FC2ブログ

9月28日(月)晴れ

この前、4歳になったばかりの息子が
サチコネエサンに
『星はマイナスがつくとすっごく明るいんだ!
 金星はマイナス4等星で、夜空でいっちばん明るいんだ!
 金星を望遠鏡で見ると、三日月の形に見えるんだ!』
と言ったのだそうです。

ほんとうに、ちょっと1回だけ教えたことを
すぐ覚えてしまうというのは
幼児のスゴイところだなあと思います。

で、息子の中ではちかごろ
星の明るさ(等級)というのが流行しているみたいで、

しきりに
『ゼロ等星は?』『マイナス1等星は?』
とか聞いてきます。

先ほども、みんなで満月を見ていたら
『ゼロ等星は?』
と聞いてきたので、

夜空を指差しながら
『あそこに星が見えるか?
 あれはベガっていう星で、あれがゼロ等星だ』
と言いました。

『プラス1等星は?』
と聞くので
『あそこの星がアルタイルっていう星で、あれがプラス1等星だ』
と言いました。

『プラス2等星は?』
と言うので
『あそこの星がデネブっていう1等星だが、そのとなりの星が2等星だ』
と言いました。

『プラス3等星は?』
と言うので、
『うーん、今日は満月が出てるし
 なかなか3等星は見えにくいなあ
 また今度ゆっくり見ような』と言って終わりにしました。

ということで
どうでもいい話で失礼しました~。
スポンサーサイト