7月27日(木)曇り

明日は早起きして
新潟県胎内市の『胎内星まつり』に参ります。

高速道路をずっと走っていきますので
気をつけていってきたいと思います。
スポンサーサイト

7月25日(火)曇り

今日も暑かったです。

それはそうと
ここのところ
3歳の娘が三輪車の練習を続けていたのですけれど
最近すっかりスムースに進めるようになりました。
漕ぎ出しも上手くできます。

5歳の息子は
さいきんフラフープが上手くなりました。
昨日は37回できました。

ということで
明日もがんばりましょう!!

7月24日(月)晴れ

こんどの土曜日は
新潟県胎内市で行われる天文イベント『胎内星まつり』で
イベントライブですので、
きょうはそのリハーサルをしました。

良い演奏ができるようにがんばります。

ということで
明日もがんばりましょう!!

7月23日(日)曇り

今日は日曜なのでラジオの生放送の日でした。

星のコーナーは、
さそり座の話をしましたよ。

ということで
また一週間がんばりましょう!!

7月22日(土)晴れ

今日もずっと曲作りのお仕事をやっていました。

ここのところ、また新たに
『小学校の児童の皆さんの言葉をあつめて合唱曲を作る』
というお仕事をやらせていただいてます。

ここ数年は、そういった形の
作詞作曲のお仕事が本当に多いです。
ありがたいことでございます。

今週はずっとその作詞と作曲の作業をやっていたのですけれど
おかげさまで、できあがりました。

それはそうと、
今日も夕方に子どもたちを近所の公園に連れて行きました。

毎日暑いので
公園も閑散としています。
もしくは、夏休みで近所のお子さんたちは
家族旅行でリゾートに行っちゃっているのだな。

5歳の息子が
『自転車で走りながら身をかがめて鉄棒の下をくぐる』という
遊びをずっとしていたのですが、

鉄棒の下をくぐるときに
身をかがめるのを忘れて(笑)
思い切りオデコを鉄棒に痛打しました。

『大丈夫か!?!?』と駆け寄ったら、息子が

『痛い、痛い。鉄は元素番号が26番だから重くて固いんだなあ』
と言っていました。

僕は
『こんな時まで元素の話をするなよ』と言っておきました~。

そういえば、きのう
晩ご飯のときにテレビを見ていたら
クイズ番組をやっていました。

『ダイヤモンドをバーナーで加熱したらどうなるでしょう?』
という問題で、
正解は『消えて無くなる』というものでした。

僕は息子に向かって
『どうしてダイヤモンドを加熱したら消えて無くなるか分かるかよ』
と言ったら

『ダイヤモンドは炭素の結晶でしょ。
 それで、燃焼するというのは空気中の酸素と結合するということだから、
 ダイヤモンドは一酸化炭素か二酸化炭素のガスに変わったんじゃないの』
と言っておりました。

僕はそれが正解なのか不正解なのか
よくわかりませんが、
ぜひテレビ番組さんには
元素マニアの5歳児のためにも
結果だけではなく理由もちょっと解説していただけると有難いなあと
思いました~。

先日、息子に
『パパ、どうして二酸化炭素は人間に無害なのに
 一酸化炭素は毒になるの?』
と聞かれて、僕は答えられませんでした!

で、いつものように
『それは、お前さんが、これからたくさん勉強して
 分かったらお父さんにも教えてくれよー。
 本をたくさん読んでいればいつかきっと分かるぞー。』
と言っておきました。

ということで
明日もがんばりましょう!!

7月20日(木)晴れ

今日は、子どもたちを連れて
伊豆半島の城ヶ崎海岸へ行ってきました。

ここには海辺のハイキングコースがあるので
そこを1時間くらい歩きました。
↓起伏はありますがとてもキレイに整備された遊歩道です。
(クリックして大きくして見てね)
17072001.jpg
↓海の近くにも下りて行きます。
17072002.jpg
↓緑も眩しくて、とても夏らしい景色が広がっていました。
17072003.jpg
↓松の木ごしに見る太平洋もひじょうに雄大でヨカッタです。
17072004.jpg
ところで、ここのハイキングコースのメインイベントは
↓この吊り橋です。
17072006.jpg
この吊り橋の上から見る海が
↓とても青くてキレイでした。
17072005.jpg
往復して駐車場に戻ったところで
売店がありましたので、
かき氷とヤキソバを買ってお昼にしました。

