FC2ブログ

1月30日(木)晴れ

今日もとても暖かかったです。
日も長くなってきましたし、
もう春が来たような陽気です。

さきほど、夕暮れの空に
三日月と金星が見えました。
ひじょうに美しい光景でした。

ということで
明日もがんばりましょう!!
スポンサーサイト



1月29日(水)晴れ

今日の平塚はとても暖かいです。
春になったような陽気です。
暖房をつけていないのに
リビングの温度計が26.1℃になってます。
(外は18℃ほどらしいですが、日差しが強いです)

ところで
↑『LIVE』のページにも載せてもらいましたが

2月22日(土)に
富士山の麓で行われる星空観望会で
演奏させていただきますので
お時間のあるかたは足を運んでいただけましたら幸いです。

毎年この時期に行われているイベントで
星の会のみなさんが会場に望遠鏡をたくさん並べて
すばる(プレアデス星団)とかオリオン大星雲など
いろんな天体を見せてくれます。
星空も素晴らしいので、晴れるといいなあと思います。

3月21日(土)は東京の大田区の素敵なライブカフェで
ライブをやらせていただきます。
こちらで演奏するのはアクアマリンは初めてですので
楽しみにしています。こちらもぜひ皆さまお越しくださると嬉しいです。
(ご予約方法など、詳しくは↑『LIVE』のページをごらんください)

1月27日(月)曇りのち雨

今夜の平塚はとても寒いです。

天気予報では
これから明日にかけて
関東南部の平野部でも雪になると言っていますが
どうでしょうか。
平塚はいまのところ雨が降っています。

ところで今日
6歳の娘が散歩の途中で
『あたし、ビッグバンって知ってる。宇宙が始まったときでしょ。』
と言うので

『そうだ、いまから138億年も昔のことだ』
と答えたら

『それって、人間がサルみたいだったとき?』
と言いました。

なるほどなあと思いました~。

そういえば、いま8歳の息子も
彼が幼稚園児のときに
『むかしむかし、地球上には恐竜がいたのです』と僕が言ったら

息子は
『それって、昭和?』
と言っていました。

ということで
明日もがんばりましょう!!

1月26日(日)雨のち曇り

今日は、茅ヶ崎市民文化会館のホールで行われた
吹奏楽と合唱のコンサート『音歌祭』に出演させていただきました。

吹奏楽40名、合唱団90名、アクアマリン2名という
壮大なスケールのコラボレーションで『COSMOS』を演奏させていただき
とても貴重な、得がたい体験をすることができました。
僕はピアノを弾きながら
『なんだかスゴイ音楽の中にいるなあ……』
と感動してしまいましたよ(笑)。

お越しいただいたお客さま
吹奏楽団アンサンブルADAの皆さま、
Lily合唱団の皆さま
ほんとうにありがとうございました。

ということで
また一週間がんばりましょう!!

1月24日(金)曇り

今日の平塚はとても暖かかったです。
今年の暖冬はすごいですねえ。

1月23日(木)曇り

今日は用事があって出かけていましたが
そのあと実家の自宅スタジオに行って
ミキシングの作業をやってました。
おかげさまでボチボチ進みました。

ということで
明日もがんばりましょう!!

1月22日(水)晴れ

先週、函館に行ってきたわけですが
僕としましては
日常のいろいろな機会を
ちょっとでも子どもたちの学びに結び付けられるといいなあと思いますので、
旅行に地図帳を持って行きました。

新幹線で東京から北海道まで
東日本を縦断するように走るということは
なかなかないチャンスですからね。
車内では地図帳の関東地方や東北地方のページを開いて
『いま大宮だ、いま宇都宮だ、いま仙台だ、いま盛岡だ……』と
やったわけですね。

