11月17日(金)晴れ

明日は超早起きして
高速道路を走って長野まで行きますので
きょうはもう寝ます~。

あしたは、長野県の木島平のアットホームな宿
『みゆきの杜ユースホステル』でお泊りコンサートです。
子どもたちも連れて行きます。

今週末は全国的に冷え込んで
長野も一部で雪の予報が出ているのだそうです。
子どもたちはそれを聞いて嬉々としています。

ちょっとくらいなら問題ありませんが
積もるようだったら帰りが心配です。
まあ、本当に積もったら
クルマを置いてみんなで電車で帰ってきて
数日たって雪が溶けたら一人でクルマ取りに行きます~。

ということで
皆さま楽しい週末をお過ごしください!!
スポンサーサイト

11月16日(木)晴れのち曇り

ウチのお風呂の壁には
いわゆる『お風呂ポスター』がいろいろ貼ってあります。

『お風呂ポスター』というのは
お風呂の壁に貼る
幼児向けのオベンキョー用のポスターです。
『日本地図』とか『世界地図』とか『九九』とか『アルファベット』とか『ひらがな』とか
いろんなのがあります。

のりや接着剤で貼るのではなくて
水やお湯にぬらすだけで
ペタッと壁に張り付いて
いつでも取り外せます。
(水分が乾くと1週間くらいではがれてくるので、また濡らして貼ります)

ウチも息子が生まれた直後から
いろいろ貼ってまして
息子もお風呂のなかで毎日
世界地図や日本地図を眺めて地図マニアになり
ありがちですが、国旗もほぼ全部覚えました(笑)。

で、いま3歳の娘が
都道府県を覚え始めていまして
神奈川県、千葉県、北海道、山梨県の4つを覚えたところなのですけれど、

先日お風呂ポスターを眺めて
石川県を指差しながら
『これ、プリンセスに、似てるね』
と言いました。

僕は最初、意味が分からなかったのですが
次の瞬間に
娘が何を言っているのか分かりました!

確かに、石川県の
南に向かって少しずつ広がりながら伸びている部分が
プリンセスの長~いスカートに見えます!

能登半島のほうが頭になるわけですね。
石川県ぜんたいが
プリンセスの立ち姿を横から見た形に
見えないこともありません。

僕は娘に
『なるほどなー! 確かに、プリンセスの形に見えるなあ。
 お前さん、スゴイな。
 石川県がプリンセスの形に似てるという説を
 少なくともお父さんは今まで聞いたことがないぞ』
と言っておきました~。

息子も3歳くらいのときに
どんどん世界地図や日本地図を暗記していったのですけれど
形が何かに似ているということは
よく言っていました。

いちばん最初に言ったのは
『本州は、すべり台の形だね』
です。

空に浮かぶ雲の形が
栃木県に似ているとか、ルーマニアに似てるとか
フライドポテトがトーゴ共和国に似ているとか
毎日のように言っていました。

『兵庫県とアルジェリアが似てる』と言ったときには
ああ…、ほんとだ! と、ちょっと感動しました。

もしかしたら
娘もこれからそういう領域に入ってくるのかもしれませんし
そうでもないかもしれません。

まあでも、お風呂ポスターには
感謝しておりますー。

11月15日(水)晴れ

12月16日(土)に、岐阜県の
岐阜市科学館でプラネタリウムコンサートを行いますが
その観覧申込受付が今日から始まりました。
(先着順ではなく、募集期間中に定員を超えた場合には
 抽選という形になるそうです)

詳細は↑当アクアマリン公式サイトの『LIVE』のページか
岐阜市科学館のホームページをごらんください。

プラネタリウムのコンサートですので
音楽の演奏にあわせて
満天の星空や天の川や全天映像などを楽しんでいただけます。
クリスマスコンサートですので
クリスマスソングもやります。

お越しくださる皆さまに
楽しんでいただけるようなコンサートになるようがんばります。
お時間のある方はぜひお越しくださいね!

