先生と話すだけで
じっさいに、いろいろなブラジル人の人たちと
ポルトガル語で話したことはありませんでした。

ですので、バーベキュー会場の川原に着くまで
『いよいよ実践のチャンスが来たか』という期待と
『まったく話せなかったらどうしよう』という不安が
混ざったような気持ちでした。

最初は緊張しましたが
みんな気さくな人たちだったので
いろんな人といろんな話をすることができました。

みんな日本で5年とか10年とか20年とか生活しているので
日本語も話せるのですが
僕がポルトガル語を話す機会を求めて来たのだと知ると
ポルトガル語で話してくれました。

『僕の夢は、いつか1ヶ月くらいかけて
 ブラジルを旅することです。
 自分でポルトガル語を話しながら、バスの切符を買ったり
 宿を探したり、安い食堂を見つけて食事をするような旅がしたいです。
 リオデジャネイロやサンパウロだけでなく、
 アマゾンやレンソイスやサルバドールにも行ってみたいです。』
と言ったら、いろいろとオススメの場所を教えてくれました。

4時間くらいいたので、
いろんな人と、ほんとうにたくさん会話ができました。

言われたことが聞き取れなかったり、
言いたいことが言えなかったりと
もどかしく情けない気持ちになることもありましたけれど
大まかには聞いたり喋ったりできましたので
素晴らしい体験でした。

6月22日(土)晴れ

今日はとても天気が良くて
その割には気温も高くなくて爽やかでした。

ところで
富士山が世界遺産に決まったそうで
まことにおめでとうございます。

で、そのニュースを見ながら
サチコネエサンが
『おお、ウチは世界遺産ビューの家になったのか』
と言ったので
なるほどなーと思いました。

家の窓を開ければ世界遺産が見えるなんて
なかなか幸せなことかもしれませんねえ。

子供のころから毎日のように富士山を眺めて生きてきましたが、
富士山に登ったことは一度も無いです。
子どもの頃に、
5合目からちょっとだけ歩いて
6合目まで登ったことはあります(笑)。

6月21日(金)雨

今日は夏至なので、ウチの入籍記念日でした。

結婚式をやったのは2006年の12月ですが、
平塚市役所に行って婚姻届を出したのは翌年の夏至の日でした。
(その間は、新婚旅行と称して
 南米やアフリカやヨーロッパを半年間さまよっていたわけです)

ということで今日の晩ご飯は
近所の中華料理屋さんに行ってきました。
マーボー豆腐がとってもおいしかったです。

麻婆豆腐というのは
中華料理の中ではいちばん安いメニューの一つですが
ぼくは麻婆豆腐が中華料理のなかで一番好きです。
ですので、ファミリーレストランのバーミヤンに行ったときも
麻婆豆腐のセットを食べます。

6月19日(木)雨

今日はポルトガル教室の日でした。

きょうは、日本のユニークな文化のひとつ
『旧国名』の話になりました。

サンドラ先生が
『サガミって何?』とおっしゃるので、
『相模(さがみ)というのは、神奈川県のこの辺りの昔の呼び方です。
 この平塚市も相模の国ですよ。』
と答えました。

すると先生が
『なんで2種類の名前があるの』
というので、

『ノ・ジャポン・カダ・エスタド・テン・オノーミ・アンチーゴ、
 エ・ウザモス・イッソス・フレクエンテメンテ。
 (日本の全ての都道府県は、こんにち使われている県名とは別に
  古い時代の昔の国名というのがあって、現代でも頻繁に使われます)』
と答えました。

ところがサンドラ先生はよく分からないという顔をして
『それは不思議ね。ブラジルにはそういうのは無いわね。
 なんで2種類あるの。それにどうして古い名前を今も使うの。』
と言いました。

それを聞いて僕は
う~ん確かにどうして古い名前を今も使うのだろうか、
21世紀の最先端のスカイツリーの高さを
旧国名の『武蔵』にちなんで634mにするなんていう発想は
不思議といえば不思議だ、と思いました。

で、何か答えなくてはと思い
『旧国名は単なる地名ではなくて、
 歴史や伝統や地域文化を感じられる独特の風情があるのです。
 たとえば『長野県』という名前は単なる行政区画ですが、
 『信濃』や『信州』という名前を聞くと
 僕たちは美しい山々の風景や、名物の食べ物や、歴史的な町並みなんかを
 イメージするのです。
 これはきっと日本人が共有しているイメージで、
 だからこそ観光産業や農業などで地域性を強調したい時には
 あえて都道府県名ではなく旧国名を前面に出すケースが多いです』
と言っておきました~。