ということで
今日は良い日でした。

7月19日(水)晴れ

今日はずっと曲作りのお仕事をしていました。

ところで今日は、
昨日行ってきた高尾山の写真を載せます。

↓これは、高尾山のケーブルカー&リフトの駅です。
(クリックして大きくして見てね)
17071901.jpg
どちらを利用してもほぼ同じ場所に着きます。
5歳の息子が
『リフトに乗りたいよ』と言ったので
↓リフトで登ることにしました。
17071902.jpg
僕たちの前のリフトに乗っているのは
3歳の娘と僕の母親です。

↓リフトを降りてさっそく歩き始めます。
17071903.jpg
↓天気はとても良かったです。
17071904.jpg
↓山頂に着きました!!
17071905.jpg
ここでオニギリを食べて、
売店でカキ氷を食べました。

↓神奈川県の丹沢山地の山並みが見えました。
17071906.jpg
昨日のこのブログでも書いたように、
ここから下山する途中で
凄まじいゲリラ豪雨に襲われました。

途中の山門の屋根の下で1時間ほど雨宿りをしましたが、
ものすごい豪雨は全く衰えずに
ずっとビカビカドンドンと続いていました。

一瞬、止んだのかな?という間がありまして
そろそろ歩けるかなと思ったのですけれど、

その時に
今まで聴いたこともないような、
雨の音よりも1オクターブ高いような不気味な大音響が聴こえてきました。
『なんだなんだ? 何が来たんだ?』と思っていたら
ヒョウが降ってきました。

子どもたちは『氷が降ってきた!!!』と
たいへん盛り上がっていましたが、
僕はヒョウが森の木々の葉を叩く音を聴いていて、
『何かに似てるなあ……』と思いました。

そして、以前
パタゴニアの氷河で聴いた音を思い出しました。

氷河の先端部が崩壊して
巨大なビルのような氷の塊が湖に沈みこむと
ものすごい爆音が響きます。

その音は本当にスゴイのですけれど、
そのあと、
氷の塊が崩落したことによって起こった巨大な波が
湖をどんどん伝わってゆきます。

その時に、湖に浮かんでるおびただしい数の
小さな氷の塊がお互いにぶつかり合って
パチパチパチパチという
大観衆の拍手のような異様な音が周囲に響くわけです。
とっても不思議で神秘的で、ひじょうに印象的な音です。

きのう高尾山で聴いた、ヒョウが森を叩く音は
その音と少し似ているかもしれないなあと思いました。

そんな話はいいとして、
帰りはケーブルカーで降りることにしました。

ケーブルカーは雷雨のために運転停止していましたが
しばらく待っていたら再開しました。
とても混んでいたのですけれど
↓運良く一番前の窓のところに立つことができました。
17071907.jpg
高尾山のこのケーブルカーは
日本一の急勾配だそうで
子どもたちは非常に楽しんでスリリングな景色を眺めていました。

↓息子はすぐ横の運転士さんの操作を
食い入るように見つめておりました~。
17071908.jpg
高尾山は
ウチのような湘南地域からは非常にアクセスが良く、
茅ヶ崎市の僕の実家からケーブルカーの駅の駐車場まで
45分くらいで着きました。

いろいろな登山コースがあるので
ぜひまた家族で行ってみたいです。

それにしても
ヒョウは子どもたちにとってだいぶ衝撃的だったらしく
家に帰ってきてからも
『氷が降ってきたんだよ』と娘がずっと言っています。

7月18日(火)晴れのち雨

今日は、5歳の息子と3歳の娘と
僕の母親(子どもたちのオバアチャン)という4人のメンバーで
東京の高尾山に登ってきました。

子どもたちもがんばって登りまして
無事に山頂にたどりつくことができました。

山頂で素晴らしい景色を眺めながら
オニギリを食べて、
売店のカキ氷も食べました。

が、しかし、下山の途中にゲリラ豪雨が始まりまして
とんでもなく恐ろしい稲妻のフラッシュの連発と
いちいち飛び上がっちゃうような雷様の轟音と
バケツをひっくり返したような大雨に襲われまして
途中の神社の山門で雨宿りをしていたのですけれど、

ついにはヒョウまでバチバチガラガラゴロゴロと落っこちてきました。
1時間くらい待っても雨は全く収まらないので
このまま夕方になったらマズイと思い
カッパを着てドシャ降りの中を強行下山することにしました。

なんとかケーブルカーの駅まで来ましたが、
激しい雷雨のために運転が止まってしまっておりまして、
なかなか下山できませんでした~。

子どもたちには
『人生でこんなにヒドイ目に遭うことはなかなか無いぞ。
 お父さんはこれまで
 北アルプスの立山も南アルプスも東北地方や北海道の名山もキリマンジャロもいろいろ登ったけれど
 ここまでヒドイ目に遭ったことはないぞ。
 お前たちもこういう経験を積み重ねてゆけば
 大人になったときに大抵のことは耐えられるぞ。』
と言っておきました~。

