7月31日(水)晴れ

今日、祐太と近所の公園に散歩に行ったら
小学生たちがセミを取っていました。

とてもセミに詳しい子たちで
地面を指さして『これはセミの幼虫が出た穴だ』とか
いろいろと教えてくれました。

無数のセミの鳴き声が響いている木の下で、彼らが
『ほとんどアブラゼミとミンミンゼミの声だが
 ヒグラシが1匹だけ混ざっている!』と言うので
僕も一生けんめい耳を澄ましてみたところ

本当に
ジージーとミンミンの大合唱のなかに
ヒグラシの声が混ざっているような気がして
スゴイナーと思いました。

で、彼らがついにセミをつかまえまして
祐太にも触らせてくれました。

この公園に集まっている小学生たちは
けっこう祐太の相手をしてくれるので
親としましては本当にありがたく思っています。
小学生くらいになると
僕なんかよりもいろいろなことを良く知っていて
いろいろと教えてくれる子も多いのですよ。

↓これは、川沿いを散歩する今日の祐太です。(クリックして大きくして見てね)
s_005.jpg
引っ張っているパトカーは
せんじつの平塚の七夕まつりで買った(買わされた)ものです。

七夕まつりの屋台で売られているオモチャって
毎年流行があるのですけれど、
今年はこのような
パトカーやキリンの形の風船に車輪がついているものが多くて
おおぜいの子どもが引きながら歩いていました~。
スポンサーサイト

7月30日(火)晴れ

今日も、週末の『原村星まつり』の準備をしてました。

ところで、最近は
11月に生まれる予定の赤ちゃんの名前を考えているのですが
これがなかなか大変です。

祐太のときは、
妊娠中に男の子だと分かったときに
僕は思うところあって
『ユウタ』っていう名前がいいなと思いました。

サチコネエサンは
『ユウ』っていう音で始まる名前がいいなと言ったので、
じゃあ『ユウタ』にしようじゃないですかと
比較的スンナリ決まりました。

僕は字画とかはまったく気にしないのですが、
サチコネエサンはとても気にするので
『祐太』という漢字は
ネエサンがいろいろと調べて決めました。

字画による運勢というのは非常に複雑で
名前そのものだけではなく
姓も含めたフルネームの漢字がすべて関わってきます。
考え出すと超難問のパズルを解いているような気分になってきて
気をつけないと当初の素朴な想いを忘れて
『運勢の良い漢字』を見つけることが目的化していくような感じになったりして…(笑)。

ということで
いろいろと名前を考えているのですけれど、

僕としましては
祐太のときに自分の案を採用してもらったので
こんどはある程度
ネエサンに考えてもらったらいいんじゃないかと思います。
で、ドンドン案を出して下さいよと言ってます。
僕も良さそうな名前が思い浮かぶと紙に書いています。
なにか良いヒラメキがあるといいなと思います。

7月29日(月)曇り時々雨

今日はギターの弦を新しいのに張り替えました。

今度の週末に行われる
長野県の『原村星まつり』では、
サチコネエサンは産休なので
僕一人で演奏します。

金曜日(8月2日)は16時からで、
土曜日(8月3日)は16時からと23時からの2ステージを
やらせていただく予定です。

良い演奏ができるようにがんばりたいと思います。
今月はけっこうたくさんギターと歌の練習をしました。

ステージで演奏する時間以外も
会場にお店をだしてCD販売してますので、
星まつりにお越しになる方は
ぜひ声をかけていただけると嬉しいです~。

7月28日(日)曇り

今日は日曜なのでラジオでした。

星のコーナーは
へびつかい座の話をしましたよ。

ところで最近、
1歳10ヶ月になった祐太が数字を覚えまして
『5』とか『8』とかを見ると
『ゴ!』、『ハチ!』とか言うようになったので

何か良い教材?があったら買おうと思って
きょう本屋さんに行きました。

本屋さんに行くと
ボタンを押すと声や音が出る絵本がたくさん売られているので
そういう感じの数字の絵本がないかと思って探したのですけれど
きょうは見つかりませんでした。

ということで
また一週間がんばりましょう!!

