FC2ブログ

12月31日(火)晴れ

今日は大晦日ですが
平塚はものすごく暖かいです。
とても天気が良くて、深く雪をかぶった富士山も
たいへん美しく見えます。

昨日までとても忙しかったので
年越しの準備は絶望的に間に合いませんが(笑)、
さきほどスーパーに行って
おソバと、大きな海老天を4本買ってきましたよ。

今年もいろいろなところで演奏させていただきまして
楽しい一年を過ごしました。
皆さま本当にありがとうございました。

一年の最後には
せんじつテレビ朝日の音楽番組『ミュージックステーション』の企画で
合唱曲ランキングの1位にCOSMOSを選んでいただき
僕たちも新宿の花園小学校の児童の皆さんと一緒に出演させていただきました。
とても楽しかったです。
たいへん光栄なことで、
これまでこの歌を歌ってくださった皆さまに感謝申し上げます。

ことし2019年も
たくさんの素晴らしい体験に恵まれましたが
いちばん良かったことを一つだけあげるとすれば
春休みにアメリカのヨセミテ国立公園に行けたことですね。

『アメリカ西部の国立公園を巡る』ということは
僕のライフワークの一つのようになっていました。

2002年に、しし座流星群の大出現を見るために
初めてグランドキャニオンを訪れたときに
その壮大な大自然の絶景に衝撃を受けまして、

帰国する飛行機のなかで僕はもう
ゼッタイにまた来る! そしてアメリカ西部の他の国立公園の数々を巡る!
と誓願を立て(笑)、ガイドブックを見ながら計画を立てていました。

翌年2003年に1ヶ月ほどかけてレンタカーで
いろいろな国立公園を巡ってたくさん感動しましたが、
それでもアメリカ西部は広く
星の数ほどある魅力的な国立公園や州立公園のなかで
自分が『ここに行ってみたい!』と思った場所を周るだけでも
まだまだ何度も来なければ……と思いました。

それから今年まで数年おきに
2~3週間ほどのレンタカー旅行をトータルで7回ほど行い
アリゾナ州、ユタ州、コロラド州、ニューメキシコ州、テキサス州、
ワイオミング州、サウスダコタ州、ネバダ州、カリフォルニア州などを巡りました。

僕のなかでは、
自分が『どうしても行きたい』と思ったたくさんの国立公園のなかで
最後に残った『大物』がヨセミテでした。

ことし、そのヨセミテに行くことができ
高さ1000mの垂直な絶壁を見上げ、
落差700mの滝を見上げたときに
いちおう、『どうしても見たいと思った』ものは一通り見られたなあ
という気持ちになりました。

2002年に初めてグランドキャニオンを見たときから
17年もかかってこの境地にたどり着きました。
自分の気持ちに、ひとつの区切りがついた気がします。

もちろん、まだ行ったことのない国立公園や州立公園は
たくさんありますので
これからもチャンスがあったら
どんどん行きたいですし、
すでに行ったことがある場所も、何度だって行きたいです。

僕が初めてアメリカに行く前に
ある人が僕にこう言ってくれました。

『アメリカ西部の大自然は、
 地球もまた一つの惑星であることを私たちに教えてくれます』

僕は今でもこの言葉ほど
アメリカ西部の魅力を端的に表す言葉はないと思っております。

僕にとっては
アメリカ西部の『3大』国立公園は
●グランドキャニオン
●イエローストーン
●ヨセミテ
です。
これは本当に、自然を愛する方や、
アクアマリンの音楽を気に入ってくださる方には
『一生に一度は行く価値があります』とオススメしたいです(笑)。

他にもアーチーズとか、モニュメントバレーとか、ザイオンとか
アイランド・イン・ザ・スカイ(キャニオンランズ)とか、
ブライスキャニオンとか、ホワイトサンズとか、デスバレーとか、
グランドティトンとかデビルズタワーとかバッドランドとか
ホースシューベンドとか
いくらでもスゴイ絶景が無数にありますので
アメリカ西部の国立公園めぐりは皆さまにオススメしたいです。

ということで
今年も一年間ありがとうございました。
皆さま良い年をお迎えください。
スポンサーサイト



12月30日(月)雨のち晴れ

今日は東京のライブハウス『御茶ノ水KAKADO』で
年末コンサートでした。

お越しいただいたお客さま
ライブハウスの皆さま
本当にありがとうございました。

お陰さまでアクアマリンも仕事納めとなりました。
今年もあと23時間と20分です。
皆さま楽しい大晦日をお迎えください!!

