FC2ブログ

7月27日(日)晴れ

今日も暑かったです。

今日は
新曲の、サチコネエサンのコーラスを多重録音でレコーディングしました。
これはナカナカ良いです。
来月ミニアルバムが発売される予定ですので
ぜひお求めいただけましたら幸いです。

そして今日は
日曜なのでラジオでした。

星のコーナーは、
いよいよ今週起こる皆既日食の話をしましたよ。

こんどの金曜日、8月1日に皆既日食が起こります。
見られるのは、シベリアや、中国のシルクロードの辺りです。
日本から近いので
僕の知り合いでも
観測に行くという人が何人もいます。
皆さん気をつけて行ってきて欲しいです!

8月1日の夜のニュースや
翌日の朝のニュースや新聞などでは
皆既日食の素晴らしい映像や写真が見られるはずですので
ぜひみんなで見ましょう。

そして
来年の7月22日には
その皆既日食が日本で見られます。

『日本で見られる』とサンザン言われていますが
屋久島とかトカラ列島とか、種子島や奄美大島の一部と
極めて限られていますので
一般の人が見ようとすると
そこまで行くための交通機関のチケットの確保が極めて難しいと思われます。
ワールドカップの決勝戦の観戦チケットだとか
オリンピックの開会式のチケットだとか
そのくらい入手は困難になると思います。

でも皆既日食というのは
神秘的で荘厳で、美しくて、動的で、
人生を変えるような
ほんとうにスゴイ体験なので
もしチャンスがあったら、一人でも多くの人に
体験して欲しいです。

皆既にはならなくても
来年7月22日の日食は、日本全国で部分日食になります。
九州などでは太陽の直径の90%以上まで月が食い込んできて
三日月よりも細くなった太陽が見られるはずです。

いちばん遠い北海道でも40~50%、
湘南地方では70%以上ということなので
かなり見ごたえのある部分日食です。
来年の7月22日という日は
日本中がスゴイ一日を迎えることになると思います。

皆既日食というのは
2年に1回以上の割合で頻繁に起こりますので
その気になれば、いつでも見に行けます。

しかし皆既日食というのは
地球上のたいへん狭い地域でしか見られないので
たいていは
人の住んでいない砂漠やジャングルや南極や北極や
小島すらない太平洋や大西洋の真ん中とかで起こることが多いです。
『どうやってそこまで行くの??』と
言いたくなるような場所ばかりで起こります。

現実的に
一生の中で皆既日食を見るチャンスというのは
そんなにたくさんは、ありませんので
やはり来年の7月22日というのは
僕たち日本人にとっては
大きなチャンスだと思います。

とりあえず
こんどの金曜日の皆既日食を
みんなで楽しみましょう!!
スポンサーサイト