FC2ブログ

10月31日(水)晴れ

この5日間で、6つの学校に行ってきました。

まず27日(土)の午前中は、僕の出身校である
神奈川県の茅ヶ崎市立西浜小学校の
開校60周年のセレモニーで講演とライブをやらせて頂きました。

この西浜小学校では卒業式で毎年『COSMOS』を歌ってくれているのだそうです。
自分が作った歌を、母校で歌ってくれているなんてとても光栄に思います。
セレモニーの最後は僕の伴奏で、
全校合唱で校歌を歌ったりしてとても楽しかったです。

その日の午後は
おなじく茅ヶ崎市内の汐見台小学校に移動しまして
音楽会に出席させていただきました。

この汐見台小学校は昨年度にできた新しい学校で
たいへん光栄なことに僕が校歌の作詞作曲をやらせていただきました。
音楽会のなかで、
その校歌を市内の松浪中学校の吹奏楽のメンバーが演奏してくれて
児童さんたちが合唱で歌うというプログラムがありました。

考えてみたら、自分が作らせて頂いた校歌を
児童さんたちが歌うのを聴くのはこれが初めてでした。
全校児童の皆さんが
元気で大きな声で楽しそうに歌ってくれました。
校歌を作らせて頂いて、それを全校児童が歌ってくれているのを聴くなんて
とても幸せな体験だと思います。

で、その日はそのまま東京駅に行って新幹線に乗り
岩手県の北上という町で泊まりました。

28日(日)は、岩手県の釜石東中学校の文化祭に参加させていただきました。
生徒の皆さんが全校合唱で
『いつかこの海をこえて』という曲を歌って下さいました。
この歌は今年の初め頃に、釜石東中学校の生徒の皆さんの言葉や想いを集めて
僕が作詞と作曲をしてできた歌です。

『いつかこの海をこえて』は
すでに合唱アレンジの楽譜やCDが発売されて世に出ていますが、
釜石東中学校の生徒さんたちの合唱はやはり特別でした。

彼らは津波で大きな被害をうけていて、
校舎も無くなってしまい(いまはプレハブの仮設校舎で学んでいます)、
7割の生徒さんの自宅が流されてしまったわけですが
それでも災害に負けずに、勉強し、部活をがんばり、生活しているわけです。

そんな生徒さんたちの合唱は
ほんとうに、言葉にできないくらい感動的でした。
彼らが『普通の生活』を取り戻すには
これからさらに何年もの年月が必要ですが
僕は陰ながらずっと応援しています。

29日(月)は、同じく岩手県の
花巻市立若葉小学校にお招き頂きました。
ここでは、3年生の皆さんが
文化祭で演じた劇のラストシーンで
『地球星歌』を合唱で歌ってくれたのだそうです。

音楽室に3年生のみんなが集まってくれていて
そこで地球星歌の
作品の成り立ちについて話したり
ピアノで何曲か歌わせてもらったりしました。
みんなとても元気で、質疑応答もたいへん盛り上がりました。

30日(火)は、茨城県の
つくば市立竹園東中学校の音楽祭にお伺いしました。

ここでは『地球星歌』を
オーケストラと全校生徒の合唱という
壮大な編成で演奏してくれました。
オーケストラも全員中学生なんだよ(これはスゴイことだと思います)。
たいへん壮大で感動的な地球星歌でした。

それとは別に、2年1組の皆さんがクラス合唱で『COSMOS』を歌ってくれました。
こちらも素晴らしかったです。

で、やっと今日のことですが(笑)、

今日は僕の地元・神奈川県茅ヶ崎市の
市立梅田小学校にお招きいただいて行ってきました。

この梅田小学校では
12月に行われる音楽会で
6年生の皆さんが『明日の空へ』を学年合唱で歌ってくれるのだそうです。

今日は音楽室に6年生が集まってくれて
僕は『明日の空へ』の楽曲や歌詞の内容について解説したり
ピアノで何曲か歌ったりしました。
最後に、僕の伴奏で6年生たちが『明日の空へ』を合唱してくれました。
空に広がるような合唱でとても素晴らしかったです。

ということで、
本当はそれぞれもっと書きたいことがあるのですが
なんか一度にまとめて書いた感じになってしまってすみませんです。

お伺いした学校の児童生徒の皆さん、先生がた
ほんとうにありがとうございました。
スポンサーサイト