まあでも、子どもたちは非常に楽しんで
『ぼく、生まれて初めてヒョウを見たよ!』とか
興奮していましたが。

それにしても、
子どもたちはよく歩いたと思います。
とくに娘につきましては、
3歳児が高尾山に登れるのかーと思いました。
(これまで平塚周辺のハイキングコースをけっこう一緒に歩いて
 たぶん間違いなく大丈夫だろうと思って挑戦させているわけですが)

5歳の息子には山頂に着いてカキ氷を食べている時に、
『ユウタ、この高尾山の山頂の標高は599mだ。
 キリマンジャロはだいたい5900mだ。
 だから、高尾山を10個積み重ねたくらいの高さだな。
 お父さんでも登れたんだから、お前も登れるぞ。
 いつか登ったらいいと思うなあ。
 キリマンジャロの山頂の氷河と雲海は信じられないくらい美しいぞ。』
と言っておきました~。

ということで
明日もがんばりましょう!!

7月16日(日)晴れ

今日はお仕事で、電車に乗って
東京の早稲田に行ってきました。

ところで
5歳の息子の元素マニア度が
どんどん深まってきてまして、

昨日ついに
『ぼくねえ、元素の記号をぜんぶ書いたんだよ』
と言いながら、
1枚の紙を見せてくれました。

元素図鑑を見ながら
1番から118番まで全部書き写したのだそうです。

どれどれ、と手にとって見ましたら
ほんとうに、小さな字で
『H He Li Be B C N O F Ne ……』と始まって
最後の118番の元素オガネソンの『Og』まで全部書いてありました。

僕はそれを見て
『スゴイナこれは』と言ってしまいました。
続けて、『いったい何のためにこんなものを書くんだろうか』と思いましたが
それは口にしませんでした~。

幼児というのは
何かに夢中になると
のめりこんでしまうことがあるので
そんな感じになっているのだろうなあと思います。

のめり込む割には飽きっぽいので
すぐにブームは終わるかもしれませんです。

息子がいま、毎日のように僕に聞いてくるのが
電子の分布に関するものです。

元素というのは、
陽子と同じ数だけの電子が
原子核の周りを回っているわけですが、

電子は『電子殻』という、原子核から一定の距離をもった軌道に
存在しているわけです。

その軌道は、原子核に近い内側から外側に向かって
何種類もあるのですけれど
その軌道に入れる電子の数の定員は決まっているわけです。

原子核に一番近い軌道には最大で2個まで、
次に近い軌道には8個まで
電子が入ることができます。

そこまでは、僕もなんとなく
高校の授業で習った記憶があるのですが、

問題は、3番目の軌道に入る電子の最大数が
元素によって8個だったり、18個だったり、ほかの数だったり
いろいろな値を取るということなのですね。

で、息子は毎日、
それがどうしてなのかと質問してくるわけです。

僕にはもう分からないので
どうしたものかなあ……と考えたところ、

ものすごく幸運なことに
高校時代に同じクラスで同じ部活だった友人が
いま物理学の大学教授になっていることを思い出しました。

数年に一度くらいは二人で会ってお酒を飲むような間柄なので、
彼に『ちょっと教えてくれないかな…』とメールしたところ
ひじょうに親切に分かりやすいように解説してくれました。

が、しかし
『ひじょうに親切に分かりやすいように解説』してくれても
文系の僕には、分かるような気もしましたが、
やっぱりなんだかよく分かりませんでした~(笑)!!

これは、僕がもうちょっと本を読んで
勉強しないといけないのだなあと思いました。

友人にはもう一つ質問をして、
『元素とか素粒子とかに興味を持っている幼稚園児向けの
 博物館とかイベントとか見学施設とかないかなあ』
と相談したところ

茨城県つくば市にある
加速器の一般公開のイベントを教えてくれました。

僕は
『加速器かあ…。5歳児に加速器の意味が分かるかなあ…』
と思いましたが
親が子どもの理解力の限界を勝手に決めてはいけないと思うので
ちょっと調べてみようと思います。

僕としましては、
自分自身が子どものころ星や宇宙に興味を持ったときに
親が隣町の博物館の天体観望会に連れて行ってくれたことが
大きな人生の転機になって
今に繋がっていますので

できれば子どもの興味を
伸ばす方向に持っていきたいなあと思いますが
なかなか元素というのは
たいへんそうだなあと思います。

ということで
明日もがんばりましょう!!

