FC2ブログ

3月31日(土)晴れ

今日は、電車に乗って東京の町田に行ってきました。

町田市民ホールで行われた
『鶴川第二中学校・鶴川第二小学校 合同合唱演奏会』
に行って参りました。

中学生と小学生の合同合唱で
『エスペランサ~希望~』を歌って下さいました。
この学校は
権威ある全国的な音楽コンクールで何度も日本一になっていますので、
その演奏も超ハイレベルで
本当に素晴らしく感動的なものでした。
作者としてたいへん有難く光栄に思います。

休憩もはさんで3時間くらいの演奏会でした。
ぜんぶで30曲の演奏会でしたが
どの曲もほんとうに完成度の高い、すごい合唱でした。

鶴川第二中学校、鶴川第二小学校の皆さま
ほんとうにありがとうございました。

家に帰ってきてから
子どもとたちを連れて近所の公園に行きました。
満開の夜桜を見てきましたよ。

今宵は西の空に金星、東の空に満月が見えました。
4歳の娘に金星を見せながら
『あれは女神さまの星だぞ。名前はヴィーナスだ。』
と言ったら、そこそこ興味を示していました。

桜の木の上に冬の星座たちが見えたので
6歳の息子に
『あれはシリウスだ。冬の大三角が見えてるけど分かるか?』
と言ったら
『あっ! 見えるよ!』と言ってベテルギウスとプロキオンを指していました。

今の時期の宵の空には
『冬のダイヤモンド』と称される
明るい1等星たちがたくさん輝いていますので
満開の夜桜との競演がほんとうに幻想的で美しいです。

とくにシリウスの強烈な青白い輝きと
薄紅色の満開の桜の対比は
なんて美しいんだろうと思います。
こんなに風情のある光景はなかなかないと思います。

子どもたちにも
『すごいなあ、よく見ておけよ~~』と言いましたが、
夜に公園に行くという非日常体験にエキサイトしていて
真っ暗な中ではしゃいで夢中であそんでいました。
スポンサーサイト

3月30日(金)晴れ

夜になって
子どもたちとサチコネエサンが
沖縄の宮古島から帰ってきました。

天気にも恵まれて
とても楽しい旅行だったそうです。
子どもたちも目を輝かせていろいろ話していました。

僕は今日も
家で原稿書きをやっておりましたので、
お昼ごはんは
一人で近所の焼肉屋さんのランチを食べに行きました。

1080円で
すごくおいしくてボリュームがあって
とっても良かったです。
ひじょうにお得だと思います。
また必ず食べに行きたいです。

3月29日(木)晴れ

今日も家に閉じこもって原稿書きをやってました。

ところで今日は久しぶりに
1月に行ってきたトルコ旅行の写真の続きを載せます。

↓これはトルコの田舎の風景です。(クリックして大きくして見てね)
18032901.jpg
とてものどかで、美しい風景でした。
バスでこんなところを走って
↓着いたのがアフロディシアスという遺跡です。
18032902.jpg
トルコの南西部にあります。
これも古代ローマ時代の遺跡ですので
だいたい今から2000年くらい昔のものです。

↓ここにも大きな円形劇場があります。
18032903.jpg
そして、このアフロディシアスの遺跡で
もっとも素晴らしいのが
↓長さ260m、幅59m、3万人収容というこの競技場です。
18032904.jpg
これは、古代世界のスタジアムとしては
世界中でもっとも保存状態の良いものの一つだそうです。
想像を絶する大きさで、ほんとうに感動しました~。

↓これは、神殿の入口の門だそうです。
18032905.jpg
トルコ西部の沿岸地帯には
このようにギリシア・ローマ時代の遺跡がたくさんあります。
僕が参加したツアーも、トルコに着いてまず
トロイ、エフェソス、そしてこのアフロディシアスの遺跡を訪れました。
歴史好きとしましては、どの遺跡もたいへん感動しました。

