8月1日(火)雨

今度の週末は長野県原村で行われる『原村星まつり』で演奏しますので
きょうはそのリハーサルをしました。
良い演奏ができるようにがんばります。
(↑詳細は『LIVE』のページをごらんください)

ところで今日は、
昨日まで行っていた新潟と福島の写真を載せます。

新潟県胎内市で行われた『胎内星まつり』では
土曜日の夜に星空コンサートを行いましたが、
金曜日と土曜日のそれ以外の時間は
会場内のブースでCD販売をしてました。

↓これは、胎内星まつりの会場で
CD販売をしていたブースの写真です。(クリックして大きくして見てね)
17080101.jpg
この看板は5歳の息子が
『僕が書いてあげるよ!』と言って書いてくれました。
ほかにも、お客さまにフライヤー(チラシ)を配ってくれたり
いろいろすすんでやってくれました。

星まつりの会場には
たくさんのブースが出店しています。

多くは天体望遠鏡のメーカーや販売店、
天文関連のグッズのお店です。
食べ物の屋台もたくさんあります。
隕石や鉱物を売っているお店もあります。
ナゾの雑貨店みたいなお店もあります。

息子は、そのなかの一つに
『ネオジム磁石』というものが売られているのを見つけて
『ぼく、これが欲しいよ』
と言いました。

『なんで磁石なんか欲しいんだよ』と言ったら、

『ネオジムは、60番の金属元素なんだよ。
 ぼく、元素が好きだから、これ欲しいんだよ』
と言いました。

小さなサイコロのような磁石が10個セットで500円でした。
僕は、子どもが科学に興味を持つのは悪いことではないなと思い
何だかよく分からないまま買いました。

僕はネオジムという名前の元素があることを知らなかったのですけれど、
息子が元素図鑑を僕に見せながら
『ほら! このページに載ってるよ!』
と説明してくれました。
(大きくて重い元素図鑑を旅行に持って来ているというのもどうかしていると思うのですが)

元素図鑑には
『ネオジムと鉄とホウ素の合金で作られるネオジム磁石は非常に強力で、
 身近な工業製品にもよく使われます』
と書いてありました。

星まつり会場の近くの宿に2泊しましたが、
そこの大きな浴場は温泉です。

息子は、温泉の泉質成分表を見て
『パパ、この温泉には、ナトリウムがたくさん入ってるんだって!
 あっ、マグネシウムと鉄とカリウムとカルシウムとアルミニウムと塩素と二酸化珪素も……』
と興奮していました。

僕は、温泉の成分表を見て
こんなに目を輝かせている幼児を初めて見ました~。

そして
『ねえパパ、"陽イオン"とか"陰イオン"ってなに?』
と言うので
『原子が陽子と中性子と電子からできているのは知ってるな?
 イオンというのはその電子がですね…』
と、イオンについてひととおり説明をしました。
(僕は文系なのであまりちゃんと説明できていないと思いますが)

星まつりは例年通り
つつがなく終わりました。
今年も大勢の方々にお世話になり
ほんとうにありがとうございました。

日曜日(おととい)は宿を出発して
新潟からそのまま福島県の裏磐梯に向かいました。
余分に1泊して、ハイキングなどをしました。

↓これは、高速道路の磐梯山サービスエリアでお昼に食べた
喜多方ラーメンです。
17080102.jpg
ひじょうに美味しかったです。

↓これが、日曜日の夜に泊まった
裏磐梯ユースホステルです。
17080103.jpg
五色沼のハイキングコースの入口にあり
ここからハイキングを始められます。

新潟の星まつりの帰りに裏磐梯に寄るというのは
だいぶ前から計画して
この宿も予約していたので
大きな和室を家族で使わせてもらえました。

晩ご飯もとても美味しかったです。

ということで
明日は美しい五色沼の写真を載せたいと思います。
スポンサーサイト