11月14日(火)雨

今日は、せんじつ3泊4日で行ってきました
岩手のことを書きます。

11月9日(木)に新幹線に乗って岩手に行きました。
福島県内を通っているとき、
↓車窓にすばらしい虹が見えました~(クリックして大きくして見てね)。
17111301.jpg
この日は、岩手県の大船渡市にある
赤崎中学校にお招きいただきまして行ってまいりました。

全校生徒の皆さんが
『いつかこの海をこえて』を歌ってくれているということで
皆さんの合唱を拝聴し、
作者としていろいろとお話しました。

音色やハーモニーもとてもきれいでしたが
何よりも心のこもった深く広がりのある歌声で
ほんとうに感動的な合唱でした。

この『いつかこの海をこえて』という歌は、
歌詞の中にでてくる『海』という言葉が
とても大切な意味を持っているのですけれど
赤崎中学校の皆さんの合唱は
『海』という言葉を歌った瞬間に、ほんとうに海が見えました。

これは、言葉では説明できない、音楽というものの凄さだと思います。
おそらく皆さんが
心に風景を描きながら歌っているからではないでしょうか。
それが『歌に乗って』伝わるのだと思います。

↓これが大船渡の海です。
17111302.jpg
この写真は、泊まった大船渡温泉のホテルから撮りました。
露天風呂からも、この風景が目の前に広がって見えるのですよ!
夜に露天風呂に入ったときには、ちょうど下弦の月が昇ってくるところでした。
朝に入ったら、ちょうど日の出が見えました~。
とても良かったので、いつか家族で三陸海岸に行くことがあったらまた泊まりたいです。

次の日(11月10日)は
大船渡から釜石市に向かいまして
釜石東中学校を訪問しました。

全校生徒の皆さんが
『ボイジャー』、『地球星歌』、『いつかこの海をこえて』
を歌ってくれました。
どの曲も本当に壮大で感動的な合唱でした。

ところで、この釜石東中学校は
いままでずっとプレハブの仮設校舎だったのですけれど
やっとこの春、ついに街を見下ろす高台に新しい校舎が完成しました。

僕がこの釜石東中学校に伺ったのは8回目です。

最初に行ったのは
震災から1年と1日が経った2012年3月12日でした。
サチコネエサンと一緒に伺って
全校生徒の皆さんにアクアマリンのコンサートをお届けしました。

そのときに、津波によって破壊されてしまった旧校舎の中を
先生がたが案内して見せてくださいました。
ほんとうに、あまりにもひどい光景を見ました。
あの日のことを思い出すと
いまでも心臓が痛くなります。

僕はそれから毎年
釜石東中学校を訪れる機会をいただきまして
被災して取り壊された旧校舎も
生徒さんたちが震災直後に『間借り』していた釜石中学校も
長いあいだ彼らが学んでいたプレハブの仮設校舎も
釜石に行くたびに見てきました。

ですので、ついに今年完成した
ピカピカのカッコいい新しい校舎の中に入り
校長先生がずみずみまで案内してくださって
真新しい教室や階段や体育館を見て回ったときに
本当に胸がいっぱいになりました。

震災から6年!
ついに生徒さんたちは
仮設のプレハブではない、ピカピカの校舎で
学校生活を送ることができるようになったわけです。
ものすごく感慨深い気持ちになりました。

中学校の3年間の全てを
プレハブの仮設校舎で過ごして卒業していった生徒さんたちも
大勢いるのですから。
そのような生徒さんたちにとっては
プレハブの仮設校舎こそが、『大切な母校』であるわけです。

僕は、これまでたまに釜石を何度か訪れただけの人間ですが
これまでのいろんなことを思い出しました。
やはり強く思い出されるのは
仮設校舎で一生けんめいに勉学や部活動に励み
合唱曲を精一杯の歌声で奏でてくださった生徒さんたちの姿です。
皆さんのこれからの人生が素晴らしいものになるように
願う気持ちでいっぱいです。