このあとは、トルコ中部の高原地帯に向かいます。
また機会がありましたら、
次はパムッカレやカッパドキアの写真を載せたいと思います。

3月28日(水)晴れ

今日も家に閉じこもって
原稿書きをやっておりました。
いまちょっと、かなりの分量の文章を書くお仕事をやっておりまして
毎日がんばって書いています。

ところで、じつは今
子どもたちとサチコネエサンが、
おばあちゃんたちと南の島にリゾートに行っているのですね。

家には僕ひとりなので、
おかげさまで原稿書きのお仕事が
ドシドシ進んで助かっています。

帰ってくるまでまだ数日ありますので
明日もがんばって書きたいと思います。

さきほど、ネエサンが
メールで写真を送ってくれました。
ほんとうに息をのむような、
とんでもなく美しいコバルトブルーの海が広がっていて
ウヒヨヲ!!と思いました。

子どもたちの服装を見ると
とても暑そうです。
天気が良さそうでヨカッタです。

トルコは寒かったからなー(笑)。
僕も沖縄に行きたくなってきました。

ということで
明日もがんばりましょう!!

3月27日(火)晴れ

今日は
家でずっと原稿書きのお仕事をしてました。
おかげさまで、まあまあはかどりました。

ということで
明日もがんばりましょう!!

3月26日(月)晴れ

↓これは、今日の平塚の桜です。(クリックして大きくして見てね)
18032601.jpg
まだ五分咲きくらいです。
これからもっと咲くと思います。
ヒヨドリが盛んにやって来ては
蜜をついばんでいました(たぶん)。

ということで
明日もがんばりましょう!!

3月25日(日)晴れ

今日は日曜なのでラジオの生放送の日でした。

星のコーナーは
北斗七星の話をしましたよ。

ということで
また一週間がんばりましょう!!

3月24日(土)晴れ

昨日は、子どもたちを連れて映画館に行ってきました。
ドラえもんの映画を見てきました。

ことしのドラえもんの映画は
宝島と海賊のお話でした。
なかなかおもしろかったです。
『息子と父親の葛藤』といったテーマも盛り込まれていて
へえ、こんな要素も入れてくるのかあと思いました。
僕としましてはそこの部分にけっこう感情移入してしまいましたが(笑)。

子どもたちも楽しんで見ていました。
映画が終わったら晩ご飯の時間でしたので
みんなでスシローさんでお寿司を食べて帰ってきました。

3月22日(木)雨のち晴れのち曇り

せんじつ、6歳の息子が幼稚園を卒園しました。

卒園式で
園長先生から卒園証書を受け取る息子の姿を見て
やはり感慨深い気持ちになりましたよ。
3年間は、あっという間でした。

自分の子どもが幼稚園を卒園して
小学生になるというのが
ほんとうに不思議なことのように思えます。
子どもの成長に、
親がついていけていないのかもしれません。

小学生になっても
元気にがんばってほしいです。

卒園式の日の夜に
息子が手紙をくれました。

『あなたは三年間
 幼稚園のおむかえに行きました。
 それをおほめいたします。
 それではかいきんしょうおめでとう』
と書いてありました。

ありがたいなあと思いました。
まあ、ぜんぜん皆勤賞じゃないんですけどね(笑)。

ということで
明日もがんばりましょう!!

3月21日(水)雨

おととい、僕の両親が静岡に旅行に行くというので
クルマで静岡まで送ってきました。

父親が喜寿を迎えるので
親戚からホテルの宿泊券をいただいたのだそうです。
カタログのようになっていて
全国の好きなホテルを選べるようになってたので
わりと近場の、静岡の日本平ホテルというところを選んだそうです。

で、おとといの月曜日に
クルマに両親と姉をのせて東名高速道路を走って
静岡まで行きました。
(僕はオシゴトがいろいろと忙しいので
 泊まらずにそのまま帰ってきましたが)

