FC2ブログ

4月21日(金)晴れ

今日も、いま取り組んでいる
歌作りのお仕事をやってました。
東京の小学校の
児童の皆さんたちの言葉を集めて合唱曲を作るというものです。

昨日と今日でがんばって作業を進めまして
おかげさまでメロディも和音も歌詞もほぼできあがりました。
これから推敲をする感じになります。

それはそうと
全然関係ない話ですが、

せんじつ、5歳の息子が
『ぼく、元素の番号を覚えたいんだよ』
と言いました。

『元素の番号って、
 水素が1番でヘリウムが2番とかそういうのか?』
と聞いたら
『そうだよ』と言うので

『変わった趣味だなあ…』と思いながらも
まあ科学に興味を持つのは良いことだと思い、
ラジオの生放送のついでに平塚駅ビルの本屋さんに行って
子ども向けの元素の図鑑を買ってきました。

しかし、この本は小学生が対象の本らしく
5歳児にはちょっと難しいなあ……というレベルのものでした。

それでも息子は
よく分からないながらも熱心に読んでいるので、

『分からなくても別に気にすることはないぞ。
 ただ、22ページと23ページに見開きで大きく書いてある
 この表はとても大事だから覚えておいて損はないな。
 ロシアのメンデレーエフ先生という偉い人が作った周期表というものだ。
 番号とアルファベットの記号をちょっとでも覚えておけば
 将来きっと役に立つぞ』
と言っておきました~。

で、僕もちょっと読んでみたのですけれど
小学生向けの図鑑でありながら
『へえ~、そういうことなのか!』と
納得することや感動することが多々あり
ひじょうに勉強になります(笑)。

そして最近、息子が
『ねえパパ、紙はナニ素でできてるの?』
『ガラスはナニ素でできてるの?』とか
言うようになりました。

『紙の材料は木だから、たぶん炭素が多いんじゃないかな。だから"C"だな。
 ガラスは二酸化珪素だから、"SiO2"だな。でも
 マグネシウムとかカルシウムなんかの金属元素も
 ちょっとは入ってるんじゃないかなあ…』
などと懸命に答えております。

とても自信がないので
間違ったことを言っているのではないかという不安が
常にあります。

陽子とか中性子とか電子の説明は
なんとなくできましたが、

ついに今日
お風呂に入っているときに
『パパ、クォークって何?』と言ったので、

『お父さんは、そういうのはもう分からないのよ。
 お前さんがこれから勉強して
 分かったらお父さんにも教えてくれよ』
と言っておきました~。
スポンサーサイト