この日は、そのあと花巻市に移動しまして
花巻市立若葉小学校にお招きいただき、行って参りました。

2年前に、若葉小学校の創立50周年の事業で
児童の皆さんといっしょに記念歌をつくる
というお仕事をさせていただいたことがあり、
そうしてできたのが『心のなかの広い宇宙を』という歌です。

今回も全校児童の皆さんが
とても元気な素晴らしい歌声で合唱してくれました。
6年生などの高学年の子たちは
とても上手に美しく歌ってくれます。
1年生などの低学年の子たちも
ほんとうに元気いっぱい、空に届くような声で歌ってくれました。

次の日の11月11日(土)は
花巻市の学校の先生がたを対象に
講演をさせていただきました。
(これが今回のメインのお仕事です)

↓これが会場の写真です。
17111305.jpg
花巻市内のたくさんの学校でも
音楽会や合唱コンクールで
『COSMOS』や『地球星歌』を歌ってくださっているそうで
作者としていろいろとお話しました。
ほんとうに光栄なことであります。

いろいろな所にお招きいただき
児童・生徒の皆さんの素晴らしい合唱を
たくさん聴かせていただいて、
大勢の先生がたとお話する機会に恵まれました。
とても充実した4日間でした。

児童・生徒の皆さん、先生がた
ほんとうにありがとうございました!!

11月12日(日)晴れ

おかげさまで、3泊4日で岩手県に行ってきました。

今日は、朝9:16北上発の新幹線で帰ってきまして
正午に東京駅に着き、
午後2時過ぎには家に着きました。

それで、今日は日曜日ですので
ラジオの生放送をやってきました。
星のコーナーは
『みなみのうお座』の話をしましたよ。

岩手では素晴らしい方々にお会いでき、
また、合唱曲を歌ってくれている
小学校や中学校の児童生徒の皆さんとも
お会いし、素晴らしい合唱を拝聴することができました。
その様子はまた明日以降に書きたいと思います。

ということで
また一週間がんばりましょう!!

11月8日(水)晴れ

明日からお仕事で
3泊4日で岩手県に行きますので
今日はその準備をしていました。

明日は超早起きして
東北新幹線に乗りますので
今日はもう寝ます~。

11月7日(火)晴れ

今日は電車に乗って
西東京市立けやき小学校に行ってきました。

6年生の皆さんが来週の音楽会で
『いつかこの海をこえて』を歌うということで
お招きいただきまして
作者としていろいろお話してきました。

皆さんの合唱も拝聴しました。
とても発声や音色がきれいで
ハーモニーも美しくて感動的な合唱でした。

児童の皆さん、先生がた
ほんとうにありがとうございました。

ところで先ほど
晩ご飯のときに3歳の娘が
『から揚げは、辛いから、食べられないよ』
と言ったので

サチコネエサンが
『そう? 辛く無いと思うけど』
と答えたら

『だって、名前が、からあげだから、辛いんだよ』
と言いました。

から揚げの『から』が、『辛い』の『から』だと思っているみたいです。
なるほどなーと思いました。

ということで
明日もがんばりましょう!!

11月6日(月)晴れ

今日も平塚は素晴らしい秋晴れでした。

陽射しと風がとても気持ちがいいので
2階でずっと原稿書きのお仕事をしていました。

ところで原稿書きといえば、
6歳の息子が幼稚園の卒園文集の作文を書く
という宿題を持ち帰ってきました。

で、サチコネエサンが
息子が『はっぴょうかい』について書くと決めたものの
何日もなかなか書き進むことができないまま提出の日が近づいてきたというので
僕が指導?して書かせることにしました。

