FC2ブログ

8月25日(木)晴れ

明日から、新潟県胎内市で行われる
『胎内星まつり』に行ってきます。

胎内星まつりは、毎年8月の終わりの週末に行われる
とても規模の大きな天文イベントです。

アクアマリンも出演するコンサートは土曜日の夜ですが、
金曜日から会場のブースでCDを販売しておりますので
お越しの方はぜひ声をかけてくださいね。
今月発売になった僕の著書『君も星だよ~合唱曲COSMOSにこめたメッセージ~』も
販売しますので、皆さまにお求めいただけましたら幸いです。

ところで、この夏は例年以上にいろいろなところに
演奏に行かせていただいてまして、
ほんとうに忙しく、楽しく過ごしました。
このブログにまだ書けていないこともたくさんあります。

↓これは、鳥取のコンサートの帰りに寄った
京都の鉄道博物館で買った缶バッジです。(クリックして大きくして見てね)
002.jpg
今はなき、ブルートレイン(寝台特急列車)『さくら』号の
ヘッドマークです。
右の缶バッジが京都鉄道博物館でかったもので、左のシールは
ずっと前に群馬県の『碓氷峠鉄道文化むら』という所で買ったものです。

僕は鉄道マニアではないので詳しいことは全く知らないのですけれど、
子どもの頃はブルートレインが大好きでした。

ブルートレインはかつて全国を走っていましたが、
なかでも、東京⇔長崎・佐世保間を結ぶ『さくら』が一番好きでした。
今でも、『君にとって永遠の憧れの列車は何か』と聞かれたら
”EF65の1000番台の機関車が14系の客車を牽引する編成の寝台特急『さくら』だ”と
答えます。(別に誰からもそんなこと聞かれませんが)

ですので、鉄道博物館などの売店で
『さくら』のヘッドマークが入ったグッズを見つけると
欲しいなあと思ってしまいます。

鳥取のコンサートには子どもたちも連れて行ったので
京都鉄道博物館にもみんなで行きました。

行く前に、鉄道マニアの4歳の息子は、
僕の姉がくれた
『京都鉄道博物館ガイドブック』的な本を熟読してまして、
だいぶ予習をしているようでした。

当日、博物館をいろいろと見終わって
帰ろうとしたときに、
『えっ、まだ帰らないよ。京都鉄道博物館にはプラレールで遊べるところがあるんだけど…。
 まだそこに行ってないよ。』
と言いました。

しかし、博物館は夏休みで凄まじい混雑でしたし、
その日のうちに京都から平塚まで帰るためには
もう切り上げて帰らないといけない時刻だったので、

『そうだな…。残念だけどプラレールのコーナーには行けないな。
 でもそのかわり、売店でお前の好きなプラレールの車両を買ってやるぞ』
と言って、あきらめさせました。

売店も戦場のような混雑でしたが、
プラレール売り場に行きまして
『なんでも好きなのを一つ買ってあげるぞ』と言いました。
これまで僕が子どもに買ったりプレゼントしたりしてきたのは『本』ばかりだったので、
『オモチャを買ってやる』なんてほとんど初めてのことでした。
これは自分としましては、かなり画期的な(笑)ことでした。

息子は数ある全国の電車から阪急電車を選んだので、
『そうか、関西に来て阪急電車を買うなんて、センスがあるな』
と言って買いました。

ということで
どうでもいい話で失礼しました~。
スポンサーサイト