FC2ブログ

7月20日(日)晴れ

お陰さまで
無事に神戸から帰ってきましたよ。

ところで
↓これは港町・神戸の夜景です。(クリックして大きくして見てね)
blogpic 015
神戸の市街地のすぐ北側の山の斜面にある
『ビーナスブリッジ』という所から見た夜景です。
ちょうど満月が昇ってきまして、幻想的な眺めでした。

ところで、この『ビーナスブリッジ』という展望台は
単にロマンチックな名前をつけたという訳ではなくて、
↓ちゃんと天文学的にビーナス(金星)にゆかりのある名前なのだそうです。
blogpic 013
明治7年(1874年)に、フランスの天文学者の観測隊が
ここで『金星の日面通過』という
極めて珍しい現象を観測したことからついた名前だそうです。

金星の日面通過とは、
太陽の手前を金星が横切ってゆくときに
太陽の中に
金星の丸い小さなシルエットが見えるという現象です。
いわば『小さな日食』であります。

明治時代の日本で
金星の日面通過が見られ
それを外国の学者たちが観測に来たという話は聞いたことがありましたが
それがここだったとは知りませんでした。
たいへん感激しましたよ~。

ちなみに2004年にも起こりまして
その時は『130年ぶり』ということでたいへん話題になりまして
僕も平塚のプラネタリウムの観望会で
太陽の中を金星の小さなシルエットが横切って行くのを見ました。

その『130年前』が、ここで観測されたのです。
夜景以上に、その事実に感激してしまいました。
スポンサーサイト