まあ、このくらい長い文章になると
後半は日本語がかなり混ざってくるんですけどね(笑)。

英語で外国の人と話すときもそうなのですが、
日本語の『風情(ふぜい)』っていう言葉は
どういうふうに説明したらいいんだろうかと、いつも思います。
僕はいつも、『アチモスフェーラ(雰囲気)』という言葉を使っていますが。
もっと良い言葉があるような気がします。

6月19日(水)曇りのち雨

せんじつ、近所に牛丼屋さんができたので
昨日の晩ご飯は
その牛丼屋さんでテイクアウトしてきて食べました。

サチコネエサンは鶏そぼろ丼とサラダで、
祐太は『お子様カレーすきすきセット』でした。
お子様ジュースや、おまけのオモチャがついてきました。

僕は、大根おろしが乗った牛丼を食べました。
牛丼の上に、
ポン酢のかかった大根おろしが乗っていて
とってもおいしかったです!!
また食べたいなーー。

先日、演奏で福井県に行ったときに
名物の越前ソバを頂いたのですけれど、
越前ソバにも大根おろしがたくさん乗っていて
とてもおいしかったです。

越前ソバの大根おろしは
敢えてすごく辛い大根でつくるそうで
サチコネエサンは
『辛い、辛い』といいながら食べていました。

僕は、大根おろしは辛いほうが好きなので
とても幸せでした。

それで思ったのですけれど
世界中に辛い料理はたくさんあるけれど
そのほとんどはトウガラシを使ったもので
大根で辛味をフィーチャーしている料理って
そんなにポピュラーではないのではないでしょうか。

だとすると
大根おろしというのは
世界的にみてもけっこうユニークな食文化なのかもしれません。

それに、大根おろしとポン酢っていう組み合わせは
地球上の食文化でも最高クラスじゃあないかと思います。
宇宙人が来たらぜひ食べさせてあげたいですねえ。

6月18日(火)晴れ

今日も暑かったです。

昨日から使っている新しいパソコンですが、
だんだん慣れてきました。

メールの画面が
今まで使っていたパソコンのとは全然変わってしまったので
とっても使いにくかったのですけれど、

いろいろと設定を変えられるところがあって
今までと同じような画面に変えられました!
良かったヨカッタです。

6月17日(月)晴れ

祐太がパソコンを破壊してしまったので、
この5日間ほど
メールの送受信もできないし、
ブログの更新もできませんでした。

で、新しいパソコンを買いまして(中古ですが)
いままで使っていたパソコンに入っていたデータを
新しいパソコンに移してもらい、
やっと復活いたしました~。

祐太が壊したのは液晶の画面だけだったので
中身のデータなどはぜんぶ無事だったのです。

いままではOSがウィンドウズの「XP」でしたが
今日から「セブン」というのになりました。
慣れないのですごく違和感があります!!
とくにメールの画面が今までとぜんぜん違うので
すごーく戸惑っています。

これから数日はたいへんそうですが
がんばって復旧したいと思いますー。

6月10日(月)曇り

今日は、クルマ屋さんに行って
アクアマリン機材車のエンジンオイルの交換をしてもらいました。
5000km走るごとに交換しろと言われているので
ちゃんと守っております。

ところで
先日の本田さんの感動的なPKをテレビ中継で見て以来、
祐太が『ボールを蹴る』ということを覚えたので
今日も家の前でサッカーをやりました。

赤ん坊だった祐太も
最近は『男の子』という感じになってきて
月日が経つのは早いナーと思います。

6月9日(日)晴れ

今日は日曜なのでラジオでした。

星のコーナーは
うしかい座の話をしましたよ。

ということで
また一週間がんばりましょう!!

6月8日(土)晴れ

今日も素晴らしい晴天でした。

きょうも祐太と散歩に行きました。
いつもは1時間半くらいで満足して帰るのですけれど、
今日は4時間も付き合わされました~。

↓これはバス停のところに咲いていたネジバナです。(クリックして大きくして見てね)
s_06ne.jpg
↓これは川辺に咲いていたツユクサです。
s_06tu.jpg
散歩の途中にはいろいろなものと遭遇するので
祐太にいちいち名前をくりかえし教えています。

僕としましては
鳥や花を中心に解説しているのですが、
祐太が好きなのは
クルマやバイクや軽トラックや新幹線や飛行機やヘリコプターとかです。

今日は土曜日なので
公園や川辺でいろんな人と出会いました。

ということで
明日は用事があって
電車に乗って東京に行ってまいりますよ。

6月7日(金)晴れ

先日、福井の北の庄城に行った話を書きましたが、
そこに柴田神社という神社があって
『安産祈願』と書いてあったのでお参りしました。

おみくじがあったので100円払って引きましたら、
僕は『吉』で、サチコネエサンは『末吉』がでました。
『お産』の項目には、『よろし安心すべし』とあったので
期待したいと思います。

ということで
皆さま楽しい週末をお過ごし下さい!!