7月27日(土)晴れのち雷雨

先日のこの日記で
友人がクロアチアに旅行したという話を書いたのですが

クロアチアっていう国名は
英語だと
『クロエイシャ』っていう発音になるのですね。
これは知らないと
聴いてすぐに理解するのは難しいです。

いまから9年前に
僕は1ヶ月ほどオーストラリアを
一人でレンタカーを借りて旅行したことがあるのですけれど、

その時に、
オーストラリア大陸の南縁に沿って走る
大陸横断道路の真ん中の
人間の気配がまったくしない
カンガルーしかいないような砂漠の真ん中で
人間に会いました(笑)。

長さ1200kmくらいの
まっすぐな道路が砂漠を走っていて
その間は町が一つもなくて
100kmごとに小さなモーテルがあるだけなんだよ。
そういう所に泊まりながら旅するわけです。

そういうところで旅行者どうしが出会うと
どちらからともなく必然的に会話をします。

出会ったのは30歳くらいの男の人でしたが
旅行者であることはすぐに分かったので
『どこの国から来たのですか?』
と聴くと、彼は

『クロエイシャ』と言いました。

僕は一瞬、
クロエイシャってどこ???
と思いましたが

頭のなかで一生懸命
クロエイシャという音から
アルファベットのつづりを考えました。

クロはたぶん『Cro』で、エイは『a』かな…
と頭をフル回転させていたら
『クロアチアかあ!!!』と思い当たりまして

『東ヨーロッパのクロエイシャですか???』と聞き返したら
彼は『そうだ』と答えました。

それ以来、
クロアチアは英語ではクロエイシャというのだと覚えました(笑)。
最後の『tia』を
『チア』とか『ティア』ではなく『シャ』と発音するのがポイントですね。

いつもながらどうでもいい話で失礼しました~。

7月25日(木)曇り

今日はポルトガル語教室の日でした。

きょうは
小学校や中学校で
どんな授業があるのかという話になったのですが、

歴史の授業の話は興味深かったです。

ブラジルでは、
自国の歴史というと
西暦1500年の『ブラジル発見』から始まるので
500年ぶんくらいの歴史なのだそうです。

もちろん
ヨーロッパ人による『ブラジル発見』以前にも
南米にはインディオの人たちが太古から住んでいたわけですから
『ブラジル発見』以前の人々の歴史や文化も少しは学ぶそうです。

でもやはり、普通に『ブラジルの歴史』といえば
西暦1500年以後のことなのだそうです。

僕は思わず、
『ブラジルの小学生や中学生はラクでいいですねえ。
 日本の小学生や中学生は
 1800年とか2000年ぶんの歴史を覚えないといけないので
 タイヘンなのですよ』
と言ってしまいました。

そうしたらサンドラ先生が
『なるほど、それで日本の人たちは
 自分の国の歴史をあまり知らないのね』
とノタマウので
いつもながらなかなかキツイ切り返しをしてくるなーと思いました(笑)。

7月25日(水)雨

今日はファミリーレストランで
友人とお昼ご飯を食べました。

せんじつクロアチアに旅行に行ったそうで
たいへん美しい風景写真を
いろいろと見せてもらいました。

クロアチアとかも
いつか行ってみたいですねえ。

7月23日(火)曇り時々雨

今日も暑かったです。

ところで、ここのところ
日没後の西の空に金星が見えるようになってきました。
日に日に高度を上げてきていているので
最近はわりと簡単に日常的に見えるようになってます。

日が沈んだ後に
金星が、一番星としてビカビカっと見えるのは
なんだか気分がいいですねえ。
『宵の明星』っていう言葉がピッタリです。

アクアマリンの楽曲のなかにも
金星が出てくる歌は多いです。

『金星~Venus~』という歌がありますし、
『いちばんぼしここにいるよ』もそうです。
『イオス(曙光)』という歌の歌詞にも金星が出てきますが
あの曲は夜明けの風景を歌ったものなので、金星は『明けの明星』です。

昨年作って、既にライブでも演奏している
『鳥の歌』という歌(次のCDに収録予定)の出だしも
『♪遠くで一つ光る金星が 揺れる川面に映ってる』
という歌詞で始まります。