ホテルに行く前に、いろいろと観光しました。

父親は清水次郎長の大ファンなので
↓その生家を見学に行きました。(クリックして大きくして見てね)
18032101.jpg
清水港のすぐそばにあります。

清水次郎長というのは
江戸時代末期から明治時代の人です。
バクチ打ちの大親分から足を洗って
警察署長のような身分に転身し
静岡県の近代化に大きく貢献した歴史上のヒーローです。

情に厚く、人道的な行動をしたエピソードが多々伝えられており
いまでも人々に慕われています。

僕の父親は
『清水次郎長の子分の小政という人が茅ヶ崎の柳島の港に来たことがある。
 ウチのご先祖様はその姿を見たんだそうだ』
と昔から口癖のように言っています。

↓生家のある周辺は次郎長通り商店街になっています。
18032102.jpg
生家の前にあるおソバ屋さんで
お昼ごはんを食べました。

↓次に、久能山東照宮に行きました。
18032104.jpg
久能山東照宮は、徳川家康のお墓があるたいへん有名な神社です。
徳川家康は駿府(静岡)で亡くなりましたが
すぐにこの場所に埋葬されたのだそうです。

↓これが徳川家康のお墓です。
18032105.jpg
3代将軍の徳川家光が
このような立派な石造りの霊廟に改築したそうです。

↓ひじょうに静謐な雰囲気の空間です。
2018032103.jpg
両親は久能山東照宮でお参りしたり
徳川家に関する博物館を見たりして、とても感激しておりました。

このあと両親と姉を日本平ホテルに送って
『帰りはホテルのバスが静岡駅まで送ってくれるから
 新幹線で帰ってきてくれよ~』と言って
僕はそのまま一人で高速道路を走って帰ってきました。

夜になって母親からメールが来ました。
ホテルの眼下に広がる静岡市の夜景が素晴らしく
父親は感激して客室の大きな窓の前を行ったりきたりしながら
ずっと眺めている、とのことでした。
ありがたいことでございます。

3月20日(火)雨

きょう、先ほど
6歳の息子と近所の公園に行って
桜が咲いているかどうか偵察してきました。

おとといは一輪も咲いていませんでしたが
今日はほんのちょっとですけれど
確かに咲いていました。
週末くらいにお花見ができますでしょうかね。
とても楽しみです。

ところで今日は
茅ヶ崎市立梅田小学校の卒業式に行ってきました。

卒業生と5年生の皆さんが『6年間のたからもの』を、
また5年生が送辞で『風のことば』を歌ってくれました。
どちらも、透き通った歌声が印象的な素晴らしい合唱で
作者としてほんとうに光栄に思います。

6年生の皆さん、卒業おめでとうございます。
中学生になっても
元気に楽しくがんばってほしいです。

3月18日(日)晴れ

今日は日曜なのでラジオの生放送の日でした。

星のコーナーは
こじし座と、やまねこ座の話をしましたよ。

ということで
また一週間がんばりましょう!!

3月17日(土)晴れ

今日はお仕事で
電車に乗って横浜の桜木町に行ってきました。

帰りに横浜駅のホームで
崎陽軒のシューマイを買ってきて
晩ご飯にみんなで食べました。
たいへん美味しかったです。

3月15日(木)晴れ

毎年8月中旬には
ペルセウス座流星群の活動があります。

年間を通して流星群はたくさんありますが
ペルセウス座流星群は
流れ星の数が最も多いものの一つです。
夏休みの時期で、寒い思いをせずに見られることもあって
気軽にたくさん流れ星を見ることができます。

それで、今年はそのペルセウス座流星群の
条件がとても良いとされています。

『条件が良い』とは、
月が新月なので
眩しい月明かりに邪魔されず暗い星までよく見えることや、
ピークの時刻が
日本が見やすい時間帯に当っている、ということなどです。

それに、今年の夏は『火星の大接近』があるので
ビカビカとものすごく明るく輝く火星を眺めながら
ペルセウス座流星群を見るという稀有な体験ができるはずです。

そういうこともあり、
今年のペルセウス座流星群は
久々に気合を入れてちゃんと見たいなあと思いました。

また、6歳の息子が以前から
『ぼく、惑星は望遠鏡でぜんぶ見たから、
 次は流れ星を見たいよ』と言っていたこともあり、
どこか、星のキレイなところに泊りがけで行こうと計画しました。

で、おかげさまで
いろいろと探しまして
ペルセウス座流星群のピークの日にあわせて
とある場所の宿を2泊予約することができました!!