6月6日(木)曇り

今日はポルトガル教室の日でした。

サンドラ先生に
『日本は、来年ブラジルで行われる
 ワールドカップに行けることになったんですよ』
と言ったら、

『私もテレビで最後のPKを見たわよ。
 本田サン素晴らしかったわね』
と言っていました。

サンドラ先生の母国のブラジルの人たちは
ワールドカップで『優勝』するのかどうかが関心事であって、
『出場』できるかどうかを問題にする人なんていないそうです。
(今回は開催国なので自動的に出場できますが)

先生が、
『日本がワールドカップに出られることになったので
 さっそく昨日、テレビでブラジルを紹介する番組をやってたわね』
と言うので

『今年から来年にかけては
 日本ではブラジルが話題になることが多くなると思います。
 ポルトガル語に興味を持つ人も増えると思いますよ』
と言っておきました~。

6月5日(水)晴れ

今日も、先日行った福井の写真を載せます。

昨日は東尋坊の写真を載せましたが、
東尋坊に行く前に福井駅に行きました。

福井駅に行った目的は
『北の庄』という史跡を訪れたかったからです。

北の庄へは駅から歩いてもすぐなのですけれど、
駅前に観光案内所があり、
↓『レンタサイクル無料』と書いてあったので
自転車を借りて行くことにしました。(クリックして大きくして見てね)
s_fukui1306 064
『北の庄』とはどういう史跡かというと
戦国武将の柴田勝家と、
その妻であったお市さん、
そしてその娘たちである『浅井三姉妹』が住んでいた所です。

↓ここには立派なお城がたっていたそうで、
復元されたミニチュアの小さなお城があります。
s_fukui1306 032
戦国時代という時代は
様々な人物のドラマティックな人生やエピソードにあふれていますが、

その中でも、この
お市さんと3人の娘の人生は特にドラマティックで
今日までさまざまな小説や演劇や映画やテレビドラマの
題材となってきました。

北の庄には
↓5人の銅像がたっていました。
s_fukui1306 044
中央が3姉妹『茶々さん、初さん、お江さん』で
左端がその母親のお市さんで、
右端が柴田勝家さんです。

お市さんは、あの織田信長の妹で
ものすごい美人だったそうです。
最初、戦国大名の浅井長政と結婚して
この三姉妹を産みました。

その後、浅井長政が亡くなって未亡人になったので
柴田勝家と再婚し
この福井でみんなで暮らしていたのです。

織田信長が本能寺の変で死んだ後、
その家臣であった豊臣秀吉と柴田勝家が
『賤ヶ岳の戦い』で対決して
柴田勝家は、負けます。

この北の庄に追い詰められた柴田勝家は
腹を切って自害するわけですが、
その時に
奥さんであるお市さんと3姉妹を逃がそうとします。

ところがお市さんは
『私もあなたと一緒に死にます』と言って
ここで壮絶な死を遂げるのです。

3姉妹は豊臣秀吉に引き渡されます。
その時に、柴田勝家は
『この3姉妹は私の子ではありません。
 織田信長さまの妹君と
 浅井長政の間に生まれた子であります。
 どうか丁重に扱ってください』と伝言をし
秀吉もそれを受け入れます。

秀吉にとっては、この3姉妹は
大恩人(織田信長)の姪っ子たちなわけです。

この3姉妹は後にそれぞれスゴイ名家に嫁ぎます。

長女の茶々さんは豊臣秀吉と結婚して息子の秀頼を産みます。
次女の初さんは京極家にお嫁に行きます。
三女のお江さんは
徳川家康の息子である2代目将軍・秀忠と結婚して、3代将軍・家光の母となります。

そして、それぞれが
戦国時代の終焉から江戸時代の始まりにかけての激動の時代の中で
極めて大きな役割を演じてゆくのです。

この史跡は
駅のすぐ近くのビルの谷間の一角に
ひっそりと整備された小さな公園のようになっています。

福井に行く機会があったら
ぜひとも訪れたいと思っていたので
行けて本当に良かったです。

6月4日(火)晴れ

今日は、昨日まで行っていた福井の写真を載せます。

↓これは、土曜日と日曜日にコンサートを行った
福井県児童科学館のプラネタリウムです。(クリックして大きくして見てね)
fukui1306 024
ステージに楽器をセッティングしたところです。
曲調に合わせて、満天の星空や天の川や流れ星やCG動画など
カッコいい演出をやっていただきました。

