FC2ブログ

11月11日(日)雨 その2

今日は日曜なので、ラジオの生放送の日でした。

星のコーナーは、
今から440年前の11月11日に
カシオペヤ座に突如として現れた超新星の話をしました。
それまで星の無かったところに
とつぜん金星みたいに明るくビカビカ輝く星が現れたそうです。

こんにちでは、
それが星の一生の最期の大爆発の光だということが分かっていますが、
440年前の当時の人たちにとっては
天変地異のような衝撃的な光景だったと思います。

が、しかし
そんなことよりも

今日の平塚の最大のビッグニュースは、

地元のサッカーチーム『湘南ベルマーレ』が
1年のシーズンの最後の試合に勝って
J1昇格を果たした! ということでした。

きょうの午後、
僕はケーブルテレビの中継を見て
ベルマーレを応援していました。

試合の後半になって、ベルマーレが3点目を入れたところで
『ああ、これは湘南が勝つなあ』と確信しました。

が、J2リーグで『3位』のベルマーレが
2位以内に入ってJ1に昇格するためには
じつはこの試合に勝つだけではダメで、
別の場所で行われている他のチームの試合結果を
待たないといけなかったわけです。

湘南ベルマーレが今日
シーズン最後の大ドンデン返しでJ1昇格を叶えるためには
自分たちの力の及ばないところで
いろんな条件が整わないといけなかったし、
客観的には、可能性としてはとても難しかったと思います。

テレビで観戦していた試合で
湘南ベルマーレが勝った瞬間は、
まだ他の試合結果が分からなかったので
それが分かるまでの数分間は
ほんとうに長く感じられました。

湘南がJ1に昇格するのだと分かった瞬間は
ほんとうに飛び上がって喜びました。

テレビの画面で、
湘南ベルマーレのチョウ監督が
雨がザンザン降る中で空を見上げて号泣して嬉し涙を流している姿を見ていたら
思わず僕も泣きそうになりました。

ベルマーレは3年前にもJ1昇格を果たしましたが、
その時は、1年でまたJ2に降格しまいました。
今度こそはJ1でも健闘して
ずっとJ1で闘うチームになってほしいです。
スポンサーサイト