FC2ブログ

8月9日(木)晴れ

今日は、地元の神奈川県茅ヶ崎市で行われた
『第6回 宇宙飛行士ゆかりのまちサミット』に行ってきました。

宇宙飛行士ゆかりのまちサミット、とは
宇宙飛行士の出身地だったり彼らがむかし住んでいたりした自治体が連携をとって、
次の時代を担う子ども達が大きな夢を見て実現できるような
環境作りをしてゆこうというものです。

宇宙飛行士の
毛利衛さんにゆかりのある北海道の余市町とか
向井千秋さんにゆかりのある群馬県の館林市とか
山崎直子さんにゆかりのある千葉県の松戸市とか
若田光一さんにゆかりのある埼玉県のさいたま市とか
土井隆雄さんにゆかりのある茨城県のつくば市とか
野口聡一さんにゆかりのある兵庫県の太子町
などが集まっているそうです。

そして僕が生まれ育った
神奈川県の茅ヶ崎市も
野口聡一サンと土井隆雄サンという
2人もの宇宙飛行士を輩出した町として、このサミットに加盟しています。

で、第6回の今回は
わが茅ヶ崎市がホストになって
各市町からの皆さんをお迎えして開催されたわけです。

今日は市内の立派なホールで
いろいろなプログラムが行われました。
僕はその中の、パネルディスカッションのパネラーとして
参加させていただきました。

進行役のコーディネーターは
JAXAの名誉教授の的川泰宣先生で
パネルディスカッションの前に
おなじくJAXAの教授の阪本成一先生が講演をしました。

会場には、サミットに加盟する町から
はるばる茅ヶ崎まで
子ども達がおおぜい来てくれていました。

みんな遠くから泊りがけで来てくれて
昨日の夜は
各市町からきた子どもたちの交流会があったそうです。
いろんな町から
おおぜいの子たちが茅ヶ崎へ来てくれるなんて嬉しいなあ、
楽しんで良い思い出を作ってくれるといいなあと思いました。

イベントが終わったあとの交流会で
毛利宇宙飛行士の出身地である
北海道の余市町から来た10人くらいの小学生・中学生たちと
直接話せる機会がありました。

僕は全員と握手をして
『わざわざ遠くから茅ヶ崎に来てくれてありがとう。また来てね!!』
と言いました。

余市町の中学2年生の子が
『学校でCOSMOSを歌いました!!』と言ってくれたので
毛利サンの出身地の子たちが歌ってくれてるなんて光栄だなあと思いました。

北海道の子ども達が
行事の参加のために神奈川県まで来るなんて、大変なことだと思います。
きのうは朝4時に出発して来てくれたのだと言っていました。

『大変だったでしょう、疲れたでしょう』
と声をかけたら
『いえ! すっごく楽しいです!!!』
と目を輝かせて答えてくれました。

彼らの今日の晩ご飯は
横浜の中華街だそうです。
ゴチソウをお腹いっぱい食べて
楽しんで帰ってほしいです~。
スポンサーサイト