FC2ブログ

5月22日(火)雨

子供の頃から楽しみにしていた金環日食も
『金環日食コンサート』も終わってしまったので
今日は心に穴が開いたような気持ちでした(笑)。

アクアマリンの次のライブは
6月30日(土)、
地元・平塚のライブハウス『(KANAFU)カナフ』で行われる
七夕コンサートです。

このライブハウスは4月にオープンしたばかりです。
グランドピアノがあって
とても素敵なお店ですので
僕も今から楽しみにしています。

ぜひお越しいただけましたら幸いです。
(詳細は↑『LIVE』のページをご覧下さい)

ところで
昨日は生まれて初めて金環日食というものを体験して
ほんとうにいろいろと
気づいたことや感じたことや思うことがありました。

結論から言いますと、
『想像以上に感動的だった』ということです。

そして
『天気が悪かったのは、むしろラッキーだったかもしれない』
という、ポジティブな(笑)思いです。

それはこういうことです。

昨日の朝、
平塚では空を厚い雲が覆っていて
リングの形になった太陽の手前を
常に雲が通り過ぎてゆく、という感じでした。

雲は、厚いところや薄いところがありますから、
太陽のリングは常に見え方が変わります。

太陽のリングが
隠れてしまったり、
とつぜん輝きを増したり、
また、リングの一部分だけが
ビカッと光ったように見えたり(これは凄かった!!)、

それはそれは
神秘的で神々しい光景でした。

晴れていたらこのようなことは無いので、
この『動的な』スペクタクルは
曇りの状態ならではの見え方だったのだと思います。
太陽はほとんど雲の中だったので
リングが見えた時間は少なくなってしまったけれど、
これはこれで、スゴイ体験ができたな~と僕は思っています。

それはそうと、
『次回の金環日食は300年後です』とか(←これは『東京で』ということらしいです)、
『次に日本で金環日食が見られるのは18年後です』とか
テレビなどでは言っていますが、
次の金環日食は来年の5月10日にオーストラリアで見られます。

ノーザン・テリトリー(北部準州)の砂漠で見られますので
日本とは違って
晴れの青空で起こる金環日食を見られる確率が
とても高いと思います。

今回の金環日食を
見ることができなかった方や、
曇り空で見て
『次は晴れ空で見たい!』と思う方は
ぜひ来年5月にオーストラリアの砂漠に行きましょう(笑)!!

ということで
また明日からがんばって生きてゆきたいと思います。
スポンサーサイト