インターネットで探して
たまたま見つけた宿です。
美しい星空を眺めるには抜群のロケーションにあり、
(神奈川県からはちょと遠いですが)
宿のサイトに載っていた『星空を眺めるためのテラス』の写真を見て
『これはいいなあ』と思ったのですぐに電話をかけました。

そうしたら、そのテラスにすぐに出られる
最上階の部屋がまだ空いているというので
そこを予約させてもらいました。

今から急に楽しみになってきましたが
お天気だけは運を天に任せるしかないので
泊まっている2泊のどちらかだけでもいいので
晴れてくれることを祈るばかりです。

昨年の夏休みはお仕事がとても忙しく、
子どもたちを連れてレジャーに行けたのが
『新潟県での演奏に子どもたちも連れて行き
 帰りに福島県の裏磐梯に1泊して
 五色沼をハイキングして猪苗代湖で遊覧船に乗る』
という、たった1日だったので
(これはこれで非常に素晴らしい体験でしたが)

『2018年の夏休みは
 子どもたちのために、もうちょっと
 ちゃんとした夏休みをやりたいなあ…』
という想いをずっと引きずってまいりました。

ということで
無事に宿が予約できたので、

昨日、二宮町の吾妻山公園に菜の花を見に行った際
山の頂上についたときに
6歳の息子と4歳の娘に言いました。

『今年の夏休みはねえ、みんなで流れ星を見る旅行に
 行こうと思うんだ。』

息子のほうはそれなりに喜んでいましたが、

4歳の娘が
今朝、起きたときに言いました。

『きょうは、ながれぼしを見に、とおくに行くんでしょ?』

僕は
『違う違う、あれは夏休みの話だ。8月の話だよ。』
と言ったら

『はちがつって、きょう?』
と言うので
カレンダーをめくりながら
『8月というのはこんなに先のことだ』
と説明しました。

そうしたら
『いやだ~、ながれぼし、きょう見に行きたいな~』
と言いました。

息子のほうは宇宙や天文に興味を持っていますけれど
娘がそんな反応を示したのは意外だったので
『お前さん、星なんかに興味があったっけ?』
と聞きました。

よくよく話をきくと
彼女は天文学的・科学的な意味で流れ星が見たいのではなく、

プリンセスの映画や絵本で
ロマンチックなシーンで流れ星がよく登場するので
そこで流れ星というものの存在を知り
憧れのプリンセスと同じような体験をしてみたいと
望んでいるようなのです。

なるほどなあと思いました。
まあ、興味の入口は何でも良いと思います。
それまでの経緯はどうでもいいので
満天の星空や、天の川や、流れ星や、赤くビカビカ光る火星を
娘が見たら、それは彼女にとってささやかな財産になると思います。

ということで
明日もがんばりましょう!!

3月14日(水)晴れ

今日は、6歳の息子と4歳の娘を連れて
平塚駅から電車に2駅乗って
↓二宮駅前の吾妻山公園に行ってきました。(クリックして大きくして見てね)
18031401.jpg
山頂でお昼ご飯を食べました~。

この吾妻山公園は
JR東海道線の二宮駅から歩いて行けますが、
↓まずこのような300段の急な階段を登ります。
18031405.jpg
階段を上りきって
↓このような道を歩くと菜の花が見えてきます。
18031406.jpg
山頂に着くと
菜の花と相模湾と富士山と箱根山の
絶景が広がります。

