FC2ブログ

5月29日(火)晴れのち雨

今日は火曜日ですが、
ポルトガル語教室の日でした。

毎週、ノート1ページ分の
作文を書いてゆくのですけれど
今回は金環日食を見た話を書きました。

ポルトガル語では
金環日食のことを
『eclipse anular(エクリプス・アヌラール)』といいます。

英語でも、ほとんど同じで
『annular eclipse(アニュラー・エクリプス)』です。

『eclipse(エクリプス)』というのは
天体どうしが重なる『食』のことですが

せんじつ、ふと
『annular(アニュラー)』って何だろうか??
という疑問が浮かんできました。

皆既日食のほうは英語で
『total eclipse(トータル・エクリプス)』といいますが、
『total(トータル)』という単語は
全部という意味だと、ほとんどの人が知っていると思います。

だが金環日食の
『annular(アニュラー)』とは何だろうかと、
いちど気になり始めたら
気になって仕方なくなってしまいました。

ラテン語の『子孫』である
スペイン語やポルトガル語で
指輪のことを『anel』といいます。

それに文字が何となく似ているので
『annular』はきっと
ラテン語とかで
指輪という意味なのではないかと思いました。
金環日食は、太陽が指輪みたいなリングになるからね。

で、きょうポルトガル語の辞書で
『anular』を調べてみましたよ。

そしたらやっぱり
『指輪の』という意味の形容詞でした。
『dedo anular(デド・アヌラール=指輪の指)』は薬指のことだそうです。
なるほどなーと思いました。

金環日食のことを
西洋の人たちは『指輪日食』って呼んでいるんだね。
また一つ勉強になりました~。
スポンサーサイト