そう考えると
アクアマリンはだいぶ金星にお世話になっていますねえ。
金星にお中元を贈らないといけないかな??
ありがとうございます。

7月22日(月)曇り

今日は美容院に行って
髪を切ってもらいました。

だいぶバッサリと切ってもらったので
すごーく軽くなって
前が良く見えるようになりました。

そして、美容院に行く前には
クルマ屋さんに行って
アクアマリン機材車の
年に一度の点検をやってもらいました。

タイヤの空気圧も調整してもらって
エンジンのなんとかフィルターというのを
新しいのに交換してもらいました。

来月は、長野の『原村星まつり』と
新潟の『胎内星まつり』にいきますからね。
この夏も安全運転で行きたいと思います。

7月21日(日)晴れ

今日は日曜なのでラジオでした。

星のコーナーは
さそり座の話をしましたよ。

サソリ座っていうのは
夏の代表的な星座であります。

夏の南の空で
15個くらいの明るい星が
『S』字を寝かせたような形に並んでいます。

『S』は
英語の『夏(Summer)』、方角の『南(South)』の頭文字であり
さらには『サソリ(Scorpio)』の頭文字でもありますので、

サソリ座は『Sの字』なんだと覚えておけば
星の並びの形や、見える季節や、
見える方角や、英語でなんと言うのかを
一度にまとめて覚えられます。

ということで
また一週間がんばりましょう!!

7月20日(土)晴れ

今夜も気温が低めで
とても過ごしやすいです。
毎日こんなだったらエアコンも要らないですねえ。

ところで先日、
サチコネエサンのお腹の中にいる子の性別が分かったので
そろそろ名前を考えないといけませんです。

出産予定日は11月なので
じっくり良い名前を考えたいと思います。

7月19日(金)晴れ

今日も暑かったですが、
先週の凄まじい暑さに比べるとだいぶマシです。
今夜もグッスリ寝られそうであります。

ということで
明日もがんばりましょう!!

7月18日(木)晴れ

今日は、地元の茅ヶ崎で行われた
『マミー・コール』という合唱団のコンサートに行ってきました。

マミー・コールは
茅ヶ崎市立梅田小学校の保護者の方たちの合唱団です。
今日のコンサートでは
『明日の空へ』『地球星歌』『いつかこの海をこえて』を
歌って下さいました。

大人の合唱団なので
楽譜の隅々まで、丁寧に作り上げられた演奏で
素晴らしい合唱でした。
ありがとうございます。

7月17日(水)曇りのち雨

今日は、きのうまで3泊4日で行っていた伊豆の写真を載せます。

↓これは南伊豆の海です。(クリックして大きくして見てね)
s_032.jpg
写真の中で、矢印で指しているのが僕と祐太です。
引き潮の時間に合わせていったので
磯にはお魚やカニやヤドカリがたくさんいました。
ウツボもいました。

今回僕たちを誘ってくれた友人ご一家は
この海によく来るのだそうです。
おかげで、アウトドアに不慣れな僕たちも
いろいろと楽しい体験ができました。

↓これは、泊まった宿の前の川です。
s_13071801.jpg
祐太は生まれて初めて
海に入り、川に入り、花火をやって、スイカ割りをやって、
流しソウメンをやって、露天風呂に入って
ほんとうにいろいろな体験ができました。
親としては、ほんとうにありがたく思います。

↓これが3泊お世話になった南伊豆の下賀茂温泉の宿『花梨』さんです。
s_13071804.jpg
ごはんも美味しくて、
温泉もともてよかったです。

↓これは、宿の庭でやった流しそうめんの竹です。
s_13071803.jpg
これは竹の終点の部分で、
写真の左側のずっと上流のほうにテーブルや席があります。
そうめんは、薬味や野菜が入った『ごまだれ』で頂くのですけれど
これがほんとうに美味しかったです!!

