FC2ブログ

9月4日(火)晴れ

今日は久しぶりに英語でメールを書きました。

こんど、冬に旅行にいこうと計画していまして
そのレンタカーの予約をしようとしたのですが、

レンタカー会社の予約のホームページを見ていたら
ちょっと分からないことがあったので
直接メールで問い合わせをしました。

今度の旅行は
サチコネエサンと僕と祐太と、
僕らの共通の友人のマユコさんの合計4人で行くので、
『大きなクルマがいいねえ』ということになり
ワゴン車を借りることにしたのです。

レンタカー会社のホームページでは
ワゴン車は
『マニュアル車かオートマ車のどちらかになります』と書いてありました。

僕たちは
オートマ車しか運転できないので
『オートマ車を指定して予約することはできますか?』と
メールを送ったのです。

そしたらすぐに、
『予約のときにリクエストをしてくれれば、オートマ車を確保します』と
返事をくれました。

僕はいちおう
マニュアル車を運転できる免許を持っていますが
教習所でしか運転したことがなく、
実質的にはオートマ車しか運転したことがありません。

世界の国々のレンタカー事情みたいなのもあって、

アメリカとオーストラリアでは
レンタカーはほぼ全てオートマ車です。
ですので
オートマ車しか運転できない僕のような人間でも
安心してレンタカーを利用することができます。

が、ヨーロッパの国々ではマニュアル車が中心で、
オートマ車を借りたいときは特別なリクエストをしないといけなかったり、
料金が割高になったりすることが多いです。
大手のレンタカー会社だとあるが、
小さな会社だと『マニュアル車しか無い』と言われてしまうこともあります。

スペインとイギリスでレンタカーを借りたときも
そんな感じで
ちょっと高い料金を払って
世界的な大手チェーンのレンタカー会社でオートマ車を借りました。

これから世界のいろんな国々を旅しようと考えている若い人は
ぜひマニュアル車を運転できるようにしておいたほうが
ゼッタイに便利でお得だと思います!!(笑)

南アフリカ共和国で
滞在していたケープタウンから喜望峰へ行こうと思って
レンタカー会社に行ったときも

お店の人に、
『残念! ついさっき韓国の旅行者がオートマ車を借りにきてね、
 もうマニュアル車しか残ってないよ。』
と言われてしまい
バスツアーに参加して喜望峰に行きました。

南米チリのパタゴニアでは
レンタカー会社に行って
『オートマ車はありますか?』と聞いたら

ものすごく高い料金を提示されたので、
やはり諦めてバスツアーでマゼラン海峡の観光に行きました。
(参加者は僕たちだけだったので貸切みたいで良かったですが)
スポンサーサイト