FC2ブログ

12月1日(木)晴れ

今日から師走であります。
さっそく、今日はとっても寒かったです~。
もう冬ですねえ。

ところで
ずっとサチコネエサンの産休で
アクアマリンのライブをお休みしていましたが、
今月から再開してゆく予定になっています。

12月10日(土)は静岡県御殿場市での皆既月食の観望イベント、
12月24日(土)は岐阜市科学館のプラネタリウムでクリスマスコンサート、
12月30日(金)は東京で年末ライブです。
ご都合がつきましたらお越しいただけましたら幸いです。
(詳細は↑『LIVE』のページをご覧下さい)

が、これよりも前に
12月6日に、地元・茅ヶ崎の市立汐見台小学校で
演奏することになっています。

汐見台小学校は
ことしの4月に開校した新設校なのですが、
その校歌を
なんと僕が作らせて頂きました。

12月6日の行事は
校歌と校章のお披露目のイベントだそうです。
全校児童の皆さんや
先生や保護者や地域の方々、
教育委員会や行政の偉い方たちや
取材に来るメディアの人たちの前で

僕がピアノを弾いて、
サチコネエサンが歌って
新しい校歌を初めて皆さんに聴いていただくことになっています。
(校長先生や教頭先生や音楽の先生はもう知っていますが)

新設の学校の校歌を作るというお仕事は
生まれて初めてでしたので、
最初に校長先生からお話を頂いたときは
『それは、ご依頼いただくのであれば精一杯やらせて頂きますが、
 ほんとうに僕でよろしいのですか??』
と言いました(笑)。

校歌は、作詞も作曲も僕がやりました。

曲想を得るために
学校をすみずみまで見学させてもらい
(あまりにも新しくてキレイで全てが最新式なので驚愕しましたが)、
僕なりにベストを尽くして作らせていただきました。

さあこれから曲作りにとりかかろう、という頃に
ちょうど祐太が生れました。

親になったおかげで
『未来を担う子どもたちが健やかに育ち、
 大切なことをたくさん学んでくれることを願う』という
校歌のコンセプトもいっそうリアルに感じられ、
自然に自分の思いを重ねることができました。
こういうのも、『縁』みたいなものを感じます。

ということで
サチコネエサンは毎日のように
校歌を歌って歌詞を覚えています。
スポンサーサイト