ということで
たいへん夏らしい体験ができて幸せでした。

7月16日(火)曇り

3泊4日で、家族で伊豆に行ってきました。
いま帰宅したところです。

ほんとうは2泊3日の予定だったのですけれど、
とても素敵な宿だったので
もう1泊してきてしまいました。

海や川で遊んだり、
スイカ割りや流しソウメンや花火をやったりして
とても楽しかったです。
祐太もとても楽しんでいました。

宿の食事もとても美味しくて
露天風呂もサイコーでした。

写真もたくさんとってきたので
また明日以降に載せたいと思います。

7月13日(土)曇り

↑『LIVE』のページにも詳細を載せていただいたのですが

毎年アクアマリンが出演させていただいている
『原村星まつり(長野県)』、『胎内星まつり(新潟県)』は
今年はサチコネエサンは産休ということで
僕一人で参加させていただくことになりました。

コンサートも
僕一人で弾いて歌ってやらせていただきます。
ネエサンがいないので
いつもとだいぶ違う感じになると思いますが、
がんばりますー。

原村も胎内も高原なので、
会場からの星空は本当に素晴らしいです。
今年も天気に恵まれて
満天の星空や天の川が見られるといいですねえ。

7月12日(金)晴れ

今日も暑かったです。

ところで
こんど家族で南伊豆に旅行に行くのですが、

梅雨が明けて天気も良さそうなので
天体望遠鏡を持っていったらいいかなと思い
久しぶりに出してみました。

天体望遠鏡といっても
ジャスコのセールで破格の7千円で買ったものです。

超小型で、鏡筒(望遠鏡の本体)と三脚などが
小さなカバンにコンパクトに収まるようになっているのです。
それに、とっても軽いです。

以前オーストラリアの砂漠を旅した際に、
秦野のジャスコ(現イオン)で旅行前の買い物をしていて
たまたまこの望遠鏡を見つけて
『これは旅行に気軽に持っていけるなあ!』と思い
衝動買いしたのです。

最初は、オーストラリアには小さなギターを持っていこうと
思っていたのですけれど、
ギターはやめて、代わりにこのコンパクト望遠鏡を持っていきました。

おかげで、南半球のいろいろな天体を
これで見ることができました。
二重星のアルファ・ケンタウリも2つの星に分かれて見えて
とても感動しました。

子供向けのオモチャという感じの望遠鏡ですけれど
けっこう愛着があるのです。
オーストラリア旅行以来、ほとんど使ってないですけどね。

口径(筒の直径のようなものです)は7cmで、
焦点距離(筒の長さみたいなものです)は40cmです。
倍率は、まあ30倍とか60倍くらいですね。

で、さきほど
この望遠鏡で月や土星などはちゃんと見えるかな?と思って
家の前に出して、いろんな天体を見てみました。

こうした安い望遠鏡は、望遠鏡本体よりも
三脚のほうに不安があって、フニャフニャだったり
目的の天体を視野に入れるのが凄まじく大変だったりする場合が多いです。
オーストラリアの砂漠で星を見たときも
視界の中の星雲や星団がユラユラグラグラ揺れちゃって
とても難儀しながら見ました(笑)。
今となってはそれも良い思い出ですが。

ですので、こうした安~い天体望遠鏡は
ある程度慣れた人が
それなりの不便を覚悟して
自分一人で見るぶんには良いと思うのですが、

『天文に興味を持ったので望遠鏡を買いたい!』という初心者の方とか
『大勢で集まって観望会をやるのに使いたい』というニーズの方が買うと
とってもタイヘンな思いをすることになると思います。

ということで
今日はセットの三脚ではなく
昔から持っていた頑丈な三脚に乗せて見ました。
そうしたらだいぶマシになりました~。

夕暮れ時に、まず月を見ていたら
サチコネエサンと祐太が散歩から帰ってきたので
祐太を抱き上げて、望遠鏡で月を見せました。
そうしたら、ジッと凝視していたので
たぶん彼は生まれて初めて『望遠鏡で月を見た』のだと思います。

サチコネエサンが
『祐太、何を見たの』と言ったら、

『ツキ!』と言ったのでスゴイナーと思いました。
ツキという言葉はネエサンが教えたみたいです。

そのあと一人で
金星や土星や、北斗七星の二重星を見たりしました。
こんな安い7000円の望遠鏡でも
土星のリングはキレイに見えますねえ。
(倍率が30倍なので米粒よりずっと小さい土星ですが!)