7月15日(土)晴れ

毎週日曜日はラジオの生放送の日なのですけれど、
あす7月16日はJリーグの試合中継のため
『星空音楽館』はお休みになります。
また再来週に聴いていただけましたら幸いです。

ところで
今日から3連休です。

ウチは連休中はレジャーの予定はありませんが、
この夏は、子どもたちとハイキングや登山に
いろいろ挑戦したいなあと思っております。
来週は高尾山に登る予定です。
頂上まで登れるでしょうか。

7月14日(金)晴れ

今日は、クルマ屋さんに行って
アクアマリン機材車の点検をやってもらいました。

エンジンオイルも交換してもらいました。

ということで
明日もがんばりましょう!!

7月13日(木)晴れ

さいきん、3歳の娘が
ひらがなを少し書けるようになってきました。
幼稚園で習っているのだそうです。

『し』とか『く』とか『い』とか『つ』とか『み』は書けますが
『は』とか『な』とか『ね』とかはまだ書けません。

『しりとり』というゲームも
できるようになってきました。

しかしながら
『み』→みかん!
『き』→きりん!
『あ』→アンパンマン!
と叫んで満足げにニコニコしているので
もう少しだなあと思います~(笑)。

5歳の息子は、相変わらず元素マニアで
クラシック音楽好きなので
しりとりをやると
『だ』→ダームスタチウム!
『て』→テクネチウム!
『り』→リヒャルト・ワーグナー!
『う』→ウオルフガング・アマデウス・モーツアルト!
とか叫んでます。

サチコネエサンが
『お前、幼稚園のお友だちとシリトリするときには
 そんな言葉を出すんじゃないよ』
と言ってました。

僕も、作曲家の名前はいちおう分かりますが
息子の口から出てくる元素の名前は
聞いたこともないものが多いです。

ということで
明日もがんばりましょう!!

7月12日(水)晴れ

今日、近所のスーパーマーケットに行ったら
地元・湘南産の巨大なトマトが1個77円で売られていたので
『ウワー、安いなあ』と思って
5個買ってきました。

さっそくお昼ご飯に1個食べました。
ひじょうに甘くて美味しかったです。

それに、とても大きいので
たいへん食べ応えがありました。

あと4つあるので
明日も食べようと思います。

7月11日(火)晴れ

今日は、電車に乗って東京の杉並区に行ってきました。

杉並第六小学校と杉並第七小学校の
6年生の皆さんが、
『地球星歌』を歌われているということでお招きいただきまして
作者としていろいろお話ししてきました。

児童の皆さんの合唱も拝聴しました。
みんな声がよく出ていて
音色もキレイで素晴らしい歌声でした。

6年生の皆さん、先生がた
ほんとうにありがとうございました。

7月10日(月)晴れ

来月、お仕事で大阪に行きますので
きょうは平塚駅に行って新幹線のキップを買ってきました。
ぶじに『のぞみ』号の指定席が買えてヨカッタです。

ところで、
↓これは今日の3歳の娘と5歳の息子です。
17071001.jpg
相変わらず娘はコスプレ好きです。
これまではディズニーのプリンセスが中心でしたが
せんじつ、幼稚園のママさんからお古のプリキュアの衣装をいただいたので
そっち系も入ってきました。
僕には全く分からない世界ですが。
近所の公園に行くのにどうしてそんな格好をしなきゃいけないのかなあと思います。

娘はいつもこうして
自転車に乗っている息子を
走って追いかけていますので、
走るのがけっこう速くなってきました。
持久力がついてきて、公園から家までマラソンでノンストップで帰ってきます。

それにしても、毎日ひじょうに暑いので
熱中症が心配です。

ということで
明日もがんばりましょう!!

7月9日(日)晴れ

今日は日曜なのでラジオでした。

星のコーナーは、
こと座の話をしましたよ。

ということで
また一週間がんばりましょう!!

