FC2ブログ

11月5日(火)晴れ

今日も、せんじつ行った兵庫&岡山の写真を載せます。

きのうは、閑谷学校の写真を載せましたが
閑谷学校に行ったあと、
またレンタサイクルで和気町内に戻り
『和気神社』という神社に行きました。

↓これが和気神社です。(クリックして大きくして見てね)
13110501.jpg
この和気神社には
和気清麻呂(わけのきよまろ)という人物がまつられています。
ここ岡山県の和気町は、和気清麻呂の出身地なのだそうです。

和気清麻呂は奈良時代の貴族で
日本史のなかでは有名な人です。

いまから1200年いじょう昔、
奈良時代に『道鏡事件』というのがありました。

その時の天皇であった称徳天皇が
民間人である道鏡という仏僧に天皇の位を継がせようとして
未遂に終わったという、
けっこう衝撃的な事件です。

称徳天皇というのは
あの奈良の大仏を作った聖武天皇の娘です。

称徳天皇は未婚の女性で
子がいませんでしたから、
次の天皇はふつうならば天皇家の誰かから選ばれるはずですが、

なんと称徳天皇は
自分の部下のような存在だった民間人の
道鏡というお坊さんを
次の天皇にしようとしたのですね。

これを阻止したのが、和気清麻呂です。
彼は九州の宇佐神宮まで行って
神様のお告げを聞いて都に帰ってきました。
そして、
『道鏡を天皇にしてはならない!』という神様の神託を発表したのです。

道鏡事件はかなり有名な事件なのですが、
それにしてもミステリアスな事件です。
称徳天皇はなぜ民間人の仏僧を天皇にしようとしたのか、
和気清麻呂は神様のお告げを聞くためになぜ九州まで行ったのか、
たくさんの謎があり
いろんな本を読むといろんな説が書かれていますね。
まあ、僕には分からないです。

しかし、せっかく縁あって和気町に来たので
閑谷学校から和気駅に戻るとちゅうで寄ってみました。

↓和気神社には、和気清麻呂の像がありました。
13110502.jpg
ここから石段を登ると本殿がありました。

↓絵馬を1枚買いました。
13110503.jpg
絵馬にも和気清麻呂が描かれています。
↓安産祈願をしました~。
13110504.jpg
和気神社にお参りして自転車のところに戻ってくると
もう夕焼けの時間でした。

またレンタサイクルで和気駅まで戻るのですが
↓途中で素晴らしい夕暮れの風景に出会いました。
13110505.jpg
あまりにも美しい夕暮れだったので
橋の上から写真をたくさんとりました。
鏡のような川面に山や空が映って
ほんとうにキレイでした。

夢中で写真を撮っていると、
橋の向こうから自転車でやってきたオバチャンが
『あらま~、きっれいな夕焼けねえ~!
 私もカメラ持ち歩いていれば良かったわ~』
と話しかけてきました。

『ほんとうにきれいですねえ』と答えると
オバチャンは
『ホラ、ホラ、和気富士がキレイに川に映ってるわよ!』
と言いました。

『へえ、あの山、和気富士っていうんですか』
と僕が言うと
オバチャンは僕が地元の人間ではないと悟ったらしく、

『ぼく、どっから来たん?』と言いました。

『神奈川県からです』と答えると
オバチャンはかなりビックリした顔をしました。
で、
『富士山みたいな形だから和気富士っていうのよ。
 ここからだとそうでもないけど、見る角度によっては
 ほんとうにキレイな富士山の形に見えるわよ』
といろいろ説明してくれました。
13110506.jpg
橋から駅まではすぐでした。
ここでレンタサイクルを返して
山陽本線の電車に乗って姫路に行き
新幹線で帰ってきました。

↓これは、和気駅からみた和気富士です。
13110507.jpg
オバチャンは
『見る角度によっては本当に富士山みたいに見える』と言っていましたが
駅から見たのがいちばんキレイな富士山型に見えました~。

あのオバチャンのおかげで
良い思い出ができました。
ありがとうございます。
スポンサーサイト