FC2ブログ

12月13日(木)曇り

↓これは今日のモップ君です。(クリックして大きくして見てね)
用事があって実家に行ってきました。
blogpic 026

ところで今日は良いことがありました。
フィンランドから絵葉書が来ましたよ。

誰からかと言うと、
世界旅行中の、半年前の自分たちからです。

フィンランドのロバニエミという町に
サンタクロースさんの事務所がありまして
サンタ村もあります。

そこにから手紙を出すと
世界中どこにでも
サンタさんがクリスマスに配達してくれるのです。

僕たちは6月にそこから
それぞれの実家と、半年後のお互い宛に絵葉書を書いて出しました。
それをサンタクロースさんが
今日配達してくれたのです!!
けっこう早めに配達するんだなあ。
世界中に配達するのできっとクリスマスやイブの日だけだと
間に合わないんだねえ。

↓これがその、サチコネエサンが僕にくれた絵葉書です。
blogpic 027

消印のスタンプには
『アークティック・サークル(北極圏)』、『北緯66度33分』
などと書いてあります。
12月6日の消印があります。

このサンタ村は、ちょうど北極圏の入り口にあって
村の中に、北緯66度33分の線が描いてあります。
そこを一歩でも越えると北極圏です。
みんなその線を跨いで記念写真を撮ります。

フィンランドは
僕たちの5ヶ月の新婚旅行の最後の国でした。
フィンランドという国の名前は
『フィン人の土地』という意味ですが
僕達にとっては『Fin(最後の)』『Land(国)』でした(スゴイこじつけ)。

イングランドの形容詞形がイングリッシュとなるように
フィンランドの形容詞形は『フィニッシュ』となります。
町なかのいろんなところで見る『フィニッシュ』の文字に
ああ、旅も終わるんだなあ、などと、しみじみしていました(笑)。

自分が行きたかった場所に全部行けたし、
見たいものも全部見られたという満足感と

サンタ村に来る直前に見た
白夜、真夜中の沈まない太陽の感動と

帰国したらまたいろんなことを頑張らないとなーという気持ちと

旅の中で出会った人たちへの感謝と

いろんな気持ちでいっぱいになりながら
フィンランドでは過ごしていました。

絵葉書を書いたとき、
半年後の自分をいろいろ想像しました。

帰国した後に新しい生活を始める家が
まだ決まっていませんでしたから、
絵葉書も実家の住所宛に出しました。

お陰さまで
今はこうして
部屋の窓から富士山が見えるテラスハウスを借りることができまして
ここで新しい年を迎えようとしています。

皆さまも楽しいクリスマスを!!
スポンサーサイト