FC2ブログ

3月15日(木)晴れ

毎年8月中旬には
ペルセウス座流星群の活動があります。

年間を通して流星群はたくさんありますが
ペルセウス座流星群は
流れ星の数が最も多いものの一つです。
夏休みの時期で、寒い思いをせずに見られることもあって
気軽にたくさん流れ星を見ることができます。

それで、今年はそのペルセウス座流星群の
条件がとても良いとされています。

『条件が良い』とは、
月が新月なので
眩しい月明かりに邪魔されず暗い星までよく見えることや、
ピークの時刻が
日本が見やすい時間帯に当っている、ということなどです。

それに、今年の夏は『火星の大接近』があるので
ビカビカとものすごく明るく輝く火星を眺めながら
ペルセウス座流星群を見るという稀有な体験ができるはずです。

そういうこともあり、
今年のペルセウス座流星群は
久々に気合を入れてちゃんと見たいなあと思いました。

また、6歳の息子が以前から
『ぼく、惑星は望遠鏡でぜんぶ見たから、
 次は流れ星を見たいよ』と言っていたこともあり、
どこか、星のキレイなところに泊りがけで行こうと計画しました。

で、おかげさまで
いろいろと探しまして
ペルセウス座流星群のピークの日にあわせて
とある場所の宿を2泊予約することができました!!

インターネットで探して
たまたま見つけた宿です。
美しい星空を眺めるには抜群のロケーションにあり、
(神奈川県からはちょと遠いですが)
宿のサイトに載っていた『星空を眺めるためのテラス』の写真を見て
『これはいいなあ』と思ったのですぐに電話をかけました。

そうしたら、そのテラスにすぐに出られる
最上階の部屋がまだ空いているというので
そこを予約させてもらいました。

今から急に楽しみになってきましたが
お天気だけは運を天に任せるしかないので
泊まっている2泊のどちらかだけでもいいので
晴れてくれることを祈るばかりです。

昨年の夏休みはお仕事がとても忙しく、
子どもたちを連れてレジャーに行けたのが
『新潟県での演奏に子どもたちも連れて行き
 帰りに福島県の裏磐梯に1泊して
 五色沼をハイキングして猪苗代湖で遊覧船に乗る』
という、たった1日だったので
(これはこれで非常に素晴らしい体験でしたが)

『2018年の夏休みは
 子どもたちのために、もうちょっと
 ちゃんとした夏休みをやりたいなあ…』
という想いをずっと引きずってまいりました。

ということで
無事に宿が予約できたので、

昨日、二宮町の吾妻山公園に菜の花を見に行った際
山の頂上についたときに
6歳の息子と4歳の娘に言いました。

『今年の夏休みはねえ、みんなで流れ星を見る旅行に
 行こうと思うんだ。』

息子のほうはそれなりに喜んでいましたが、

4歳の娘が
今朝、起きたときに言いました。

『きょうは、ながれぼしを見に、とおくに行くんでしょ?』

僕は
『違う違う、あれは夏休みの話だ。8月の話だよ。』
と言ったら

『はちがつって、きょう?』
と言うので
カレンダーをめくりながら
『8月というのはこんなに先のことだ』
と説明しました。

そうしたら
『いやだ~、ながれぼし、きょう見に行きたいな~』
と言いました。

息子のほうは宇宙や天文に興味を持っていますけれど
娘がそんな反応を示したのは意外だったので
『お前さん、星なんかに興味があったっけ?』
と聞きました。

よくよく話をきくと
彼女は天文学的・科学的な意味で流れ星が見たいのではなく、

プリンセスの映画や絵本で
ロマンチックなシーンで流れ星がよく登場するので
そこで流れ星というものの存在を知り
憧れのプリンセスと同じような体験をしてみたいと
望んでいるようなのです。

なるほどなあと思いました。
まあ、興味の入口は何でも良いと思います。
それまでの経緯はどうでもいいので
満天の星空や、天の川や、流れ星や、赤くビカビカ光る火星を
娘が見たら、それは彼女にとってささやかな財産になると思います。

ということで
明日もがんばりましょう!!
スポンサーサイト