FC2ブログ

11月19日(日)雪のち晴れ

昨日は、長野県の木島平のアットホームな宿
『みゆきの杜ユースホステル』でお泊りコンサートでした。

宿の温かい雰囲気のリビングルームで
宿泊客の皆さまや地元の地域の方々を対象に
コンサートを行いまして
僕たちも皆さんと一緒に宿泊しました。

お越しいただいたお客さま
宿オーナーご家族の皆さま
ほんとうにありがとうございました。

こちらでのコンサートには
いつも子どもたちも連れて行きまして
みんなで一緒に泊まります。

↓これは、今朝の宿の風景です。(クリックして大きくして見てね)
17111901.jpg
一夜にして銀世界になってました!!
今週末の長野県北部は雪の予報が出ていましたが
こんなに積もるとは思っていませんでした。

僕たちが住んでいる平塚では
雪が積もることはほとんどないので
子どもたちは朝起きてこの景色を見て
超ハイテンションになっていました。

6歳の息子は
『ぼく、雪は見たことあるけど、
 こんなに積もったのを初めて見たよ』
と言っていました。

3歳の娘にとってはおそらく
物心ついてから初めて見る雪景色だと思います。
実質的に、生まれて初めて見る雪景色だと思います。
『ウワ~~~~』と感動していました。

僕は3歳の娘にむかって、
『お前さんは明日が誕生日だろう。だからきっと神様が
 アナ雪が大好きなお前さんに
 この一面の銀世界をプレゼントしてくれたんだ。
 お前さんをアナ雪の世界に連れてきてくれたのだ。
 ここはアレンデールの国だ。
 神様っていうのは、お前さんに”世界”をプレゼントしてくれるんだなあ。凄いなあ。』
と言ったら

娘は
『神様が、あたしのハッピーバースデーで、
 あたしをアナ雪の国に連れてきてくれたの?!?!』
と本気にして喜んでました~(笑)。
ケナゲなもんだなあと思いました。

他の宿泊客の皆さんと一緒に
雪景色を見ながら朝ごはんをいただきました。
↓これが宿の食堂から見える景色です。素晴らしい絶景であります。
17111902.jpg
朝ごはんを食べ終わると
子どもたちは外で雪遊びを始めました。

しばらく雪ダルマを作ったりして遊んでいましたが、

娘がふと、
『アナとエルサは、どこにいるのかなあ。
 あそこの山にいるような気がする。
 あそこに行ってみたいよ。』
と言うので

僕と子どもたちの3人で
どんどん道を登って行きました。

↓立派な柿の木にも雪がたくさん積もっていました。
17111903.jpg
ほんとうに幻想的な光景でした。

娘は山に向かって、
『アナ~~~~! エルサ~~~~!』
↓と叫んでいました。
17111904.jpg
本当に自分がアナ雪の世界にいるのだと
信じているようでした。

『アナとエルサ、呼んだのに来ない』
とションボリしているので、

『願いというのは、今すぐ叶うことはなくても
 願い続けていれば一歩ずつ近づくことはできるぞ。
 お前さんは今日、アナとエルサに少し近づいたんだ。
 これは本当だぞ』
と言っておきました~。

夜が明けたときには一面の雪景色でしたが、
すぐに晴れて太陽がサンサンと輝き
どんどん雪が溶けまして
クルマ(ノーマルタイヤ)で帰ってくることができました。

子どもたちには貴重な体験になったことと思います。
ありがたいことでございます。

雪が降ったのは本当に長野県北部だけだったようで
ほんのちょっと南下したら
まったく雪はありませんでした。
高速道路も、まったく普通でした。

平塚に帰ってきて
ラジオの生放送をしました。

星のコーナーは
おひつじ座の話をしましたよ。

ということで
また一週間がんばりましょう!!
スポンサーサイト