そうしたら意外なことに
6歳の娘がすごく興味を持って
ずっと地図帳を見ながら
『いまどこ?』と聞いてくるわけです。

親としましては
地理に興味を持つのは大切だと思いますから
いちいち丁寧に(笑)説明しておりました。

それで、帰りの新幹線の中で、なにげなく娘に
『もうすぐ青森県は終わりだぞ。』
と言ったら
即座に何も見ることなく
『じゃあ、つぎは、いわて?』
と答えたわけです。

僕はその瞬間に
けっこう感動してしまいましたよ。

娘はだいぶポワ~ンとした感じなのですけれど、
青森県の南のとなりが岩手県だと理解しているのか…!
地理にちょっとでも興味を持つようになったのはすごい進歩だ!と思いました。

旅行から帰ってきた次の日に
幼稚園から歩いて帰ってくるときに、娘が

『あたしね、行ってみたい島があるんだよ』
と言いました。

『ふーん、どこだよ』
と聞いたら
『おもしろい形をした島だよ。こういう形だよ』
と言いながら、指で形を示しました。

よく分からなかったので
『北海道か? 四国か? 九州か?』
と聞いたら

『分からないけど、こういう形だよ』
と、また指で形を示しました。

『分からないなあ…。地図帳で見たのか?
 地図帳を見れば分かるのか?』
と、家に帰ってから地図帳を渡したら

『どこのページだったかなあ…、あっ、あった! これだよ!』
と叫んで指したのが
佐渡でした。

『なるほどなあ、佐渡が島か。
 たしかにおもしろい形をしているなあ。
 そうか、お前さんはここに行ってみたいのか。
 じゃあ、いつか行こう。
 地図を見て、ここへ行ってみたいと思うことは大切だと思うぞ。
 お父さんが北極圏や喜望峰やパタゴニアやアリススプリングスに行ったのも
 いちばん最初は子どものときに地図帳を見て
 ”ここに行ってみたいな”と思ったのがきっかけだったからな』
と言っておきました~。

ということで
明日もがんばりましょう!!

1月20日(月)晴れ

今日の平塚はとても暖かかったです。
15℃くらいになったそうです。

ところで
ここ数日は先日の2泊3日の函館旅行の写真を載せてきましたが
今日で最後になります。

↓これは、最後の日(1月13日)に行った
土方歳三さんが亡くなったと伝えられる場所です。(クリックして大きくして見てね)
20012101.jpg
函館駅から歩いてすぐの場所にあります。

↓このような解説の看板もあります。
20012102.jpg
↓石碑がたっています。
20012103.jpg
土方歳三は
たとえば坂本竜馬とか源義経だとか織田信長だとか真田幸村などと並んで
日本史で最も人気のあるヒーローの一人だと思います。

そのゆかりの地である函館を訪れることができ
とても良かったなあと思います。

実は、僕にとって函館の地を踏んだのは
3回目でした。

1回目は、高校1年生のときです。
まだ本州と北海道を結ぶ海底トンネルができる前、
青森と函館をむすぶ青函連絡船が廃止になる直前の冬休みに、
クラスメイトと3人で
『青函連絡船に乗る』ためだけに函館に来ました。

そのときも2泊3日でした。

東京の上野駅を夜に出発して青森に朝に到着する
今は無き夜行列車・急行『八甲田』(寝台列車ではなく
ボックスシートの自由席の座席に一晩じゅう座るのです)に乗って
青森駅につきました。

その日のうちに青函連絡船で函館に渡り、
着いたらすぐに青森に帰ってきて
そのまま上野行きの急行『八甲田』に乗って帰るという
この上なくクレイジーな旅行でした。
函館には港に1時間くらいいただけで
名所にはどこも行かず、名物は何も食べず、どこにも泊まらず
2泊3日ただひたすら列車と船に乗っていただけでした。

