FC2ブログ

4月14日(月)曇り

↓これは今日の晩ご飯です。(クリックして大きくして見てね)
blogpic 313

今夜は和風ハンバーグをつくりましたよ。
お湯であたためるインスタントのハンバーグですが
タマネギとシイタケを炒めて上に乗せたら
なかなか美味しかったです。

それはそうと、
↓これは最近の愛読書です。
blogpic 311

あの芸術家、岡本太郎サンの本です。

『今日の芸術』は今から6~7年前に読んで
すごく衝撃を受けた本です。
『日本の伝統』のほうは、つい先日買って読みました。

とくに『今日の芸術』のほうは
これはスゴイ本だと思います。

この本を読むまで僕は、
岡本太郎という人は
大阪の万博の変な塔を作って
『芸術はバクハツだ!』とか言っている変わったオジサンだと思っていたのですが

この本を読んで以来
岡本太郎という人を人生の師と仰ぐようになりました。
音楽でも小説でも絵画でも何でもよいのですが、
何かを創作する、
芸術作品を作ったり触れたりするということは
どういうことなのかが書いてあります。

というよりも
芸術のことから話は始まっていますが、
人間が豊かに生きるためにはどうしたらいいのか、
どこか心が満たされないまま何となく過ぎて行く人生に別れを告げて
色彩に満ちた人生を始めるためにはどうしたらいいのか
というようなことが書いてあります。

僕は音楽を作るのを生業にしているので、
よくいろんな方から
『私も音楽を作ってみたいけれどどうしたら作れるのか』とか
『詞をもっとうまく書けるようになるにはどうしたらいいのか』という
メールを頂いたりします。

僕自身もそうだったですが
自分でも何かを表現してみたい、
自分の中にあるものを何か形にしてみたいと思う人は
すごく多いのだなあと感じています。

どうしたら良い作品ができるか、などということは
僕も分からないので(笑)、
僕がそういう方たちにアドバイスできることは何も無いのですが

そういう方には
この岡本太郎サンの『今日の芸術』という本は
すごーーくオススメです。
絶対に一度読んでみるといいと思います。
とても読みやすくて簡単な文章ですよ。

1954年に出版されたそうですので
いまから54年も昔に書かれたということになるのですが、
まったく古さは感じられません。
西暦2008年の僕たちが読んでも
怖いくらい、現在の社会にズバズバあてはまる指摘や洞察が
たくさんあふれています。
スポンサーサイト