10月6日(金)曇りのち雨

今日は、サチコネエサンと
僕の母校である茅ヶ崎市立西浜小学校に行って参りました。

今年度に学校創立65周年を迎えたということで
その記念歌を作らせていただきました。
児童や保護者の皆さんから
歌に入れる言葉や想いをたくさん出してもらいまして
それを元に作詞と作曲をしました。

歌を作る作業は
7月くらいにやっておりました。
今日は体育館でお披露目の会がありまして
全校児童の皆さんの前で
僕がピアノを弾いてサチコネエサンが歌いまして
『初演』を行いました。

自分が6年間通って卒業した小学校(のPTA)から
記念歌を作るというご依頼をいただいて
お仕事としてやらせていただくというのは
たいへん名誉なことで、光栄なことです。
このような機会を頂いたことには本当に感謝しております。

歌のタイトルは
『海はともだち』です。

西浜小学校は、茅ヶ崎の海辺にあります。
目の前は砂浜です。
その向こうに太平洋が広がっています。

小学生の頃は
それを空気のように当たり前に思っていましたが、
大人になって、日本各地を旅して、世界のいろんな国を旅すると
ほんとうに稀有で極めて美しい、恵まれた環境に育てられたと思います。

茅ヶ崎の美しい海や雄大な水平線、
潮の香りや緑鮮やかな松林、
富士山や丹沢山地や箱根の山々の風景に囲まれて子ども時代を過ごせたことは
人生を歩んでゆく上でほんとうに大きな財産になっていますし
それらの風景は一生をとおして自分を支えてくれる『ともだち』のような存在であります。

世界のいろいろな国を旅すると
おおぜいの人々と出会いますけれど、
どこの国のどの町の人も
世界中で自分の町こそがいちばん素晴らしいのだと
故郷を誇りに思っています。

僕もやはり、そう思います(笑)。

いま西浜小学校に通っている児童の皆さんも
きっと大人になったときに
僕と同じような想いを持つと思います。

というようなことも含めて
一生けんめい歌を作らせていただきました。

創立65周年の記念歌として作りましたが、
70周年の式典で歌うことを目標に
これから児童の皆さんが歌って育てていってくれるのだそうです。

ということで
今日は良い日でした。
児童の皆さん、先生がた、PTA・保護者の皆さま
本当にありがとうございました。
スポンサーサイト