FC2ブログ

7月16日(水)晴れ

今日も家族4人で
近所の幼稚園に見学に行ってきました。

これまで何度か行っている所とは
別の幼稚園です。

きょう行った幼稚園は
住宅地ではなく田んぼが広がる地域にあるので
土のグラウンドがとっても広くて
園舎も新しくてキレイで良かったです。

お勉強をみっちりやるという感じではなくて
園児を外でノビノビと遊ばせて
たくましい子に育てようという感じみたいです。
こういう幼稚園もいいかなあと思いました。

祐太は明後日で2歳10ヶ月になります。
こんどの春から幼稚園に入れるとなると
秋には申し込みをしないといけないので
そろそろ真剣に考えないといかんです。

それはそうと
祐太は最近、カタカナを覚え始めました。

カタカナを覚えると
世界地図が読めるので
地図帳を指さしながら
『ここは、オーストラリア! カンガルーが、いるところ!』とか
『ここは、ブラジル! サッカーを、やってる、ところ!』とか
『ここは、エジプト! ババチャンが、行ったところ!』とか
さかんに国の名前を言うようになってきました。

まだカタカナを覚え始めたばかりなので
『シ』を『ン』と間違えたり
『ア』を『マ』と読んでしまったりしますが、
日に日にどんどん読めるようになっていくので
子どもの能力というのはスゴイナーと思います。

国の名前は
一緒に地図帳を見ながら僕が教えているのですけれど、
教えていないのに
祐太が初めて『自力で』呼んだ国名があります。

これが実に渋い国なのですが
どこだと思いますか。

それは、『マリ』です。
アフリカのサハラ砂漠の中にある国で
むかしむかし、黄金で栄えた強大なマリ王国があったところです。

たぶん
『マ』は『ママ』のマで
『リ』は、ひらがなの『り』と同じなので
自力で読めたのだと思います。

これはウチの子だけの現象ではなくて
多くの日本人の幼児が
最初に読める国名は
『マリ』なんじゃあないかと思います。

この事実を知ったら
マリ共和国の国民の皆さまも
喜んでいただけるかもしれませんし
そうでもないかもしれません(笑)。

どうでもいい話で失礼しました~。
スポンサーサイト