ということで
伊豆でもいろいろと見たいと思います。

7月11日(水)晴れ

こんど、2泊3日で
家族で伊豆に旅行に行くことになっています。

僕の友人(小学生のお子さんが2人いる)が、
毎年夏に家族で伊豆に遊びに行くのだけれど
今年はいっしょに行かないかと誘ってくれたのです。

南伊豆の温泉宿に泊まって
磯遊びをしたり、川遊びをしたりするのだそうです。
宿の食事がとても美味しいのだと聞いて
とっても期待しています。

子どもが生まれてから
こんな僕でも、いわゆる『子育て本』をけっこう読んでまして(笑)

どの本にもたいてい
『海でも山でも、自然の中で体を使って遊んだ体験が多い子は
 忍耐力のある人間に育つ傾向がある』
というようなことが書いてあるので(本当かどうかは分かりませんが)

今回のお誘いをうけたときに
『祐太にそういう体験をさせたいな』と思い
ぜひ連れてってチョーと言いました。

今年は梅雨がもう明けてしまったので
星空も素晴らしいんじゃないかと期待しています。
月が沈んだら天の川も見えるのではないかと思います。

親としましては
自分がある程度の自信を持って子どもに教えられる分野は
星のこととか自然地理学のことだけなので
せめてそのことくらいは自分で教えたいと思います。

(音楽については僕は独学の我流なので
 ちゃんとした教育を受けたサチコネエサンが教えたほうがいいと思います)

祐太には、すでに
皆既月食(生後3ヶ月のとき)も
金環日食(生後8ヶ月のとき)も
南十字星やアルファケンタウリ(1歳2ヶ月のとき)も見せているのですが
ゼッタイ覚えていないと思います(笑)。

父親に連れられて満天の星空を見上げた
という記憶が残ってくれるのは
何歳くらいからなんでしょうかねえ。

7月10日(火)晴れ

今日も暑かったです。

↓これは、今日の平塚の日没です(クリックして大きくして見てね)
130710.jpg
大きな夕日が丹沢山地に沈んでゆきました~。

ところで、
一昨日の夜から
ちょっと熱中症のような感じになってしまって、
オデコと後頭部がズキズキと痛かったのですけれど
水分をたくさんとって、たくさん寝たら
今日はスッカリ爽快になりました!

風邪のような症状は全くなかったので
やはりちょっと熱中症ぎみだったのかなあと思います。

7月9日(火)晴れ

今日も暑かったです。

風邪なのか熱中症なのか、
昨日の夜から
ちょっと熱っぽかったり
おでこと首の後ろがズキズキ痛かったりしたので
きょうはずっと家で寝ていました。

おかげでだいぶ良くなりました。

7月8日(月)猛暑

今日はほんとうに暑かったです!!!
いよいよ
危険な酷暑シーズンが始まったなあ…という感じです。

昨夜はとても暑くてあまり眠れなかったので
きょうはずっとボーっとしてしまいました。

どことなく熱っぽかったり、
暑いはずなのにちょっと寒気がしたり、
お尻の筋肉や太ももの筋肉が少し痛いので
『体が弱っているなあ…』という自覚が(笑)あります。
僕は暑いのがとても苦手です。

夏バテにはみんなで気をつけましょう!!