12月29日(日)曇り

今日は日曜なのでラジオの生放送の日でした。

星のコーナーは
来年の天文現象の話を少ししましたよ。

個人的には、
これから半年間くらい夕暮れ空に金星がずっと見えることと
来年秋の火星の大接近がとても楽しみです。

それにしても、そろそろ
肉眼で長~~~いシッポが見られるような
大きなホウキ星に来てほしいですよねえ。

南半球の国々で見られた大彗星は近年いくつかありましたが
日本では1997年のヘールボップ彗星以来
20年いじょう無いですからねえ。

12月28日(土)晴れ

6歳の娘が
『あたし、カメラマンになりたい』と言い出しまして、
サチコネエサンがアメリカ旅行に行くときに買った
ミラーレス一眼のカメラを使い始めたので、

壊されたらたまらないと思いまして、
『じゃあ、クリスマスプレゼントにお前さん専用のカメラを買ってやるから
 ミラーレス一眼は使わないでくれ。それ高いんだよ。落として壊れたら大変だ』
と言いました。

で、ヤマダ電機に行きまして店員さんに
『すみません、いちばん安いデジカメを下さい』
と言いました。

1万円くらいのがあったので
娘と息子に1個ずつ買いまして
これをもって親からのクリスマスプレゼントとしました。

子どもにカメラを与えたのは
僕の友人から聴いた話を覚えていたからです。

その友人は天体写真などもよく撮っている人なのですけれど
娘さんが幼稚園児のときに
要らなくなった安いデジカメを
オモチャ代わりに与えていたら
おもしろがって身の回りのものや景色を
手当たりしだい撮りまくっていたそうなのですね。

それで、その娘さんが小学校の高学年になった今、
『おとな顔負けの、びっくりするくらい良い写真を撮るようになった』
と言うのです。

その話を聞いて、
なるほどなあ、子どもが小さいうちからカメラを与えると
美術的なセンスが身に着くということが
あるかもしれないなあ……と思いまして
ウチも真似してやってみることにしました(笑)。

僕自身も、小学生の低学年の頃から
父親の一眼レフを借りて
よく電車の写真を撮っていました。
おかげで今も写真を撮るのは好きです。

僕の場合は美術的センスはべつに身に着きませんでしたけれど(笑)、
アクアマリンのCDアルバムの
『星景歌集』、『海と大陸と南天の星』、『地球星歌』、『LIFE』の
ジャケット写真は自分で撮った写真を使っていますから
自分が感動した風景を自分が表現したいように撮るということは
ある程度はできるようになっているのだと思います。
(ぜんぶ安デジカメで撮ったものですが)

子どもたちには
『全く同じ写真を何枚か撮ったつもりでも、
 そのなかに、なぜか他よりも良く見える写真が1枚あったりするものだ。
 その良い写真の何が良いのか、何が他と違うのかをよく観察して考えるんだ。
 そうすると、だんだん良い写真を狙って撮れるようになってくるものだぞ』
と言っておきました~。

ということで
皆さま楽しい年の瀬をお過ごしください。

12月26日(木)曇り

今日の部分日食は
平塚では曇り空でほとんど全く見られませんでしたが、
14時45分頃に雲が薄くなりまして
少しだけ欠けた太陽が見られました。

子どもたちも
『あっ! ちょっとだけ欠けてる!』
と言いながら見ていました。

いちばん深く欠けるのは午後3時半ころだったのですけれど、
その頃にはもう絶望的にドン曇りで
すっかり諦めました~。

まあでも、ほんの少しだけでも見られて良かったです。

ということで
明日もがんばりましょう!!