それでも、
この上なく楽しくて面白かったです。
今となっては良い想い出です。

2回目は、大学院を修了して就職するまでの間の
春休みに北海道を回ったときです。

そのときも、本州から列車で海底トンネルをくぐって函館に着いたら
そのまま札幌行きの特急列車に乗ってしまったので
函館はまったく見ませんでした。

あの時は、公務員試験に受かっていて
4月1日から就職することが決まっていたので
『もうこんな自由で長い旅をするのは人生で最後かなあ……』
などという感傷とともに雪深い北海道を周りました(笑)。
(その半年後に有給休暇を取って旅した沖縄の離島で凄い星空を見て
 『やっぱり音楽を仕事にしたい』と決意して
 旅行から帰ってすぐに辞表を出すことになるとは夢にも思っていませんでしたが)

そんな話はいいとして
今回、3回目にしてやっと
函館をちゃんと見てまわることができました。
五稜郭を始めとする幕末の戊辰戦争の史跡も
函館山からの夜景も
朝市のイクラやホタテやイカも
ほんとうに素晴らしくて、もっと早く来るべきだったと思いましたよ。

↓これは、帰りの新幹線で食べた『いかわっぱ弁当』です。
20012104.jpg
函館駅の売店で買って
車内で食べました。
とても美味しかったです。

函館から東京までも
新幹線で4時間の旅です。

東京駅に着くと
鉄道好きの息子が
『この列車の連結部分を見たい』と言ったので
↓わざわざ見に行きました。
20012105.jpg
緑のほうが北海道から乗って来たH5系『はやぶさ』で
赤いほうが秋田から来たE6系『こまち』です。
盛岡で連結して東京まで走ります。
息子は『スゴイ!!!』と連呼しながらたいへん興奮しておりました。

1月18日(土)雪

今日の平塚は雪が舞っています。
とても寒いです。

ということで
きょうも先日の函館旅行の続きを載せます。

↓これは日本三代夜景のひとつ、有名な函館の夜景です。
(クリックして大きくして見てね)
20011701.jpg
函館山に登るロープウェイはものすごい行列で
展望台も観光客でいっぱいでした。
とても寒かったのですが、夜景の向こうにイザヨイの丸い月が昇ってきて
幻想的でした。

ロープウェイの乗り場の近くには
↓美しい教会群や坂道があり、夜はライトアップされています。
20011702.jpg
20011703.jpg
↓ここから市電で駅前のホテルに帰ってきました。
20011704.jpg
泊まったホテルのとなりが
『ラッキーピエロ』というレストランでした。
函館では有名なお店で
観光客もみんな名物のハンバーガーを食べに行くのだそうです。

↓僕はハンバーグを食べました。
20011707.jpg
とても安くてボリュームがあって
美味しかったです。

↓これがそのラッキーピエロさんの外観です。(昼間に撮った写真です)
20011706.jpg
寝る前に函館のワインを飲みました。
おいしかったですよ。

↓これは函館のワインのロゴです。
20011705.jpg
一見、ただ『函』という字が書いてあるだけですが
よく見るとちゃんと『ワイン』と書いてあって
息子がとても面白がっていました。

ということで
明日も続きを載せたいと思います。

1月16日(木)曇り

今日はずっと家で原稿書きのお仕事をしていました。
たいへんはかどりました。

ということで、きょうも先日の函館旅行の写真を載せます。

函館で泊まったホテルは、朝市の目の前でした。
新幹線のキップとホテルがセットになった格安プランだったので
ちょっと古めのホテルでしたが
ファミリールームという、2段ベッドのある広い部屋を使わせてもらえてとてもヨカッタです。
ウチの子どもたちは2段ベッドが珍しいので
延々と無意味にハシゴを登ったり降りたりして遊んでいました。

それに、ホテルにチェックインするさいに
朝市のお店で使える無料の朝食券を全員ぶん、2日ぶんもらっていました。

この朝食券を持って朝市の指定のお店に行くと
1400円ぶんのものが食べられるのだそうです。
なんだかずいぶんお得です。
それより高いものを食べるさいは、差額を払えばいいのだそうです。