7月8日(土)晴れ

今日は恐ろしいくらいに暑かったです。

ところで今日は
きのう行ってきた地元・平塚の七夕まつりの写真を載せます。

昨日のライブは夕方5時半に終わりまして
6時までには機材の片付けも終わりましたので
そのまま七夕まつりを見物しました。

七夕ライブの会場には
ウチの子供たちやババチャンも来ていましたので
みんなで行きました。

↓これが平塚の七夕まつりの七夕飾りです。(クリックして大きくして見てね)
17070802.jpg

17070801.jpg

17070803.jpg

17070804.jpg
今年も盛大でヨカッタです。
平塚の七夕まつりは明日(7月9日)までです。
ぜひ皆さま平塚にお越しください~。

それはそうと、
昨日はお祭り見物をして家に帰ってきたら
星空がひじょうにキレイに見えました。

織姫や彦星もとても美しく輝いていましたが、
南の空で丸い月と土星が並んでいたのでカッコよかったです。

土星の右側にサソリ座の1等星アンタレスも見えたので
3歳の娘をダッコして
『あれがお前さんの星だぞ』と言いました。

すると娘は
『えっ? わたしの星は、夏に見えるんでしょ?』
と言ったので

『今が夏です。もう夏になっているのです』
と言っておきました~。

7月7日(金)晴れ

今日は、湘南ひらつか七夕まつりで
イベントライブでした。

お越しいただいたお客さま、
イベントスタッフの皆さま
ほんとうにありがとうございました。

ライブは夕方5時からでしたので、
それが終わった後に七夕まつりを見物してきました。
写真も撮ってきたので
明日あたりに載せたいと思います~。

7月6日(木)晴れ

今日は原稿書きのお仕事をしてました。
おかげさまで書き終わりまして、
編集部サンにメールで送りました。

星好きの人たちが読む
月刊『星ナビ』という天文雑誌に
毎月コラムを連載させていただいてます。
2001年からですので、
もう17年も毎月書いています。

今月号で192回目、
もうすぐ200回になります。
毎月がんばって一生けんめい書いていますので
皆さまに読んでいただけると嬉しいです。

本屋さんで普通に売っていますので
ぜひ買って読んでくださいねー!

7月5日(水)晴れ

先日、幼稚園の学芸発表会がありまして
みんなで見に行きました。

年少クラスの娘にとっては初めての発表会ですので、
生まれて初めて
いっしょうけんめい何かを練習して
その成果を大勢の人の前で披露する機会となりました。

大きなホールで行われましたので
僕は双眼鏡を持っていきました。

娘は、お遊戯も合唱もメロディオンの演奏も
ニコニコしながら本当に楽しそうにやっていましたので
良かったなあと思いました。
最近は、クラスメイトの名前をよく口にするようになってきて
幼稚園生活に馴染んでいるみたいでホッとしてます。

年長クラスの息子は
学年合奏でキーボードを担当しました。
主旋律でも和音でもなく、
中声部のカウンターラインやオブリガードといった
『地味だけど重要』というパートでしたので、

家で練習しているときにいつも
『お前さんのパートはとても大事だぞ。
 お前さんが上手く弾ければ合奏全体が超カッコよくなるし、
 お前さんが間違えたら合奏全体が台無しだ。
 例えばブラームス先生の交響曲がどうしてカッコいいかというと、
 中声部がものすごく良くできているからだぞ』
と言ってモチベーションを上げさせました(笑)。

本番では、なかなか良い仕事をしていたと思います~。
他の楽器の子たちもみんな
『ものすごく練習したんだろうな』というのが伝わってくる演奏で
全体としてすばらしい合奏だったと思います。

それはそうと、
息子の年長クラスは
合唱で『ふるさと』を歌ったのですけれど、
間奏のあいだに全員で、 室生犀星の『小景異情』という詩を吟じました。

『ふるさとは、遠くにありて思うもの…』という有名な詩です。

で、幼稚園の授業で
詩の意味について先生が説明をしたそうなのですが
その時に、息子は泣いたのだそうです。

先生が『なんで泣くの?』と聞いたら
『悲しい気持ちになった』と答えたのだそうです。

で、先日の本番のときも
『ふるさと』を涙を流しながら歌っていたのだそうです。
(客席からステージが遠いので僕は気づきませんでしたが)

僕はそれを聞いて
へえ~、鉄道マニア&元素マニアの息子にも
そんなセンシティブな一面があるのかーと思いました。

僕も『ふるさと』は凄い歌だなあと思います。
とくに3番の歌詞は
この世に存在するあらゆる歌の詞のなかでも
最高級に美しいものの一つだと思います。
あの3番を超える『歌』というのは、なかなか無いと思います。

ということで
明日もがんばりましょう!!

7月3日(月)晴れ

今日は非常に暑かったです。
夜になっても暑いです。

ということで
明日もがんばりましょう!!

7月2日(日)曇り

今日は日曜なのでラジオでした。

星のコーナーは
織姫と彦星の話をしましたよ。

ということで
また一週間がんばりましょう!!