FC2ブログ

7月27日(土)晴れのち雷雨

先日のこの日記で
友人がクロアチアに旅行したという話を書いたのですが

クロアチアっていう国名は
英語だと
『クロエイシャ』っていう発音になるのですね。
これは知らないと
聴いてすぐに理解するのは難しいです。

いまから9年前に
僕は1ヶ月ほどオーストラリアを
一人でレンタカーを借りて旅行したことがあるのですけれど、

その時に、
オーストラリア大陸の南縁に沿って走る
大陸横断道路の真ん中の
人間の気配がまったくしない
カンガルーしかいないような砂漠の真ん中で
人間に会いました(笑)。

長さ1200kmくらいの
まっすぐな道路が砂漠を走っていて
その間は町が一つもなくて
100kmごとに小さなモーテルがあるだけなんだよ。
そういう所に泊まりながら旅するわけです。

そういうところで旅行者どうしが出会うと
どちらからともなく必然的に会話をします。

出会ったのは30歳くらいの男の人でしたが
旅行者であることはすぐに分かったので
『どこの国から来たのですか?』
と聴くと、彼は

『クロエイシャ』と言いました。

僕は一瞬、
クロエイシャってどこ???
と思いましたが

頭のなかで一生懸命
クロエイシャという音から
アルファベットのつづりを考えました。

クロはたぶん『Cro』で、エイは『a』かな…
と頭をフル回転させていたら
『クロアチアかあ!!!』と思い当たりまして

『東ヨーロッパのクロエイシャですか???』と聞き返したら
彼は『そうだ』と答えました。

それ以来、
クロアチアは英語ではクロエイシャというのだと覚えました(笑)。
最後の『tia』を
『チア』とか『ティア』ではなく『シャ』と発音するのがポイントですね。

いつもながらどうでもいい話で失礼しました~。
スポンサーサイト