FC2ブログ

10月17日(木)曇り

今日はポルトガル語教室の日でした。

なぜか訪問販売の話になりました。
『日本ではよく、新聞屋さんとか
 保険屋さんが来ますよ。』
と僕がいうと、

サンドラ先生は
『ブラジルではフルーツとか野菜とかを
 売りに来るわね』
と言っていました。

『えっ、フルーツを売りにくるんですか?!』
と驚いていると

『そうだよ。
 とくにバナナの訪問販売はポピュラーで
 何種類も持ってくるよ。
 私の友達は、豆腐を一軒一軒まわって売っていたよ』
と言いました。

ところで
今日は睡眠不足でとても眠いです。

昨夜、就寝しまして
もうすこしで眠りに落ちるなあというタイミングの
薄れゆく意識の中で
なぜか詞と曲が思い浮かびました。

最初はそのまま寝ようかと思ったのですが
なぜか無意識にどんどん作詞作曲が進みまして(笑)、
ほとんど1曲できあがりました。
なかなか、悪くない曲でした。

で、『これは記録しなければならない!』と思い
起きて紙に歌詞とメロディを書きとめました。

このようなことは
あまりないのですけれど、
過去に1回だけあります。

アクアマリンの3枚目のアルバムの『星景歌集』に入っている
『星の樹海』っていう曲も
眠っているときに見た夢が元になっています。
とても美しくて悲しい物語の夢で
目覚めた後も、すごく鮮明に覚えていました。

『短い夏の はかない夜も 君となら夢のような一夜』
という歌詞は、目が覚めた瞬間にすでに心の中に思い浮かんでました。
それにいろいろと言葉を加えまして
ひとつの歌を作りました。

僕のような
スピリチュアルな感性が全く無い人間でも
(UFOも幽霊も他人のオーラも一度も見たことが無いです)
長く生きているとそういう不思議なことも一度くらいはありますね。

ということで
明日は、合唱でCOSMOSを歌ってくれている
東京の小学校にお招きいただいて
児童の皆さんにお話することになっていますので
今日はもうご飯を食べて寝ます~~。
スポンサーサイト