FC2ブログ

12月10日(月)晴れ

今日も先日のニュージーランド旅行の写真を載せます。

きのう写真を載せた『ミルフォード・サウンド』に行った翌日は
ワナカという街に泊まりました。
『ワナカ湖』という湖のほとりにある小さな町です。

↓これがワナカ湖です。(クリックして大きくして見てね)
繝九Η繝シ繧ク繝シ繝ゥ繝ウ繝・012+301_convert_20121210220800
↓これは、ワナカで泊まった宿です。
繝九Η繝シ繧ク繝シ繝ゥ繝ウ繝・012+300_convert_20121210220709
この建物ぜんたいが、僕たちが泊まったロッジです。
祐太が立っているあの真ん中の入口から入ると
リビング&キッチンがあって、そこから右と左の両側に寝室が一つずつあります。
左側が僕たち3人家族の部屋で、
右側が、今回いっしょに旅行した友人のM子さんの部屋です。

↓これはキッチンです。
繝九Η繝シ繧ク繝シ繝ゥ繝ウ繝・012+255_convert_20121210220106
今回の旅行では、
泊まる宿はぜんぶ
M子さんとサチコネエサンがインターネットでいろいろ調べて
予約をしてくれていました。

どこの宿も素晴らしく素敵でキレイで快適で
値段もリーズナブルなところでした。
M子さんとサチコネエサンに感謝であります。

このワナカでは星空も素晴らしかったです。
ロッジの前の芝生に出て
安いデジカメと携帯用のフニャフニャの三脚を使って
星空の写真も撮ってみました。
僕の安カメラでは露出が15秒しかできないのですが、
それでもけっこう星が写ります。

↓これは南十字星です。
繝九Η繝シ繧ク繝シ繝ゥ繝ウ繝・012+291_convert_20121210220529
いまの季節、南十字星は
空の低いところで横に寝てしまっています。
(5月~6月くらいに行くと空高く直立している様子が見られます)

あの『アルファ・ケンタウリ(ケンタウルス座アルファ星)』という星は
僕たちの太陽系に最も近い恒星で
その距離は4光年です。

南十字星と、ケンタウルス座の2つの1等星が並んでいる光景は
南半球の国に行ったらとにかくまず最初に見たい
憧れの星であります。

↓もうちょっと広い範囲も撮ってみました。
繝九Η繝シ繧ク繝シ繝ゥ繝ウ繝・012+288_convert_20121210220435
南十字星と間違えやすい
『ニセ十字』という星たちがありまして、
その両者のあいだには、
『ダイヤモンド・クロス』という星たちがあります。

写真の右下には
シリウスに次いで全天で2番目に明るい1等星『カノープス』が写っています。

カノープスは本当に明るくて
その純白の輝きは、いつ見ても溜息が出ます。
僕がいちばん好きな星です。

この、南十字星やアルファ・ケンタウリから
カノープスあたりまでの星空は、
全天の中でも最も明るい星が密集していて
華やかで煌びやかで美しい部分です。
天の川もこれらの星たちに沿って濃く見えます。
たくさんの星団や星雲もあって、肉眼でもボーッとした光のシミのように見えます。

星たちを見上げながら、本当に幸せな気持ちになりました。

僕たちアクアマリンは、
2006年にこうした南半球の星空をテーマにした
『海と大陸と南天の星』というアルバムをリリースしていまして、
南十字星や、カノープスや、アルファ・ケンタウリの曲も収録されていますので
ぜひ聴いてみて下さいね!(コマーシャル)

↓この日の夜明けはとても美しく、宿から山々が赤く染まるのが見えました。
繝九Η繝シ繧ク繝シ繝ゥ繝ウ繝・012+293_convert_20121210220618
キッチンに戻って熱いコーヒーを作って
この山々を眺めながら飲みました。
ほんとうに、最高でした。
スポンサーサイト