12月25日(水)晴れ

今日はサチコネエサンの誕生日なので
みんなでランチを食べにいきました。
僕はステーキを食べました。
とても美味しくて良かったです。

ところで、テレビ朝日の『ミュージックステーション』に
アクアマリンがVTRで出演する予定です。
せんじつ取材をしていただきました。
12月27日の放送のどこかで流れる予定とのことです。

そして明日は
全国的に部分日食が見られます。
太陽がいちばん深く欠けるのは
東京あたりでは午後3時半ころです。
お天気はきびしそうですが、ちょっとでも見られると良いですね。

12月24日(火)雪のち晴れ

新幹線に乗って
1泊2日で岩手県に行ってきました。

きのうは、北上市立黒沢尻北小学校の演奏会
『レインボーコンサート』にゲストとして参加させていただきました。

今日は、花巻市立若葉小学校にお招きいただき
全校児童の皆さんを対象に
お話と演奏をいたしました。

児童の皆さんの合唱や演奏を拝聴しましたが
たいへん素晴らしく、美しいものでした。
感動的な音楽を聴かせていただいて
胸がいっぱいになっていたせいか、
帰りの新幹線で大宮の辺りから見えた富士山も
いっそう美しく見えました~。

児童の皆さん、先生がた
保護者の皆さま
ほんとうにありがとうございました。

12月22日(日)曇りのち雨

おとといは
平塚市の子育て支援センターで
クリスマスコンサートでした。
幼児のみんなとそのママさんパパさんたちに
コンサートをお届けしました。

そして昨日は
岐阜市科学館でクリスマスコンサートでした。
プラネタリウムでの演奏でしたので
満天の星空や天の川やカッコいい映像などで
音楽にあわせて素晴らしい演出をやっていただきました。

お越しいただいたお客さま、
子育て支援センターの皆さま
岐阜市科学館の皆さま
ほんとうにありがとうございました。

ということで
また一週間がんばりましょう!!

12月18日(水)晴れ

先日、6歳の娘に

『今度みんなで新宿に行くぞ。』
と言ったら

『えっ! みんなで、真珠の国に行くの?』
と答えました。

何を言っているんだろうと思いましたが
すぐに、なるほどなあと思いました。

『こんど、みんなで、しんじゅくに、いくぞ』

『こんど、みんなで、真珠国、いくぞ』
に聴こえたわけですね。

娘には
『分からないでもないけどさ、
 お前さんはいったいどんな世界に生きてるのよ』
と言っておきました~。

ということで
明日もがんばりましょう!!

12月17日(火)雨のち曇り

今日は原稿書きのお仕事をしていました。

お陰さまで書き終わりまして
編集部サンにメールで送りました。

それにしても
明日はとても暖かくなるらしいです。
20℃くらいになるそうです。
なんだかすごいですねえ。

12月16日(月)晴れ

今日の平塚の夕暮れもとてもきれいでした。

富士山のシルエットが美しく見えましたよ。

ということで
明日もがんばりましょう!!

12月15日(日)晴れ

今日は日曜なのでラジオの生放送の日でした。

星のコーナーは
来週の木曜日(12月26日)に全国で見られる
部分日食の話をしましたよ。

ということで
また一週間がんばりましょう!!

12月14日(土)晴れ

今夜も月がきれいです。

ところで今日の晩ご飯は一人でしたので
コンビニの冷凍の五目あんかけ焼そばを食べました。

おいしいので月に一度くらい食べます。
シャキシャキ野菜もたくさん入っていて
いまの冷凍食品はスゴイナーと思います。
パスタもよく買ってきてお夜食に食べます。

12月13日(金)曇り

僕は読書がとても好きで
寝る前に安ワインを飲みながら本を読むのが
ほんとうに幸せな時間であります。

歴史(日本史&世界史)とか科学の本が中心なのですけれど
ここ数日は、知人から『ぜひ読みなさい』と薦められた
上温湯隆さんの『サハラにかけた青春』、『サハラに死す』という
2冊の本を読んでました。

上温湯隆(かみおんゆ・たかし)さんというのは
いまから50年くらい昔に
ヒッチハイクと野宿で世界を放浪した旅人です。
入学したばかりの高校を中退して、
17歳から2年以上かけて世界を巡る旅をしたスゴイ人です。

