FC2ブログ

1月12日(土)雨

今日は雨で、寒かったです。

さっき、テレビで世界ふしぎ発見を見ていたら
アフリカのボツワナという国のことをやってました。
チョベ川という、サバンナの大河に集まってくる
象の大群が映ってました。

そこになんと去年行ったので
すごーく懐かしい気持ちで見ていました。
大空と地平線に囲まれて出会った象やキリンは
感動的でした。

去年、半年かけて世界のいろんな国を巡って
いろんな意味で変化がありましたけれど、

日常的な変化としては、
テレビで紀行ものや『世界の絶景100選』みたいな番組を
見ていると
行った場所がけっこうたくさん映ったりするので
『あ~ここ歩いたな~』とか
『あそこで会った人は元気かなー』などと
しみじみしてしまうことが多くなりました。

それでもまだまだ世界には
行ってみたい所や見てみたい物がたくさんあるので
相変わらず英語とスペイン語の勉強は毎日してます。
(5分しかできない日もありますが)
CNNは日常的に見るようにしてます。

旅行から帰ってきてからは
ポルトガル語の会話CDとかも本屋で買ってきて
たまに聴いてます。

スペイン語を始めた時は、
英語に似ている単語がとても多いので覚えやすいなーと
思ったものでしたが
ポルトガル語はスペイン語に文法も単語も酷似しているので
もっと楽に覚えられます。

でも、スペイン語は
ほぼ完全にアルファベットをローマ字読みすればいいので
話すのも聞き取りも楽でしたが
ポルトガル語はだいぶクセがあって
なんとなく、フランス語みたいに聞こえます。

サッカー(フットボール)は、スペイン語では『フーテボル』ですが
ポルトガル語では『フチボー』と聞こえます。

何ヶ国語も話せるようになるのは無理ですが
海外へ行くならゼッタイに現地の言葉を勉強していったほうが
何倍もオモシロイということを体験したので
外国語の勉強は一生続けられるような気がしております。

ところで先日
テレビのバラエティ番組で英語にかんするクイズが出ていて
すごく衝撃的なことがありました。

僕は中学生のころから今までずっと
『ear(耳)』と『year(年)』の発音は全く同じだと思ってたのですけれど
頭に『y』という子音がついているか、ついていないかで
発音が違うのだそうです。
これはみんな知っていることなのかな??
スポンサーサイト