この二宮駅前の吾妻山公園は
ウチの地元の周辺では屈指の名所で
ほんとうにオススメの場所ですので
↓県外の方もぜひ東海道線に乗ってお越しいただきたいものです。
18031403.jpg
↓これは、双眼鏡(無料です)で景色を眺める息子です。
18031402.jpg
『あっ!西湘バイパスの料金所が見える!
 海がキラキラ光ってる!
 真鶴半島が見える!』
などと叫びながら眺めておりました。

↓登山道にはハナニラが咲いていました。
18031404.jpg
ハナニラの花は
僕は今年初めて見ました。
どんどん春になってゆきますねえ。

3月13日(火)晴れ

おととい、東京の早稲田の音楽スタジオで行われた
合唱曲のレコーディングに立ち会ってきました。

一日で5曲をレコーディングするという
とてもハードなレコーディングでした。
5曲とも僕が作詞作曲をした合唱曲です。

まず、朝9時から午後3時頃までの長時間をかけて
渋谷区少年少女合唱団の皆さんが
『いつかこの海をこえて』
『一つの明かりで』
『空の美術館』
『天の川のひとしずく』
の4曲をレコーディングしてくださいました。

続いて、むさし野ジュニア合唱団"風"の皆さんが
『まるい地球をひとまわり』
をレコーディングしてくださいました。

これらの音源は
音楽之友社から出版されている月刊誌『教育音楽』(小学版)の
5月号(4月18日発売)の付録CDとして
販売されるそうです。
ぜひ皆さまに聴いていただけましたら幸いです。

こうした合唱の音源CDが制作される理由の第一は、
『楽譜を見るだけよりも実際の演奏の音源を聴いたほうが
 どんなふうに歌ったらいいのかイメージが掴みやすいな』という
全国の学校の先生がたのニーズにお応えするということだと思います。
いわゆる、模範歌唱ですね。

しかしながら
合唱団の皆さんの演奏は
そういった事情はまったく別にして
純粋に音楽として感動的です。

合唱団のメンバーのお子さんたちは
みんな本当に上手いですし、
鳥肌が立つくらい感動的な合唱を作ってくれます。
小学3年生くらいの子もいるのですが
何時間も立ちっぱなしで歌い続けるのは
体力的にも精神的にも大変なことだと思います。

僕はただ座って聴いて
『おお、素晴らしいですねえ!』
とか言ってるだけですので
ほんとうに恐縮です。

音楽的な細かい指示は
これらの楽曲を合唱用に編曲された富澤裕先生や、
出版社の方や、ディレクターの方が
『17小節目の2拍目の四分音符のタイミングをもっとそろえて歌ってください』とか
『25小節目はアルトを少し抑え目にしてソプラノはもっと張ってください』などと
的確に出してくれます。

僕は『自分が作った歌をこういうふうに歌ってほしい』
というリクエストは基本的には何もありませんし
(歌ってくれてありがとう!という感謝の念しかないです)、
合唱というものについては全くシロウトの門外漢ですので、

そういう部分は専門家の皆さまにお任せして
ひたすら皆さんの合唱に聞きほれて感動しております。

ということで
こちらのCDが発売されましたら
また改めて告知をさせていただきたいと思いますので
皆さまにも聴いていただけたら嬉しいです。

3月12日(月)晴れ

今日は、地元の茅ヶ崎市立松浪小学校に行ってきました。

6年生の皆さんが
来週に行われる卒業式でCOSMOSを歌われるということで
作者としていろいろお話してきました。

皆さんの合唱も拝聴しました。
みんなの音程やハモリがひじょうに正確で
美しく雄大な合唱でした。
卒業式でも元気に楽しんで歌ってほしいです。

児童の皆さん、先生がた
ほんとうにありがとうございました。

3月9日(金)雨のち曇り

今日は平塚市博物館のプラネタリウムで
コンサートでした。

お越しいただいたお客さま
博物館の先生がた
ほんとうにありがとうございました。

プラネタリウムのコンサートでしたので
曲にあわせて
いろいろなカッコいい演出をしていただきました。

『COSMOS』では、138億光年の旅にみんなで出かけました。
『流星』では、"幻の流星雨"として知られる1956年の『ほうおう座流星群』や、
夜空を埋め尽くすほどの流れ星を見た人々が『世界が火事だ!』と叫んで
パニックになったという1833年のしし座流星雨などの
貴重なシミュレーション映像をバックに演奏しました。
ほんとうにカッコよかったです。