『ユウタ、作文というのは歌を作るのと一緒で
 思いついたことをいきなり無計画に書き始めてはダメなのだ』
と言いました。

『お前さん、いつもトミカの『山道どうろセット』を組み立てて
 ミニカーを走らせて遊んでいるだろう。
 あれは、手当たり次第にテキトウにレールを繋いでいったら
 ちゃんとしたレイアウトが完成しないだろ?
 正しいレールを正しい順番に繋げていかなかったら
 周回するコースが作れないだろう。
 作文も歌を作るのも一緒だ。
 そこで質問だが、お前はどうして説明書を見なくても
 レールを正しくつないでちゃんとした周回コースのレイアウトが作れるんだ?
 きっと、頭の中に、完成した形がもう見えているからだろう?』

と言ったら、息子は
『そうだよ。頭の中にレイアウトができあがっていて
 それを完成させるためにレールを繋げていくんだよ』
と答えたので

『作文も同じだ。歌を作るのも同じだ。
 まず頭の中で完成した姿をイメージしてから
 それを完成させるために内容や言葉をつないでいくんだ。』
と言ったら、ひじょうに納得したような顔をしていました。

次に、真っ白な紙をもってきて
『発表会のことを書くんだな。
 では、年少クラスから年長クラスまでの
 3年間の学芸発表会のことをできるかぎりたくさん思い出して
 この紙に書けるだけ箇条書きにしなさい。
 とにかく何でもいいから、たくさん思い出して書きなさい。』
と言いました。

すると息子は
お遊戯の曲名や、振り付けや、合奏の曲目や担当した楽器、
合唱で歌った歌の歌詞、朗読した詩の言葉などをいっぱい書きました。

僕は息子に、
『3年間でやったお遊戯のなかで、いちばん楽しかったのはどれだ?』
『どうして楽しいと思ったのだ?』
『この詩のどこが気に入ったのだ? それはなぜだ?』
といろいろ質問して、その答えもぜんぶ紙に書かせました。

たくさんキーワードが出たので
『そろそろじゅうぶんかな。
 ユウタ、ここからが大事なところだ。
 いまたくさん出してもらったけど
 このうち90%くらいは捨てます。
 この中で、特にこれを作文に書きたい!と思う2~3個のネタを
 作文の内容に採用するのです。
 お前さんがこの中で特に書きたいネタはどれだ?』

と聞いたら
『これと、これは、特に楽しかったから、書きたいな』
と選んだので、
そのテーマを中心に
なぜ楽しかったのか、練習のようすや本番のようすは
どうだったのかというようなことを書かせたら
原稿用紙いっぱいに書いて
30分くらいで清書まで終わりました~。

これは、なかなか上手くいきました(笑)。
ヨカッタです。

一か所だけ、普通はそういう言い方はしないよなあ…
という所があったので、

『それは、こういう言い方のほうがいいんじゃないの』
と言いましたが
『う~ん。でも、それは違う気がする』というので

『そうか。じゃあ、このままでいこう。
 これはとても大事なことなんだけど
 これからお前さんが作文を書いたり詩を書いたり
 歌を作ったり絵を描いたりするときに、
 ママやお父さんや先生が、それを直そうとすることがあるかもしれない。
 でもお前の本当の気持ちを知っているのはお前だけだ。
 誰が何と言っても、お前の表現を貫くべきだ。
 お前さんの言葉はお前さんの言いたいことを言うためにあるのであって、
 他の人がお前さんに言ってほしいことを言うためにあるのではないぞ。』
と言っておきました~。

ということで
明日もがんばりましょう!!

11月5日(日)晴れ

今日は日曜なのでラジオの生放送の日でした。

星のコーナーは
アンドロメダ座の話をしましたよ。

ということで
また一週間がんばりましょう!!