その旅で訪れたサハラ砂漠に魅了され
いったん帰国したあと
『サハラ砂漠を一人でラクダに乗って横断する』という
前人未到の冒険旅行に出発しますが
途中で壮絶な死を遂げます。享年22歳でした。

この本を読んでいたら
8歳の息子が『パパ、なに読んでるの』
と言ってきたので

『この地図を見てごらんなさい。
 モーリタニアのヌアクショットからスーダンまで、
 大西洋から紅海まで
 アフリカのサハラ砂漠をたった一人でラクダに乗って7000kmを横断しようとした
 日本人のお兄ちゃんがいたのだ。
 でも途中で亡くなったのだ。その旅行記だ。』
と言いました。

そして続けて
『お父さんも、ちょうどこの人と同じ21歳のときに冒険旅行に出たことがあるぞ。
 このお兄ちゃんはサハラ砂漠を横断しようとしたけれど、
 お父さんはシベリア鉄道に乗ってユーラシア大陸を横断しようとしたんだ。』
と言いました。

息子が
『パパは、横断したの?』
と聞いてきたので

『したね。
 お父さんの場合はサハラ砂漠を一人で横断するなどという命懸けの冒険ではなくて
 3週間で1万1千キロを鉄道で旅しただけだ。
 ちょっと電車に乗りに行っただけだ。
 でも、お父さんにとっては、それは冒険だったな。
 一人で知らない国に行ってちゃんと駅や宿までたどりつけるか、
 ちゃんとキップや宿の予約ができているのかどうか、
 お金が足りるかどうか、いろいろと本当に不安だったけど
 なんとか向こう側に着いて帰ってきたんだ。
 ほんとうに素晴らしい体験だったよ。
 サハラ砂漠の真ん中で亡くなったこのお兄ちゃんのことを
 無謀だったと言う人もたくさんいるらしいけれど、
 僕はこの人の、どうしても旅に出なければならなかったという気持ちが分かるな。
 お父さんがシベリア鉄道でユーラシア大陸を横断したのも
 キリマンジャロに登ったのも
 オーストラリアのナラボー平原を車で一人で横断したのも
 ママと一緒に南米大陸を反時計回りに
 エクアドルからブエノスアイレスまで100日かけて旅したのも
 そんなものは今では誰でも行けるただの安全な観光ルートなんだけど、
 少なくとも僕にとっては冒険だったよ。挑戦だったよ。』
と言っておきました~。

ということで
皆さま楽しい週末をお過ごしください。

12月12日(木)晴れ

今日の平塚は
雲ひとつない素晴らしい夕焼けが見られました。

夕暮れの南西の低い空に
金星と土星が並んで輝く様子が見られました。
金星と土星がいちばん近づくのは昨日だったのですけれど
きょうもお互いに近くで並んでいて
美しい眺めです。

8歳の息子と眺めていたら
反対の東の街並みの上に
大きな満月が昇ってきて
なかなかギョッとするような光景でした。

ということで
明日もがんばりましょう!!

12月11日(水)晴れ

今夜の平塚は雨でしたが
夜になって丸いお月様と星が出ました。

子どもたちが
月のとなりにひとつ星が見えるというので
『あれはアルデバランだな。』

と言っておきました~。

ということで
明日もがんばりましょう!!

12月9日(月)曇りのち雨

今日も平塚は寒かったです。
夜になって、いま外で雨音がしています。

ということで
明日もがんばりましょう!!

12月8日(日)晴れ

今日は日曜なのでラジオの生放送の日でした。

星のコーナーは
金星と土星の話をしましたよ。
今週は、夕暮れ直後の南西の空の低いところに
金星と土星が寄り添って輝く光景が見られます。
水曜日(11日)にもっとも近づくのだそうです。

今日の夕暮れもとても素晴らしいお天気でしたので
16時48分に見たらもう平塚では金星が見えました。
金星はマイナス4等星なので、日没後のまだ明るいうちから見えますね。
17:00になればもうビカッと輝いてよく見えます。

土星は1等星くらいなのでもう少し暗くなってから見え始めますが、
明るい明るい金星のそばにいますから、見つけやすいと思います。

ということで
また一週間がんばりましょう!!

