8月8日(火)晴れ

きのう、5歳の息子が
『ねえ、パパ
 オバケって夜行性?』
と聞いてきました。

僕は
『そうですね、お父さんが知っている限り
 オバケというのはみんな夜に活動するらしいので
 オバケは夜行性だと言えるでしょう』
と言っておきました~。

ところで、
↓これはこの前の週末に
長野県の原村星まつりで演奏した際に
会場の近くのおソバ屋さんで食べたおソバです。(クリックして大きくして見てね)
17080801.jpg
たいへん美味しかったです。
僕は長野のおソバがほんとうに大好きです。

↓これは原村星まつりの会場の土曜日(8月5日)の空です。
17080802.jpg
発達した積乱雲が
北西の空にたくさん並んでいました。

例年だと、このような積乱雲が会場のほうに流れてきて
アクアマリンが屋外ステージで夕方のコンサートをやっていると
急に夕立の大雨が降ってきて
イベントスタッフの方々が僕とサチコネエサンの上に
テントを持ってきてくれる……ということがよくあるのですが、

今年はそうしたことが全くありませんでした!!
ありがたいことでございます。

↓これは、毎年、土曜日の深夜に行う『ミッドナイトコンサート』の会場です。
17080803.jpg
とても大きな部屋ですがイスはなく、
お客さまは床にじかに座って聴いてくださる形です。

グランドピアノがあって、照明もつけてもらえますので
原村星まつりでの3回のコンサートのなかでは
いちばんご好評をいただいております。
夜中にもかかわらず、いつも100人以上の方が聴きにきてくださいます。

ところで
星まつりでは
いろんなお店がブースを出して出店しています。

僕は、3歳の娘へのオミヤゲに
星の形をしたビカビカ光るアクセサリーや
ハンドタオルやエンピツをいろいろ買いました。

天文雑誌を出している出版社さんのブースでは
自分が勉強するための天文学の本と、
5歳の息子と3歳の娘のために
科学の図鑑を買いました。

それから、隕石や鉱物を売っているお店で
元素マニアの息子へのオミヤゲに
↓これらの鉱物を買いました。
17080804.jpg
息子には
『ユウタ、これは元素の塊だぞ。
 水晶(いちばん右)はニ酸化珪素の結晶だから珪素と酸素の化合物だ。英語ではクォーツだ。
 方解石(真ん中)は炭酸カルシウムの結晶だからカルシウムと炭素と酸素だ。英語ではカルサイトだ。
 黄鉄鉱(左)は硫化鉄の結晶だから、鉄と硫黄が結合したものだ。パイライトっていうんだ。
 これらは人間が削ったんじゃないぞ。自然のままの形だ。
 熱いマグマが地下で冷えて固まって岩石になるときに、おなじ分子同士が集まって固まるので
 こうした鉱物ができるんだ。
 そして、分子の配列がそのまま鉱物の形となって現れるので、こうした独特の形となるのだ』
と説明しました。

息子は、今のところ大事にケースに入れて
毎日眺めております……。

それにしても
これらの鉱物の結晶は、世の中のふつうのお店で買ったら
このくらいの水晶だと500~800円くらいで
ほかは1000円くらいが相場だと思うのですが
星まつり会場ではどれも200円でした~。
なかなか安いと思います。

星まつりの会場というのは
いろんなものがとんでもなく安い値段で売られているので
(それでいて品質的にはちゃんとしたものが売られているので)
天体観測の機材や星っぽいグッズを買うのにはオススメだと思いますー。

また来年も星まつりでお会いしましょう!!
スポンサーサイト