星座解説も僕がやらせていただきました。

2018年の天文現象の話もしたのですけれど、
今年は夏休みの時期に
見ごたえのある天体ショーがいろいろと起こります。

火星の大接近や
皆既月食や
ペルセウス座流星群(今年はとても条件が良い)などが
夏休みにまとめて起こります。

6歳の息子が流れ星を見たいと言っているので
今年のペルセウス座流星群は
気合を入れて、どこか星空がキレイに見える場所に
泊りがけで見に行きたいと思って計画しております。

3月8日(木)雨

今日はまたものすごく寒いです。

3月になってからずっと暖かかったので
いっそう寒さが身にしみます。

ということで
明日もがんばりましょう!!

3月7日(水)晴れ

今日は、茅ヶ崎市立柳島小学校にお招きいただきまして
行って参りました。

6年生の皆さんが
卒業式で『地球星歌』を歌われるそうで
作者としていろいろお話してきました。

皆さんの合唱も拝聴しました。
みんな声が良く出ていて
音程の正確さがすばらしかったです。
表現も豊かで、とても感動的な合唱でした。
卒業式でも、元気に楽しく歌ってほしいです。

児童の皆さん、先生がた
保護者の皆さま
ほんとうにありがとうございました。

3月6日(火)晴れ

今日は、大磯町立国府中学校の
合唱コンクールにゲストとしてお招きいただきまして
コンサートを行ってきました。

国府中学校では
全校で『COSMOS』を歌ってくださっているのだそうです。

今日も最後に全校生徒の皆さんが
『COSMOS』を歌ってくれました。
ひじょうに上手かったです。
みんな声がとてもよく出ていて
音色がキレイで音程も決まっていて
感動的な合唱でした。

生徒の皆さん、先生がた、保護者の皆さま
ほんとうにありがとうございました。

3月5日(月)暴風雨

今日は、市民病院に行ってきました。

レントゲンを撮って
先生に診察していただきました。

トルコで右腕を骨折して手術をしてから1ヵ月半ほどが経ちまして、
骨自体はだいぶ順調に
回復してきているのだそうです。
ありがたいことでございます。

リハビリも家で毎日がんばっていますので
自分の力で右腕が上がるようになってきました。
もうシャンプーもできます(笑)。
頭の真上を通り越して
右手で左耳も触れます。

先生には
『もう特に"これをやってはいけない"ということは無いので
 普通に生活して良いですよ。クルマの運転もしていいです』
と言っていただきました。

まあでも
引き続きリハビリを毎日がんばっていきたいと思います。

それはそうと、
市民病院に行ったら
地下の食堂でお昼を食べるのを楽しみにしています。

これまで『カレーライス』と『こがしネギラーメン』を食べました。

今日は
『しょうが焼定食』と『カツカレー』で
だいぶ悩んだのですが
カツカレーにしました。
とても美味しかったです。

次はショウガ焼定食を食べたいと思います。
山菜ソバも食べたいです。

ということで
今日は暴風雨で本当に大荒れの天気でした。
台風みたいでしたね。

3月4日(日)晴れ

今日は、僕の実家の近所にある
南湖公民館のお祭りで演奏してきました。

ひじょうにアットホームな雰囲気のライブでした。
お越しいただいたお客さま、南湖公民館の皆さま
ほんとうにありがとうございました。

そして今日は日曜なので
ラジオの生放送の日でした。

星のコーナーは
しし座の話をしましたよ。

ということで
また一週間がんばりましょう!!