12月7日(土)曇り

日常生活で電車に乗ることがとても少ないので、
これまで電車に乗るときは
いちいちキップを買っていました。

が、しかし
世の中がキャッシュレスな方向に進んでいますので
先月からスイカを使うようになりました。
JRの電車にも神奈中バスにも乗れるし
自動販売機でコーヒーも買えるようになりましたよ。
(慣れないのでまだちょっとドキドキしますが)

ポイントももう107ポイント貯まりました。
(これをどうやって使うのかまだよく分かりませんが)

それで、昨日は相模原市の小学校に行くさいに
スイカで小田急線にも乗りました。
さらには駅のおソバ屋さんでタヌキソバを食べるときに
食券もスイカで買いましたよ。
ピッとやるとタヌキソバが食べられるなんてなんだか凄い世の中ですねえ…。

ということで
明日も寒そうですが皆さまご自愛ください。

12月6日(金)晴れ

今日は、相模原市立谷口台小学校に行って
6年生の児童の皆さんを対象に
作詞の仕方についてお話してまいりました。

みんなとても熱心に聴いてくれて
僕も楽しくやらせていただきました。

児童の皆さん、先生がた
ほんとうにありがとうございました。

それしても
今日もとても寒かったですが
あしたはもっと寒いそうです。

皆さま風邪などひかないようにして
楽しい週末をお迎えください。

12月5日(水)晴れ

今日もとても天気が良くて
夕暮れ空に金星と土星がよく見えました。

金星や土星や木星や火星などの
太陽系の惑星は
肉眼でもとても明るく見えます。

なかでも金星や火星などは
地球に近いので、動きがとても速いです。
毎日見ていると、わずか数日でも
『高く昇るようになったなあ』とか
『金星と土星がお互いにずいぶん近づいたなあ』とかが分かります。

ということで
明日もがんばりましょう!!

12月3日(火)晴れ

今日の平塚はとても良い天気でした。

夕暮れの空に
金星やお月様がよく見えました。

そうそう、先ほどクルマで
夕方に海沿いの国道134号線を東に向かって走っていたら
明るくて経路の長い流れ星を見ました。
時刻は17時12分頃で、明るさはマイナス2等くらいで
南から東へ向かって落ちてゆきました。

助手席に乗っていた娘も
『見た!見た!』と言っていました。

ということで
明日もがんばりましょう!!

12月2日(月)大雨のち晴れ

今日の平塚はすごい大雨でしたが
夕方には止んで、夕焼けやお月様も見えました。
今夜は気温も高くて暖かいです。

ところで先日、
電車に乗って東京に行ってきました。

東京駅の近くの中華料理屋さんで
チュニジア旅行で知り合った
お友だちと飲み会がありました。

僕とサチコネエサンは
2009年の秋に旅行会社(H.I.S.)のパックツアーで
アフリカ北部のチュニジアという国に行ったのですけれど、
その時にツアーで一緒だった十数人のメンバーたちと
今でも年に一度くらい、みんなで会って飲み会をやっているのです。

これはひとえに、
幹事を買って出てくれて毎回みんなに声をかけて
お店を予約してくれる一人のメンバーがいるからで
僕たちもとても感謝しています。

おかげで、旅行から10年経った今でも
なつかしい人たちと会って話すことができます。
こういう人間関係は、とても楽しくてありがたいものです。

ウチは子どもたちがいるので
サチコネエサンと僕が交代で出席しています。

チュニジアっていう国は
日本人の旅行先としてはあまりメジャーではなく、
どちらかというと少しマニアックな国なので

ツアーで一緒になった仲間たちはみんな
相当に旅好きで、
すでにいろいろな国を旅した経験がある人たちばかりでした。

今でも、たまに会って
『さいきんどこへ行ったの?』
と聞くと
みんな毎年いろいろな国へでかけていて
その行先も中東やアジアやアフリカなどの
あまり耳にしたことがないような国ばかりです。

そういう人たちの旅の体験談を聞くのは
本当に楽しい時間であります。
僕もまたいろんな国に行きたいなあという気持ちになります。