7月7日(日)晴れ

今日は日曜なのでラジオでした。

星のコーナーは
織姫星(こと座のベガ)の話をしましたよ。

驚くべきことに
七夕の日を前に梅雨明けしてしまったので、
今夜は星空がとてもキレイです。
空の透明度が良いらしく、
織姫もいつも以上に明るく見えます~。

7月6日(土)晴れ

今日は近所の喫茶店に行って
原稿書きのオシゴトをしてました。

先日まで使っていたパソコンは
バッテリーが壊れてしまっていて
電源が無いところでは使えなかったので、
原稿書きのお仕事は家でやるしかありませんでした。

しかし先日、
そのパソコンを祐太が破壊してしまい
新しいのに買い換えましたので
また電源の無いところでも原稿書きができるようになったのです。

今日は
『たっぷりホットコーヒー』を注文して
飲みながら原稿を書いてました。
おかげさまでだいたい書き終わりました。

喫茶店のコーヒーは
やっぱり自分で作るのより格段においしいですねえ。
今日はとても良い日でした。

7月5日(金)曇り

今日は、家族で七夕まつりに行ってきました。

平塚の七夕祭りは
毎年、何百万人の人出でにぎわうという
たいへん大きなお祭りです。
今日から3日間、行われます。

金曜日の昼間だったのですけれど
すごい人出でした。

屋台でビールを買って飲んだり
お好み焼きを買って食べたりして
とても楽しめました~。

7月4日(木)雨のち曇り

今日はポルトガル教室の日でした。

ところで、
せんじつ生まれて初めて
圧力鍋というものを使って料理をしまして
なんとなく使い方が分かったので

今日はカブと豚肉のスープを作ってみました。

さいきん、僕の中で
カブという野菜が流行って(笑)いるのです。
独特の苦味と香りと甘さがあって
おいしいですよねえ。
カブのお味噌汁もときどき作ります。

で、今日は圧力鍋に
豚肉とカブと
タマネギとセロリとシイタケとキャベツと
ニンジンとブロッコリーを入れて火にかけまして
シューシュー始まってから1分後に火を止めて
置いておきました。

で、いまちょっと味見してみたら
スープが実にウマかったです!!
豚肉が本当に柔らかくって、感動してしまいましたよ。
まあこれは圧力鍋のおかげでして
誰が作ってもおいしくできるのでしょうね。

これから晩ご飯です~。

7月3日(水)晴れ

今日は、電車に乗って東京へ行ってきました。

東京駅から歩いて5分ほどのところにある
中央区立常盤小学校に行ってきました。

常盤小学校の6年生が、音楽の授業で
『地球星歌』を歌ってくださっているということで
お招きいただいたのです。

『地球星歌』を作るきっかけとなった世界旅行の話や
歌詞についての話など
作者としていろいろな話をしてきました。

旅先で撮った写真を
大きなスクリーンに映してもらいながら話したのですけれど
みんなとても熱心に聴いてくれてよかったです。

最後に6年生の皆さんが
地球星歌の合唱を聴かせてくれました。

たいへん壮大な美しい合唱で、
聴いている間には
地球のいろいろな美しい風景や
世界に暮らす大勢の人たちの笑顔や
希望といったものが
いっぺんに見えるような気がしました。

6年生の皆さん、
先生がた、
今回の授業をコーディネートされた東京学芸大学の皆さま
ほんとうにありがとうございました。

ところで、この常盤小学校は
東京駅と神田駅のあいだの線路沿いにあって
音楽室の窓から新幹線が『手を伸ばせば届きそうな』感じで見えます。

しかも、新幹線の列車は
東京駅を出発した直後だったり
東京駅に到着する直前だったりするので
すごーくゆっくり徐行しているので
乗客の表情が見えるくらいじっくりハッキリ見えるのです。

いいなーと思いました(笑)。

7月2日(火)晴れ

この前、サチコネエサンが通販で圧力鍋を買いました。

せんじつはネエサンが
大根と豚肉の煮物を作ってくれたので
今日は僕がポトフ(のようなもの)を作ってみました。

↓これが最近買った圧力鍋です(クリックして大きくして見てね)。
003.jpg
ジャガイモとタマネギと
セロリとトマトとエリンギと
キャベツとソーセージとベーコンと
ニンジンとブロッコリーを入れました。

