FC2ブログ

6月5日(水)晴れ

今日も、先日行った福井の写真を載せます。

昨日は東尋坊の写真を載せましたが、
東尋坊に行く前に福井駅に行きました。

福井駅に行った目的は
『北の庄』という史跡を訪れたかったからです。

北の庄へは駅から歩いてもすぐなのですけれど、
駅前に観光案内所があり、
↓『レンタサイクル無料』と書いてあったので
自転車を借りて行くことにしました。(クリックして大きくして見てね)
s_fukui1306 064
『北の庄』とはどういう史跡かというと
戦国武将の柴田勝家と、
その妻であったお市さん、
そしてその娘たちである『浅井三姉妹』が住んでいた所です。

↓ここには立派なお城がたっていたそうで、
復元されたミニチュアの小さなお城があります。
s_fukui1306 032
戦国時代という時代は
様々な人物のドラマティックな人生やエピソードにあふれていますが、

その中でも、この
お市さんと3人の娘の人生は特にドラマティックで
今日までさまざまな小説や演劇や映画やテレビドラマの
題材となってきました。

北の庄には
↓5人の銅像がたっていました。
s_fukui1306 044
中央が3姉妹『茶々さん、初さん、お江さん』で
左端がその母親のお市さんで、
右端が柴田勝家さんです。

お市さんは、あの織田信長の妹で
ものすごい美人だったそうです。
最初、戦国大名の浅井長政と結婚して
この三姉妹を産みました。

その後、浅井長政が亡くなって未亡人になったので
柴田勝家と再婚し
この福井でみんなで暮らしていたのです。

織田信長が本能寺の変で死んだ後、
その家臣であった豊臣秀吉と柴田勝家が
『賤ヶ岳の戦い』で対決して
柴田勝家は、負けます。

この北の庄に追い詰められた柴田勝家は
腹を切って自害するわけですが、
その時に
奥さんであるお市さんと3姉妹を逃がそうとします。

ところがお市さんは
『私もあなたと一緒に死にます』と言って
ここで壮絶な死を遂げるのです。

3姉妹は豊臣秀吉に引き渡されます。
その時に、柴田勝家は
『この3姉妹は私の子ではありません。
 織田信長さまの妹君と
 浅井長政の間に生まれた子であります。
 どうか丁重に扱ってください』と伝言をし
秀吉もそれを受け入れます。

秀吉にとっては、この3姉妹は
大恩人(織田信長)の姪っ子たちなわけです。

この3姉妹は後にそれぞれスゴイ名家に嫁ぎます。

長女の茶々さんは豊臣秀吉と結婚して息子の秀頼を産みます。
次女の初さんは京極家にお嫁に行きます。
三女のお江さんは
徳川家康の息子である2代目将軍・秀忠と結婚して、3代将軍・家光の母となります。

そして、それぞれが
戦国時代の終焉から江戸時代の始まりにかけての激動の時代の中で
極めて大きな役割を演じてゆくのです。

この史跡は
駅のすぐ近くのビルの谷間の一角に
ひっそりと整備された小さな公園のようになっています。

福井に行く機会があったら
ぜひとも訪れたいと思っていたので
行けて本当に良かったです。
スポンサーサイト