11月14日(火)雨

今日は、せんじつ3泊4日で行ってきました
岩手のことを書きます。

11月9日(木)に新幹線に乗って岩手に行きました。
福島県内を通っているとき、
↓車窓にすばらしい虹が見えました~(クリックして大きくして見てね)。
17111301.jpg
この日は、岩手県の大船渡市にある
赤崎中学校にお招きいただきまして行ってまいりました。

全校生徒の皆さんが
『いつかこの海をこえて』を歌ってくれているということで
皆さんの合唱を拝聴し、
作者としていろいろとお話しました。

音色やハーモニーもとてもきれいでしたが
何よりも心のこもった深く広がりのある歌声で
ほんとうに感動的な合唱でした。

この『いつかこの海をこえて』という歌は、
歌詞の中にでてくる『海』という言葉が
とても大切な意味を持っているのですけれど
赤崎中学校の皆さんの合唱は
『海』という言葉を歌った瞬間に、ほんとうに海が見えました。

これは、言葉では説明できない、音楽というものの凄さだと思います。
おそらく皆さんが
心に風景を描きながら歌っているからではないでしょうか。
それが『歌に乗って』伝わるのだと思います。

↓これが大船渡の海です。
17111302.jpg
この写真は、泊まった大船渡温泉のホテルから撮りました。
露天風呂からも、この風景が目の前に広がって見えるのですよ!
夜に露天風呂に入ったときには、ちょうど下弦の月が昇ってくるところでした。
朝に入ったら、ちょうど日の出が見えました~。
とても良かったので、いつか家族で三陸海岸に行くことがあったらまた泊まりたいです。

次の日(11月10日)は
大船渡から釜石市に向かいまして
釜石東中学校を訪問しました。

全校生徒の皆さんが
『ボイジャー』、『地球星歌』、『いつかこの海をこえて』
を歌ってくれました。
どの曲も本当に壮大で感動的な合唱でした。

ところで、この釜石東中学校は
いままでずっとプレハブの仮設校舎だったのですけれど
やっとこの春、ついに街を見下ろす高台に新しい校舎が完成しました。

僕がこの釜石東中学校に伺ったのは8回目です。

最初に行ったのは
震災から1年と1日が経った2012年3月12日でした。
サチコネエサンと一緒に伺って
全校生徒の皆さんにアクアマリンのコンサートをお届けしました。

そのときに、津波によって破壊されてしまった旧校舎の中を
先生がたが案内して見せてくださいました。
ほんとうに、あまりにもひどい光景を見ました。
あの日のことを思い出すと
いまでも心臓が痛くなります。

僕はそれから毎年
釜石東中学校を訪れる機会をいただきまして
被災して取り壊された旧校舎も
生徒さんたちが震災直後に『間借り』していた釜石中学校も
長いあいだ彼らが学んでいたプレハブの仮設校舎も
釜石に行くたびに見てきました。

ですので、ついに今年完成した
ピカピカのカッコいい新しい校舎の中に入り
校長先生がずみずみまで案内してくださって
真新しい教室や階段や体育館を見て回ったときに
本当に胸がいっぱいになりました。

震災から6年!
ついに生徒さんたちは
仮設のプレハブではない、ピカピカの校舎で
学校生活を送ることができるようになったわけです。
ものすごく感慨深い気持ちになりました。

中学校の3年間の全てを
プレハブの仮設校舎で過ごして卒業していった生徒さんたちも
大勢いるのですから。
そのような生徒さんたちにとっては
プレハブの仮設校舎こそが、『大切な母校』であるわけです。

僕は、これまでたまに釜石を何度か訪れただけの人間ですが
これまでのいろんなことを思い出しました。
やはり強く思い出されるのは
仮設校舎で一生けんめいに勉学や部活動に励み
合唱曲を精一杯の歌声で奏でてくださった生徒さんたちの姿です。
皆さんのこれからの人生が素晴らしいものになるように
願う気持ちでいっぱいです。

この日は、そのあと花巻市に移動しまして
花巻市立若葉小学校にお招きいただき、行って参りました。

2年前に、若葉小学校の創立50周年の事業で
児童の皆さんといっしょに記念歌をつくる
というお仕事をさせていただいたことがあり、
そうしてできたのが『心のなかの広い宇宙を』という歌です。

今回も全校児童の皆さんが
とても元気な素晴らしい歌声で合唱してくれました。
6年生などの高学年の子たちは
とても上手に美しく歌ってくれます。
1年生などの低学年の子たちも
ほんとうに元気いっぱい、空に届くような声で歌ってくれました。

次の日の11月11日(土)は
花巻市の学校の先生がたを対象に
講演をさせていただきました。
(これが今回のメインのお仕事です)

↓これが会場の写真です。
17111305.jpg
花巻市内のたくさんの学校でも
音楽会や合唱コンクールで
『COSMOS』や『地球星歌』を歌ってくださっているそうで
作者としていろいろとお話しました。
ほんとうに光栄なことであります。

いろいろな所にお招きいただき
児童・生徒の皆さんの素晴らしい合唱を
たくさん聴かせていただいて、
大勢の先生がたとお話する機会に恵まれました。
とても充実した4日間でした。

児童・生徒の皆さん、先生がた
ほんとうにありがとうございました!!
スポンサーサイト