煮立ってシューシュー言い始めて1分たったら火を止めて
あとはそのまま置いておきます。

僕は圧力鍋というものを
これまで使ったことが無かったので
たった1分で大丈夫かなあと思いましたが
ひじょうに美味しくできました。

ジャガイモは形はそのままなのに
とっても柔らかくて感動的でした。
004.jpg
セロリもとっても柔らかくなっていたし
タマネギは本当に甘かったです。

こんどは圧力鍋でカレーを作ってみたいです。

7月1日(月)晴れ

きのうのラジオの放送でも話したのですけれど、

祐太が最近やっと少しずつ
言葉をしゃべるようになりました。

最初に覚えたのが『ママ』や『アンパンマン』で
さいきんは『葉っぱ』『川』『サッカー』などと言うようになりました。
きのうやっと『パパ』と言いました。

いまのところ、この6つなのですが
先日ふと
この6個の言葉に共通点があるのに気づいて
スゴイナーと思いました。

『ママ』『アンパンマン』『葉っぱ』『川』『サッカー』『パパ』

をローマ字で書くと、
すべての単語の
すべての文字の母音が『a』、つまり『あ』段の音なのです。

たぶんこれは偶然ではないのだろうと思います。
赤ちゃんにとっては、
『あ』の母音の音がいちばん発音しやすくて
そこからスタートして言葉というものを獲得してゆくのだと思います。
(よくわからないけど)

ということで
今日から7月です。

また1ヶ月みんなでがんばりましょう!!

6月30日(日)曇り

今日は日曜なので、ラジオでした。

星のコーナーは
七夕の彦星(わし座のアルタイル)の話をしましたよ。

アルタイルは夏の南の空に見える1等星ですが、
左右の両側に、お供のような暗い星があります(3等星と4等星)。

この、一直線に並んだ3つの星が
大きな鳥が翼を広げて飛んでいるように見えるので
アラビア語で
『アル・ナスル・アル・タイル』(飛んでいるワシ)という名前が付き
この長い名前の後半が残ってアルタイルという名前になったそうです。

古代中国では
左右に小さな星を従えたアルタイルを
『2頭の牛を引いている男の人』に見たてて、
『牽牛(けんぎゅう)』と呼ばれるようになりました。
これが七夕の彦星であります。

日本でも、
アルタイルと左右の小さな星をワンセットでとらえて
『犬を連れている星』ということで
九州のほうで
『犬飼い星』とか呼ぶ地方があったそうです。

地球上のいろいろな地域の人たちが
アルタイルを単体ではなくて
両側の星もセットで見ていたというのはおもしろいですねえ。

ところで、
僕たちが知っている星の名前は、たいていアラビア語です。

『アルタイル』だけではなくて、
『ベガ』も『デネブ』も『ベテルギウス』も『リゲル』も『フォーマルハウト』も
アラビア語です。

日本人にとっては難しいこれらの名前は
アラビア語では日常的な、『手』『足』『頭』『胸』『腰』『口』『尾』といった
体の部分を指す単語が多いです。
星座になっている動物や神々の姿の
どの位置で輝いているのかを表しているわけです。

『デネブ』は『尾』ですし、
『リゲル』は『足』ですし
『ベテルギウス』は『ヤド(手)・アル(冠詞)・ジャウザー(巨人)』だそうです。

ですので、アラビア語が分かると
星の名前ってよく理解できるんだろうなあ、と思って
アラビア語の本などを買ってみたことが、以前あります。

が、しかし
アラビア語はとっても難しいので
すぐに挫折しました(笑)。
文字は少し覚えましたが
言葉や文章を書くときに母音がないので、
『その単語を知らないと発音できない』という感じです。

たとえば
『ミマス』を『MMS』と書いたり
『サチコ』を『SCHK』と書く感じです。
英語やスペイン語では文字を見れば
だいたいこう発音するんだろうなと察しがつきますが
アラビア語では、文字を見ただけでは発音さえできないのであります。

でも、アラビア語の本で
『頭』のことを『ラース』というのだと知ったときは
ちょっと感動しました。

へびつかい座の頭の星は『ラース・アルハゲ(蛇をもつ人の頭)』ですし、
ヘルクレス座の頭の星は『ラース・アルゲティ(ひざまづく人の頭)』です。

そういうことは
たいていの星の本には書いてあるので
知識としては知っているのですが
それらは平安時代の日本語のような『古語』のようなものなんだろうと
勝手に思い込んでいたのです。

そうではなくて
アラブの人たちが、こんにち日常的に使っている
生きたアラビア語でもそう言うのだと知って
なんかスゴイナーと思いました。