FC2ブログ

10月5日(水)曇りのち雨

さいきん読んでいる本は
『恒星の進化』とか『超新星爆発』に関する本です。

星というのは水素とヘリウムのガスの塊が
核融合反応で生まれるエネルギーを放出しながら輝き
『燃料が尽きる』と死を迎えるという現象です。

その寿命の長さはそれぞれ千差万別ですが、
『生まれたときの体重』でほぼすべて決まってしまいます。

軽い星ほど長生きで、100億年いじょう輝き続けます。
重い星ほど短命で、もっとも重いタイプの星は数百万年で死を迎えます。
私たちの太陽は小さい星なので
寿命は100億年くらいで、いまその半分くらいが過ぎたところです。

太陽のような小さな星の死に方は、
自分自身を構成するガスがだんだん宇宙空間に広がっていってしまい丸い星雲を作り
最後は中心に『白色矮星(はくしょくわいせい)』という小さな天体が残りますが
それもやがて冷えて見えなくなって終わりです。

大きな星は超新星爆発といって
自分自身を吹き飛ばすような大爆発を起こして終わりを迎えます。

という感じのことはこれまで
知っていたのですけれど、
改めて本を買ってきて勉強しますと
やはりこれまで知らなかったことをいろいろと知ることができ
とても楽しいです。

超新星爆発には、いまの天文学では
大きく分けて4種類のタイプがあるのですが
そのこともけっこうちゃんと理解できたと思います。
僕は、こういう話はとってもロマンティックだと思います。

僕は、今後もしも自分の子どもだちに
『どうして勉強しなきゃいけないの?』
と聞かれたら、
そのときの答えは決めてあります。

『人生の目的は楽しむことだ。
 たくさん遊ぶことだ。
 そのために人間は生きているんだ。
 そしてこの世で、人生で、いちばん楽しくて面白い遊びは勉強だぞ。』
と言います(笑)。
けっこう真剣にそう言うと思います。

ということで
明日もがんばりましょう!!
スポンサーサイト