3月3日(土)晴れ

今日はまた、先日(といっても1ヶ月いじょうも前ですが)行ってきた
トルコ旅行の写真の続きを載せます。

↓これは、トルコ西岸にある世界遺産
エフェソス(エフェス)の遺跡です。(クリックして大きくして見てね)
18030301.jpg
大理石にギリシア語が刻まれています。

エフェソスの遺跡は
いまから3000年くらい昔の
古代ギリシア文明の時代からその歴史が始まったそうですが、

大きく発展したのはローマ帝国の時代です。
こんにちのトルコが古代ローマ帝国の領地となったことで
エフェソスも『アジアを代表する大都市』として整備されてゆきました。
18030302.jpg

↓これは図書館だそうです。すごい大きさです。
18030303.jpg
エフェソスの遺跡の中でもとくに圧倒されたのが
↓24000人収容という大劇場です。
18030304.jpg
↑ステージに立ってバンザイしているのは
同じツアーで一緒になった、東京都品川区からご参加のお姉さんです。

18030305.jpg
今から2000年も昔に
このようなインフラを整備したローマ帝国というのは
ほんとうに凄いと思います。

古代ローマ帝国は
軍事力によって周辺地域をどんどん征服してゆき
いまから1800年くらい昔の『五賢帝』の時代には領土が最大となり
ヨーロッパ、アジア、アフリカにまたがる『世界帝国』となりましたが、

征服した土地を蹂躙し搾取するのではなく
そこに首都ローマにならった立派な都市を建設して
道路や水道や娯楽施設などのインフラを整備し
現地の民族に文化的で快適な生活を提供することで
帝国の『仲間』として迎え入れるという政策を一貫してとったと
言われています。

征服した土地の文化を尊重し、自治を認め
征服した土地から優秀な人材が出れば重用し
その人が皇帝にまで上りつめたという例もたくさんあります。

そういった一連の方針が
広大なローマ帝国が何世紀にもわたって存続した理由の一つだとも
言われています。

僕はローマ帝国の歴史がとても好きなのですが、
世間一般ではローマ帝国というと

『円形競技場(コロッセオ)で
 奴隷と猛獣を戦わせて市民が熱狂した』
というような一面ばかりが強調されて
ずいぶん野蛮なイメージに偏ってしまっている部分もあるなあ、という
感じがいたします。

ということで
また機会がありましたら
トルコ旅行の写真をドンドン載せたいと思います。

3月2日(金)晴れ

今日は、アクアマリンで
平塚市立横内中学校にお招きいただきまして
講演を行ってきました。

タイトルは
『生き方を学ぶ講演会』というもので
1時間半ほどの時間で
音楽のお仕事の話や、いろんな国を旅した話や
これまでの人生の話などを
してまいりました。

また、『COSMOS』、『地球星歌』など
6曲ほどを演奏しました。

講演会の最後は
全校生徒の皆さんが『COSMOS』を一緒に歌ってくれました。
たいへん盛り上がってヨカッタです。

全校生徒の皆さま、先生がた
本当にありがとうございました。

それにしても
『生き方を学ぶ講演会』というのは
ひじょうに崇高なタイトルです。

平塚市内の中学校はだいぶ前から
毎年、各中学校でこのタイトルで生徒の皆さんを対象にした講演会を
行っているのだそうです。
おとといの土沢中学校もそうでした。

そもそも『生き方』とは何でしょうか。
その定義というのは人によってさまざまだと思います。
サチコネエサンは
『自分はこうありたい。自分はこうなりたい』という意志のことだと
講演のなかで言っていました。

僕は、生き方とは
『自分に与えられた時間を何に費やすか』という選択だと
定義しています。

ということで、昨日から3月になりました。
急に暖かくなったので
近所の道辺のホトケノザの花が急にたくさん咲いています。
これからはいろんな花がどんどん咲くので
とても楽しみな季節であります。