9月11日(月)晴れ

今日も暑かったです。

ここ数日は
3歳の娘が幼稚園から帰ってくると必ず
『三輪車の練習、する』
と言って三輪車に乗りたがります。

自分で漕いで自由自在に走り回れることが
楽しくて仕方ないみたいです。
とても速く走れるようになってきました。
Uターンもできるようになりました。

相変わらず娘はプリンセス好きです。
ときどき寝る前に僕の部屋に来て
『パパ、プリンセスのお話、してよ』
というので
歴史上のお姫様やギリシア神話の物語を話して聞かせてます。
(ギリシア神話にはプリンセスがいっぱい出てくるので重宝してます)

以前、
『むかしむかし古代エチオピアという国に
 アンドロメダというプリンセスがいました。
 あっ! でも大変です!
 大きなクジラの怪獣が、アンドロメダ姫に襲いかかってきましたよ』
という話を始めたら

『クジラの怪獣が、お姫さまを、パクッて、食べちゃったの?』
と聞いてくるので

『食べません』
と答えました。

すると
『どうして? まだ、いただきますをしてないから?』
と言うので

『いただきますを言ったか言わないかという問題ではありません。
 ヒロインが怪獣に食べられたら話が終わってしまうから、食べないのです。
 いいからとにかく続きを聞きなさい。
 アンドロメダ姫がクジラの怪獣に食べられそうになったとき、
 王子様が助けに来てくれたのです!』
と返したら

『ハンス王子? それ、ハンス王子でしょ。ハンス王子が助けにきたの?』
と娘が言いました。

僕は思わず
『ハンス王子って誰?
 ディズニーだな? ディズニーの何かのお話に出てくるんだな?
 お父さんはディズニーのお話はぜんぜん知らないんだ。
 アンドロメダ姫を助けに来たのはハンス王子じゃなくて
 空飛ぶお馬さんに乗ったペルセウス王子だ。』
と言ったら、

『え~~~、そんな人、知らな~~~い。
 そんな人、いらな~~い。
 お馬さんだけ来てくれるほうがいいな~~~~。』
というムチャクチャなリクエストをしてくるので(笑)、

『ナナミ、いいかげんにしなさい。
 ヒロインが怪獣に食い殺されているその上で
 無人のペガサスが飛び回ってるなんて
 そんなシュールな絵はサルバドール・ダリだって描けないぞ』
と言ってきました~。

娘と父親というのは
こうやって理解しあえなくなってゆくのだなあと思いました。
息子のときはもうちょっといろいろとスムースに話が進んだと思います。

ということで
明日もがんばりましょう!!
スポンサーサイト