FC2ブログ

3月11日(火)晴れ

今日は素晴らしい日でした。

なんと、ついに確定申告が終わりました!!

自営業者にとっては、
3月の確定申告というのは
一年間の最後にやってくる年度末試験みたいなもので
毎年ほんとうに気が重いです。

それがついに終わりました!
青色申告会に行って提出してきました。
空の色もパッと明るく見えますなあ。

そして、今日3月11日というのは
僕たちにとっては
人生の記念すべき日です。

今日3月11日は、『マゼラン海峡到達記念日』です。
ちょうど去年の3月11日、
僕たちは南米大陸最南端の町・プンタアレーナスに到達し
マゼラン海峡の水に手を浸しました。

↓これがその瞬間の記念すべき写真です。(クリックして大きくして見てね)
nanbei 600_convert_20080312013826

1月13日に、赤道直下のエクアドルから旅を始めて
およそ2ヶ月かかってここまで来ました。

南緯3度のエクアドルの港町グアヤキルから、
南緯53度のマゼラン海峡まで
緯度の差50度!

僕の中では、赤道という『地球の真ん中』から
南米大陸最南端という『地の果て』までやってきたのだということが
個人的に、とても意味のあることのように思えました。

飛行機を使わずに、
バスや鉄道など地を這う乗り物だけを何十回も乗り継いで
いくつもの国境を越えて
ここまで辿り着いたというのは
僕たちにとっては人生最大の快挙でした。

マゼラン海峡の水は本当に冷たくて
あっというまに手が凍ってしまうように感じられましたが、

このとき僕は本当に感極まっていて(笑)、
ずっとずっと手を冷たい水に浸していました。

そしてその後、
↓バーに行って、地元のビールで祝杯をあげました。
nanbei 622_convert_20080312014101

南米を旅していたら、
いわゆる『旅のツワモノ』と呼ぶべきワイルドな旅人に大勢会いましたが
僕たちは発展途上国を個人で旅した経験がほとんどない
軟弱トラベラーでしたので

旅の計画を立てたときは、
エクアドルからマゼラン海峡まで陸路で旅するというのは
トホーもないことのように思えました。

治安の悪い国もあるので犯罪に巻き込まれたりしないだろうか。
標高4000mを超えるようなアンデスの高地で高山病にかからないだろうか。
言葉が通じなくて途方にくれてしまったりしないだろうか。
ケガや病気で旅を続けられなくなったらどうしよう。

それでもやってみようと思ったのは
いつかそんな旅をしてみたいという憧憬があったからです。

やってみたいと思ったことを
やってみるために人生というものがあるのではないかというのが
僕の考えなのです。

僕たちは、ちょうど一年前の今日、
こうしてマゼラン海峡の水に触れたのです。
ほんとうにいろんなハプニングがありましたけれど。
旅の間は、ほとんど毎日のように
信じられないような出来事が次々と起こりました。
たくさんのことを学びました。

3月11日は僕の人生でもっとも記念すべき日付の一つであります。
今日は確定申告も終わったし、良い日でした。
スポンサーサイト