昨日は帰りに福井県の名所に寄りました。
↓これは、東尋坊(とうじんぼう)という景勝地です。
s_fukui1306 077
荒々しい断崖が続いています。
僕は、20年くらい前に一度ここに来たことがあるのですが
サチコネエサンは福井県に来ること自体が今回初めてだそうです。

↓この日は天気が良くて、日本海がとても美しく見えました。
s_fukui1306 087
東尋坊の断崖の岩は
↓まるで柱をたくさん束ねたような構造をしています。
s_fukui1306 082
これは『柱状節理(ちゅうじょうせつり)』といって
火山岩が急激に冷えたときにできる構造です。

東尋坊の崖のまわりには
ニワゼキショウ(庭石菖)という花が咲き乱れていて
とてもきれいでした。
s_fukui1306 071
僕はこの花がとても好きです。
ウチの近所の川辺にもたくさん咲いています。

淡い青紫色のすご~~く小さな花で、
均整のとれた美しい星型の形をしています。
その美しい色や姿が
ちょうどこの時期に南の空に昇って輝いている
スピカという乙女座の1等星に似ている感じがするので
僕は『スピカの花』と勝手に呼んでいます(笑)。
これはなかなか、良いニックネームなんじゃないかなーと思います(自画自賛)。

東尋坊を見ていたらちょうどお昼過ぎになったので
ここでお昼を食べました。

↓これは、サチコネエサンが食べたカニ丼です。
fukui1306 096
↓これは僕がいただいたお刺身定食です。
fukui1306 097
そして、東尋坊名物の『鯖へしこ』というのも食べました。
fukui1306 098
サバを麹につけて作った保存食だそうで、
焼いて出してくれます。

僕にはちょっと塩辛い感じがしましたが、
白いご飯と一緒に食べたり、
日本酒のオツマミとかで食べたら最高だと思います。
サチコネエサンは非常においしいといって
たくさん食べていました。

どれも本当においしくて感動的でした~!!

6月3日(月)晴れ

お陰さまで、福井から無事に帰宅しました。

きょうは朝10時にホテルを出発して
2か所ほど観光してから
高速道路を走って帰ってきました。

いろいろと写真も撮ってきたので
また明日以降に載せたいと思います。

6月2日(日)晴れ

今日は、福井県児童科学館でのプラネタリウムコンサートの
2日目でした。

お越しいただいたお客さま、
館の職員の皆さま
ほんとうにありがとうございました。

プラネタリウムの機械を駆使して
曲にあわせていろいろとカッコいい演出をしていただきまして
僕たちもとても楽しく演奏させていただきました。

きょうも福井市内のホテルに泊まっていますよ。
いま大浴場に入ってきました。

福井の名物もいろいろ食べています。
今日のお昼ご飯は『越前そば』を食べました。

いつもよく食べている長野県の信州ソバとはだいぶ様子が違って
太くてコシのあるおソバに
大根おろしがたくさん乗っているのです。
大根おろしはとっても辛くて
ひじょうに美味しかったです。

晩ご飯には
福井名物のソースカツ丼を食べました。
こちらもほんとうにおいしかったですー。

無事に2日公演のコンサートが終わったので
明日はちょっとだけ福井の名所に寄ってから
高速道路を走って神奈川まで帰ります。

6月1日(土)曇り

今日は、福井県児童科学館でのプラネタリウムコンサートの
1日目の公演でした。

お越しいただいたお客さま
館の職員の皆さま
ほんとうにありがとうございました。

明日も2日目の公演ですので
良い演奏ができるようにがんばります。

ところで
今回の福井でのコンサートは
2日公演で、前日にリハーサルもありましたので
福井には3泊4日の日程で来ております。

泊まっているのは
福井市内の国道8号線沿いのホテルです。
部屋にもユニットバスがありますが
大浴場もあるので
毎晩入りに行ってます。

ウチでは毎日、狭いお風呂に入っているので
(しかも祐太と一緒なので)
広~~いお風呂に入って手足を伸ばすと
ほんとうに気分が良くて疲れもとれます。

そうそう、
今日の晩ご飯は
プラネタリウムの職員の方に教えていただいた
お魚の美味しいお店に
サチコネエサンと二人で行って食べました。

日本海の美味しいお魚を
おなか一杯食べました。
お刺身も焼き魚もほんとうにおいしかったので
とても幸せな気分です。

ということで
明日もがんばりましょう!!