そういうわけで
朝ごはんは2日とも朝市のお店に行って食べました。

↓これは僕が食べた3種丼(イクラ・ホタテ・イカ)です。(クリックして大きくして見てね)
20011601.jpg
衝撃的に美味しかったです。

↓これは8歳の息子が食べた5種丼(イクラ・ホタテ・イカ・ウニ・かに)です。
20011602.jpg
息子は
『ウニがものすごく甘くておいしい!!』
と感激しながら食べていました。

この日、旅行のニ日目(1月12日)は
函館から特急列車で25分ほどの大沼公園に行きました。

↓これが、函館から大沼公園まで乗った
カッコいい特急スーパー北斗です。
20011603.jpg
大沼公園というのは
↓渡島駒ケ岳のふもとに広がる美しい湖沼地帯です。
20011604.jpg
冬は湖も凍っていて
そこでソリツアーやスノーモービルの運転ができるということで
とても楽しみにしていました。

しかしながら
『記録的な暖冬で北海道に雪がまったく無い』というニュースを
たびたび目にしていたので

出発する前日に大沼公園の施設に電話をかけて
『すみません、明日からそちらに行く者ですが
 ソリツアーやスノーモービルはできますか?』
と聞いてみました。

そうしたら
『氷が薄くて安全基準に達していないので、
 ソリツアーもスノーモービル体験もずっと中止になっているのです。
 ワカサギ釣りだけはできます。雪が無いのでハイキングもできます。』
とのことでしたので
↓ワカサギ釣りをしました。
20011605.jpg
残念ながら1匹も釣れなかったのですが(笑)、
湖畔をハイキングして戻ってきて
売店のお店でワカサギの唐揚げを買ったとき
お店のオバチャンに
『1匹も釣れなかったんです』と言ったら

同情してオマケにもう一袋くれたので
子どもたちもウマイウマイと言いながらたくさん食べました。

湖畔ではスノーモービル体験はできませんでしたが
すこし離れたところにできる施設があったので
そこに行ってみました。

2台借りて、僕は娘と乗りました。
↓サチコネエサンは息子と乗りました。
20011606.jpg
スノーモービルを運転したのは生まれて初めてでしたが
とても面白かったです。
娘は今回の旅行でこれが一番楽しかった、またやりたいと言ってます。

このあと子どもたちは斜面を下るソリ遊びなどをして
また列車で帰ってきました。
↓これは大沼公園から函館まで乗ったカッコいい鈍行列車です。
20011608.jpg
1両編成のワンマン列車です。

ということで
また明日以降に続きを載せたいと思います。

1月15日(水)晴れ

きょうも函館旅行の写真を載せます。

函館に着いた日(1月11日)は
さっそく旅行の最大の目的地のひとつである
五稜郭に行きました。

↓これは五稜郭の中にある奉行所跡です。(クリックして大きくして見てね)
20011501.jpg
歴史マニアの8歳の息子はここからすでに
『おお、土方歳三も榎本武揚もここを歩いたのか……!』
と感激しながら歩いていました。

↓これが、再建された奉行所とその前で雪遊びをする息子です。
20011502.jpg
奉行所は中を見学できるようになっていて
ひじょうに興味深い展示がいろいろとありました。
とても面白かったです。

五稜郭の中を歩いて奉行所を見た後に
『五稜郭タワー』に上りました。

↓これが五稜郭タワーからの眺めです。
20011503.jpg
僕はこれを見て本当に感動しました。

息子は、幕末の黒船来航から
安政の大獄や桜田門外の変や戊辰戦争を経て
開国や文明開化にいたる歴史を理解していますが
6歳の娘はまだ何も分かっていないと思います。

それでも、この旅行の前に五稜郭の写真を見せて
『北海道のハコダテというところには、星の形をしたお城があるのだぞ』
と言ったら
『スゴーイ! すてき~! あたしも行ってみたい』と言っておりました。

プリンセス好きの娘にとっては
五稜郭はメルヘンの世界のロマンチックなものとして映っているのだと思います。
それでも、ここへ来てこれを見たということが微かにでも記憶に残って
いつか歴史の授業で習ったときに思い出してくれたら本当に嬉しいです。

