FC2ブログ

11月28日(日)雨

おかげさまで、無事に仙台から帰宅しました。

仙台を夜8時に出発して
東京に夜10時くらいに着く新幹線で帰ってきました~。

きょうは、仙台のホテルをチェックアウトしたあと
↓電車に乗って松島に行きました。(クリックして大きくして見てね)
blogpic6 087
松島駅で知人と待ち合わせしまして、
焼がきハウスというお店に行きました。

↓ここは、カキの食べ放題のお店です。
blogpic6 097
45分間2500円で、カキをいくらでも食べられます。
カキご飯と、カキ汁ももらえます。

軍手とナイフを一人ずつ渡されて
自分で殻をあけて食べます。
お店のお兄さんが、シャベルでカキを鉄板にどんどん乗せて焼いてくれます。

おいしいカキを何十個も食べられて
ほんとうに幸せでした~~~。

カキをたくさん食べてから、
↓ウイスキー工場の見学に行きました。
blogpic6 103
ニッカウィスキーの蒸留所が仙台市の山奥にあって
だれでも見学できるのです。

受付をしてしばらく待っていると、
赤い服を着たガイドのお姉さんが現れて
10人くらいのグループを引率して
解説しながら工場の中を案内してくれるのです。

ここは、ほんとうに興味深いところでした。
ウィスキーを作っているいろんな設備や機械、工程について
とても分かりやすく説明してくれて
たいへん勉強になりました。

↓これは蒸留釜です。
blogpic6 129
この巨大トンガリひょうたんみたいな釜で
アルコールの濃度を高めていくのだそうです。

↓タルにつめて熟成させる蔵も見せてもらえます。
blogpic6 136
とても感動したのが、
↓蔵の中に並んでいる展示用の3つのタルです。
blogpic6 144
蒸留したウィスキーの原酒を、タルにつめてから
1ヶ月後のもの、5年たったもの、12年たったものと順番に並んでいまして、
その香りをかげるようになっています。

順番にかいでゆくと、
時間が経つとだんだんと『ウィスキー』になっていく様子が
とてもよく分かるのです。
これはちょっと感動的でした。

見学ツアーは無料である上に
さいごに試飲ができます。
3種類のウィスキーを1杯ずつ、タダで飲ませてもらいました~。

一緒に行った知人はクルマの運転があるので
僕がウィスキーを飲んでいる横でバヤリースオレンジと十六茶を飲んでました。
(ゴメンナサイ&アリガトウございます!)

ウィスキー工場見学の後は、
近くの『秋保大滝(あきうおおたき)』に行きました。
行きましたというよりは、連れて行ってもらいました。
blogpic6 151
高さ55mだそうです。
これはたいへん美しい姿の滝でした。

知人には仙台駅まで送ってもらったのですが、
一日いろいろと連れて行ってくれたお礼に
最後に牛タン屋さんに行ってご馳走しました。

僕にとっては、3日間で5回目の牛タン屋さんです。
↓これがその『一仙』というお店の牛タン定食と、ゆで牛タンです。
blogpic6+157_convert_20101129014230.jpg
blogpic6+158_convert_20101129014329.jpg
ここの牛タンも素晴らしく美味しかったです!!

今回はけっこうたくさん牛タン屋さん巡りができました。
これまでも、仙台に来るたびに
美味しいと評判のいろんな牛タン屋さんに行っていたのですけれど
これで、ガイドブックに載っているような
仙台市内の著名な牛タン屋さんはけっこういろいろ行ったかな~という感じです。

どこのお店も本当に美味しかったです。

日本全国どこでも、焼肉屋さんや居酒屋とかに行けば
牛タンは食べられますし美味しいですけれど、

仙台以外で食べる牛タンと、
仙台のこうした牛タン屋さんで食べる牛タン定食は
まったく別物といっていいくらい違って
衝撃的に美味しいので、

やっぱり数年に一度くらいは
仙台に来て食べたいです。
今度はいつ来られるかな???
スポンサーサイト