FC2ブログ

5月21日(月)金環日食

↓これは、僕たちが先ほど見た金環日食です。(クリックして大きくして見てね)
anular+eclipse+011_convert_20120521083526.jpg
真ん中の少し下に写っているリングが太陽です。
これは画像縮小したものなのでショボイ写真ですが、
元の大きさの画像で太陽のところをクローズアップすると
チョーきれいです(笑)。

僕たちは神奈川県平塚市の自宅の近所の川辺で
金環日食を見ることができました。

僕は今朝
未明の4時頃に雨がザーザー降る音で目が覚めました(笑)。

6時18分に太陽が欠け始めるときも
空は厚い雲におおわれて雨が降っていて、

太陽がリングの形になる7時31分の直前も
雨が降っていました。

僕はスッカリ諦めでいたのですけれど、
サチコネエサンが
川に行ったら見られるんじゃないの??
と言うので、

僕は、大きな画用紙に
『2012年5月21日、7時31分。平塚、雨!』
と書いて、
その画用紙と一緒に
『見られなかった記念』の敗北宣言の写真撮影をしようと思って

その画用紙とカメラを持って
家族3人で、
雨の降るなか2分ほど歩いて
川の岸辺に行きました。

そのときちょうど
厚い雲のなかに太陽のリングが見えました!!!!
ほんとうに奇跡だと思いました。

厚い雲の中だったので
肉眼でちょうどきれいに太陽のリングが見えました。
まだ雨は降っていました。
真珠色の太陽のリングは
信じられないくらい美しかったです。
(日食グラスを通すと暗すぎて全く見えなかったです)

雲を通してリングが見えていたのは
トータルで数十秒くらいでしたので
晴れて青空の中で見られたという地域に比べれば
恵まれなかったのかもしれませんが

でも僕たちは
『雨が降る中で太陽のリングを見る』という
極めてユニークな体験ができたことに
ほんとうに感謝しています。

日食グラスを通した、フィルターの色がついたオレンジ色の太陽ではなくて
厚い雲の中に透けて見える真珠色の太陽のリングは
いま思い出しても震えるくらい幻想的でした。

それに、
『青空の中で金環日食が起こっても暗くならない』ということは
知識として知っていましたが、

今日こんな天気の中で見たおかげで、
『雨雲が垂れ込める空の下で金環日食が起こっても
 まったく暗くなったように感じない』ということも分かりました。
これは、僕にとっては
非常に興味深い体験であり、発見でした。

ウチの祐太クンは
生後8ヶ月にして金環日食を見ました!!
昨年末に、生後3ヶ月で皆既月食も見ていますので
ラッキーなやつだなーと思います。
まあ大人になったときに覚えていないと思いますが(笑)。
写真は残すことができました。

今日はたぶん
僕にとっては人生でもっとも素晴らしい日のひとつです。
スポンサーサイト