11月4日(土)晴れ

僕は横浜DeNAベイスターズのファンで
その日々の勝敗に一喜一憂するような人間ですから、
この2017年は本当に幸せな日々を過ごさせていただきました。

ベイスターズが日本シリーズに出られるなんて
わずか何週間か前には夢にも思っていませんでしたよ。

毎年、ダントツ最下位がお決まりの定位置だった
暗黒時代の十数年を知るファンとしましては、
ジャイアンツに競り勝ってクライマックスシリーズの出場権を得て、
阪神タイガースにも勝って、広島最強カープにも勝って
日本シリーズに出られたなんて夢のようです。

いちファンとしての素直な気持ちとしましては
『この快進撃を、頭では理解しているが、心がついていけない』
という感じでした~。

というわけで
日本シリーズも終わりました。

福岡ソフトバンクホークスのファンの皆さま
ほんとうにおめでとうございます!!

でもベイスターズの選手たちも
すごい粘りで素晴らしい日本シリーズを見せてくれたと思います。

自分が応援するチームが
日本シリーズに出られるということや、
そこで2勝もしてくれるということが、
こんなにも素晴らしいことなのかと
心の底から思いましたよ。

来年が楽しみだ!!!!

という気持ちでこの秋冬を過ごしていけるのは
ほんとうに幸せなことであります。

ベイスターズの選手の皆さま、ラミレス監督、球団スタッフの皆さま
本当にありがとうございました~。

11月3日(金)晴れ

今日の平塚は素晴らしい秋晴れで
青空がほんとうにキレイでした。

ということで
皆さま楽しい連休をお過ごしください。

11月1日(水)晴れ

今日は幼稚園がお休みだったので
この日のために鉄道マニアの6歳の息子がかねてから計画していた
鉄道旅行に二人で行ってきました。

平塚から
首都圏のいろんな路線を乗り継いで
群馬県の高崎まで行って帰ってきました。
朝早く出発して、帰りは日没でしたので
一日がかりの壮大なジャーニーでした~。

きょうの旅行の行程は
息子が自分で地図を見て時刻表を調べて
ほんとうに一人で計画したものです。

ですので僕は、
今日は何も口出しせずに
後ろからついてゆくだけにしようと決めていました。

小田急線で新宿駅に着いたときも、
『お父さんは埼京線への乗り換えなんて分からないぞ。どうするんだ』
と言ったら

『まず小田急の改札を出てJRのほうへ行くんだよ』
と言って、
人混みの中でいっしょうけんめい案内の表示をさがして歩き続けて
ほんとうに埼京線のプラットフォームに自力でたどり着きました。

川越駅についたときも
『ここからどうするんだよ』と言ったら、
息子は
『川越線の、高麗川行きの列車に乗り換えるんだよ』
と言って、ちゃんと正しい列車に乗りました。

僕は、そのうちきっと息子が
『どこに行ったらいいか分からないよ』と
白旗をあげるだろうと思っていたわけですが、

そんなことは一度も無く
ほんとうに息子の計画通りに
いろんな路線を乗り継いで
平塚から高崎まで行って帰ってきました。

僕は
『幼稚園児に一人でそんなことをさせるわけにはいかない』
という理由だけでついていったわけですが、
おそらく息子一人だけでも、きっと同じことができただろうと思います。

高崎駅でお昼になったので
駅ビルの5階で二人でお寿司を食べました。
とても美味しかったです!

帰ってきてから
『ユウタ、お前はもう、こんなふうに
 自分で地図を見て時刻表を調べて
 日本じゅうどこだって行けると思うぞ。
 これで英語を覚えれば
 世界じゅうどこだって一人で行けるぞ。
 ニューヨークやロンドンの地下鉄も自由自在だ。
 ママとお父さんは、むかしオランダのアムステルダムに一週間いたとき
 そこから毎日のように電車に乗っていろんなところに行ったんだ。
 世界遺産の風車の町や、
 お父さんの好きなフェルメールっていう画家の故郷の町にも行ったな。
 ヨーロッパのいろんな国を、国境を越えて鉄道で旅する
 乗り放題のパスがあって、それでヨーロッパじゅうを
 鉄道で旅する日本人も多いのだ。
 いつかお前さんもそういう旅をしたら楽しいと思うなあ』
と言っておきました~。

ということで
明日もがんばりましょう!!