五稜郭タワーからは、五稜郭だけでなく
函館の360度の素晴らしいパノラマが見られました。

↓これは函館山のほうを写した写真です。
20011504.jpg
この写真からも分かりますが、
奥のほうの函館山に向かって
手前の五稜郭からまっすぐ続いている道があります。

新政府軍の攻撃を受けた旧幕府軍が
いよいよ追い詰められたとき、
土方歳三さんは五稜郭を出てこの道を進んで
函館山のふもとにある『弁天台場』という
旧幕府軍のもうひとつの基地の救援に向かいました。

そして、その途中で新政府軍の銃弾に倒れて亡くなりました。
35歳でした。
その瞬間に『江戸時代』が終わったのだという言い方が
できないこともないのではないかなあとも思います。
そんなことを考えながら、この景色を眺めました。

↓夕陽が、ちょうどその弁天台場のほうへ沈んでいきました。
20011506.jpg
太陽が函館湾に沈むとき、弁天台場の上に後光がさしているように見えました。
まさにそれは、江戸時代の最後の光のように見えました。(←詩的な言い方だ)

歴史上には、古い時代が終わって新しい時代が始まる
ターニングポイントがたくさんあります。
それを後の世の人が見るときに
新しい時代を支持する人たちは先見の明があり、
古い時代を存続させるために抵抗した人たちは頑迷だったと評価しがちです。

しかしながら、この函館で最後まで戦った人たちには
それなりの信念だとか正義だとか事情があったと思うわけです。

息子はさいきん僕よりも遥かに歴史に詳しくなって
『大人どうしの歴史の話』ができるようになってきて
とても楽しいというか、頼もしい感じがするのですけれど、

よく彼にも
『人間の歴史っていうのは
 どちらが正しくてどちらが間違っているとか
 どちらが良くてどちらが悪いとか
 そんなものを超えたところにあるんだと思うよ』
と話しています。

↓日が暮れて、五稜郭のライトアップが始まりました。
20011505.jpg
観光客(半分くらいは外国からの旅行者)はみんな歓声をあげて
スマホでたくさん写真を撮っています。

↓これは五稜郭タワーにあるカッコいい土方歳三さんの像です。
20011508.jpg
このあと、市電(路面電車)に乗って
函館駅前まで帰りました。

2泊したホテルは函館駅のすぐそばでした。

↓ライトアップされた函館駅にマンマルのお月様が昇ってきて
なかなか幻想的でした~。
20011507.jpg
ということで
明日以降もまた続きを載せたいと思います。

1月14日(火)晴れ

昨日まで、2泊3日で北海道の函館に家族で行ってきましたので
きょうから数日はその写真を載せたいと思います。

どうでもいい話もたくさんありますが
おつきあいいただけましたら幸いです。

函館には北海道新幹線で行きました。
列車のキップとホテルがセットになっている
格安パックで行きましたよ。
ほんとうは冬休みに行こうと計画していたのですけれど
いろいろと都合があって成人の日の3連休になりました。

昨年の秋に申し込みまして
↓キップを送ってもらっていました。(クリックして大きくして見てね)
20011403.jpg
僕のような旅好きな人間というのは
次の旅行の予定があるというだけで
それまでの時間をハッピーに生きてゆくことができます(笑)。
『東京→新函館北斗』の指定席のキップが手元にあるだけで
生活がだいぶ明るくなるのです。

↓1月11日の『はやぶさ11号』に乗りました。
20011401.jpg
↓東京駅9時36分発です。函館まで4時間です。
20011402.jpg
冬休みの家族旅行の行先を函館にしたのは
歴史マニアの8歳の息子に幕末の戊辰戦争の史跡を見せることや
6歳のプリンセス好きの娘が『星の形のお城』を見たいと言ったことや
子どもたちが雪遊びをして美味しいお魚をたくさん食べたいと言ったこと
などが理由です。

東京から函館までは北海道新幹線に4時間ほど乗りますが
途中で津軽海峡の下をくぐる海底トンネルを通ります。

6歳の娘に
『この列車は海の下を通って北海道に行くのだぞ』
と説明したら

ひきつった顔で
『ええ、ちょっと怖い…。サメが襲ってくるんじゃないの』
と言いました(笑)。

なるほどなあと思って
『海の下を通るって、そういう意味じゃないぞ。
 海の底の下の地面のさらに下にトンネルがあって、そこを走るんだ』
と説明しました。

新青森を過ぎて
いよいよ青函トンネルに入るというアナウンスが車内に流れたときも
娘は
『スプラッシュ・マウンテンみたいに
 新幹線がバシャッと海に入るんでしょ』
と言っていました。

『普通にトンネルを通るだけだよ。水しぶきは上がらないぞ』と
また説明しましたが
確かに幼稚園児にとっては
海底トンネルというのはイメージしにくいものかもしれないなあと
思いました~。

↓海底トンネルに入りました!
20011404.jpg
↓いろいろと説明してくれます。
20011405.jpg
トンネルを抜けると北海道です。
息子もたいへん興奮していました。
サチコネエサンは寝ていました。
↓地上に出てしばらくすると、右手に函館山が見えます。
車内アナウンスでも説明してくれます。
20011406.jpg
新函館北斗駅に着くと
そこから↓このカッコいい『函館ライナー』で函館駅まで参ります。
20011407.jpg
今年の函館はものすごい暖冬だそうです。
地元の方もみんな
『今年の冬は暖かい! 雪が無い!』と言っていましたが
神奈川県民の僕たちからすると
やはり寒かったですし

子どもたちも
『ウワー、すご~~い! 雪がいっぱいある~~』
と飛び上がっていました。

ということで
また明日以降に続きを載せたいと思います。

1月13日(月祝)晴れ

この3連休は家族で旅行に行ってきました。

北のほうに、星を見に行ってきましたよ。

↓その星というのはこのような形をしています。
(クリックして大きくして見てね)
20011301.jpg
実物は↓これです。
20011302.jpg
ということで
お陰さまで先ほど無事に帰宅いたしました。

写真もたくさん撮ってきたので
また明日以降に旅行のようすを載せたいと思います。

1月10日(金)晴れ

↑『LIVE』のページにも告知を載せてもらっていますが、

今月26日(日)に地元の茅ヶ崎で行われる
吹奏楽のコンサートにゲスト出演(2曲くらい)させていただくことになりました。
お時間のある方はお越しいただけますと幸いです。

それから、3月21日(土)には
東京の大田区の素敵なカフェ『ポントハナ』さんで
単独ライブを行うことになりました。
こちらは、ちょうどこの冬で『COSMOS』が合唱曲になってから
20周年ということになりますので、その記念ライブという形で
やらせていただきます。

会場のみんなでCOSMOSを歌ったり
楽しいライブにしたいと思います。
20年前くらいの『アクアマリン』や『COSMOS』に関する
なかなか面白くてそこそこ貴重な資料が実家に少々あるので
こうしたものもお越しくださったお客さまに楽しんでいただくような企画も
やりたいと考えています。

会場のカフェ『ポントハナ』さんは
定員が数十人ていどになりますので
ぜひお電話で予約してお越しください。
(詳細は↑『LIVE』のページをごらんください)

ほかにも、2月には例年と同じく
星空観望会でのミニライブなども予定されていますので
決まり次第お知らせいたします。

1月9日(木)晴れ

今日の平塚はとても暖かかったです。
15℃くらいになったみたいです。
富士山もよく見えました。

ところで今日は
西友に行きまして
小さめのトランクを買いました。

これまで、一人で
合唱曲を歌ってくれている学校にお招きいただいて
新幹線やヒコーキに乗って遠方に行くさいには
日常的に使っているリュックサックに荷物をつめて行っていたのですけれど

おかげさまでそうした機会が年々増えてきているので
それ用にちゃんとした小さなトランクを買いました。
1泊か2泊くらいのお仕事の旅行にはちょうどいい大きさだと思います。
青いデニムふうの生地でカジュアルな感じで
とても気に入っています。

ということで
明日もがんばりましょう!!

1月8日(水)雨のち晴れ

今日は原稿書きのお仕事をしていました。

お陰さまではかどりまして
書き終わって編集部さんに送りました。

それにしても
今日の雨はなかなか激しかったですけれど
夕方にはすっかり晴れまして
素晴らしい夕暮れ空に金星がビカビカ輝くのが見られました。
ひじょうに美しい光景でした。

ということで
明日もがんばりましょう!!

1月7日(火)曇りのち雨

今日はお昼から8歳の息子と二人で
小田原のフォレストアドベンチャーに行ってきました。

ディスカバリーコースというメインのコースは
身体に安全装置をつけて
2時間くらいかけて森の中のスリリングなアスレチックや
ジップラインを巡ります。

高さ10mの木の上を綱渡りしたり、
長さ100mのジップラインがあったりと
なかなかおもしろいです。

息子は秋に一度やってとても気に入りまして
今日は2回目でした。

きょう、午後1時の回を一緒に巡った参加者のなかに
パパさんと参加している小学1年生の女の子がいました。
とても賢そうなお子さんで
スタッフの方の安全講習の説明もちゃんと理解していましたし
スリリングなジップラインにも果敢に挑戦していました。

その子を見ていたら
6歳のウチの娘も、小学生になったらできるんじゃないかなあと思いました。
(いまのところ幼児用のコースだけやっています)
本人も大人用のコースをやりたがっていて
『どうしてあたしは連れてってもらえないの。』と言っているので

『あのコースは小学生になったらできるのだ。
 だからお前さんも4月になったらできるぞ』
と言っておきました~。

1月5日(日)晴れ

今日は日曜なのでラジオの生放送の日でした。

星のコーナーは
カニ星雲の話をしましたよ。

ということで
また一週間がんばりましょう!!

1月4日(土)晴れ

今日は8歳の息子と6歳の娘を連れて
小田原の『わんぱくランド』に行ってきました。
となりのフォレストアドベンチャーのアスレチック(子ども用)もやりました。

子どもたちは4時間のあいだ
ずっと走り回ったり
よじ登ったり飛んだり跳ねたりしていました。

僕はコートを着ても手先が凍えるようでしたが
子どもたちは『暑い暑い』と言いながら
薄着でサイダーを飲んでました。

屋台で買って食べたカレーが
とてもおいしかったです。

1月2日(木)晴れ

きょうも平塚は快晴でした。
穏やかなお正月です。

それに今日は
近所の川辺でカワセミに会いました。
お正月からカワセミに会えるとはラッキーです。

8歳の息子と6歳の娘と川沿いを歩いていたら
シジュウカラがすぐ近くにいたので
『おっ、シジュウカラだ。よく見てみなさい。
 ホッペにドラえもんのポケットみたいな模様があるだろう。』
と言ったら、

娘が
『ほんとだー。』と言ってました。

帰りは夕暮れ空の金星と上弦の月を
3人で見上げながら帰ってきました。

親としてましては
自分の子どもたちにはとにかく自然に親しんでほしいと
願っていますので、
お正月からいろいろと見ることができてヨカッタです。

1月1日(水)晴れ

明けましておめでとうございます。
2020年が皆さまにとって
楽しく幸せな一年になるようお祈り申し上げます。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

元日の今日は親戚のお宅で新年会でした。

年越しの夜も、今夜も
快晴で星空がとても美しく見えます。

昨夜は午前0時になって新年を迎えてから
みんなで近所の神社に初詣に行きました。
オリオン座を中心とする冬の星たちが
たいへんきれいに見えました。
シリウスもスバルもとても美しいです。

ということで
また一年みんなで楽しくがんばりましょう!!