FC2ブログ

6月25日(月)晴れ

今日は平日ですが小学校が休みになったので
鉄道マニアの6歳の息子が計画した
日帰りの鉄道の旅につきあってきました。

息子が地図や時刻表を読んで旅行を計画して
実際にそれをやるということを
これまで何度かやっているのですけれど、

今回は『りんかい線に乗りたい』と言って
いろいろ調べて計画したので
それを実行しました。

僕は息子に
『お父さんは、りんかい線というのが
 どこからどこまで走ってるのかも知らないぞ。大丈夫なのか?』
と言ったら(本当に知らない)、

『大丈夫だよ。東海道線で東京駅まで行って、
 そこから京葉線で新木場まで行って、大崎まで乗るんだよ。
 パパは僕についてくるだけでいいよ。』
とか言っているので
『じゃあ、お父さんは本当に何も知らないけど大丈夫だな?
 お前さんに任せたぞ』
と言ってついてゆきました。

東海道線と京葉線を乗り継いで
ぶじに新木場駅までたどりつきました。

りんかい線のホームに行くと
大崎行きの列車が停まっていたので
『これに乗るんだろ』
と言ったら、息子が
『これじゃない』と言いました。

『えっ、大崎行きって書いてあるぞ。この列車に乗るんだろ』
と言うと

『これは233系だよ。僕は70000型に乗りたいんだよ』
と言いました。

僕は車両の区別なんて分からないので
『そうなんだ。お前さんが乗りたい種類の車両があるのか。
 じゃあ、それが来るまで待つか』
と言って、何本か見送って
お目当ての車両が来るのを待ちました。

なかなか来なくて息子が不安そうな顔になってきたので
『こういうときは、駅員さんに聞いたらいいと思うぞ』
と言って改札まで戻りまして
『あのう、息子が70000型とかいうのに乗りたいといっているのですが…』
と駅員さんに尋ねると
『ちょっと待ってくださいね、いま調べます』
と言いながら、調べてくれました。

『あっ、ちょうど次にホームに入ってくるのが70000型です。』
というので、お礼を言ってホームに戻りました。
しかし、やってきたのは233系の車両でした。

息子はがっかりしたようすで
『駅員さん、間違えたのかなあ…』
とか言ってます。

もういちど改札に戻ると、
駅員さんが僕たちを見つけて
『70000型じゃなかったですね。じつは、今朝、ダイヤが乱れていたせいで
 いつもと車両が違ってしまっているのです。
 70000型の車両がいつ来るかは、分からないのです』
と、申し訳なさそうに言いました。

僕は、
『いいんです、いいんです。じゃあ、もう少しホームで待ってみます』
と言って立ち去ろうとすると、
駅員さんが追いかけてきて、息子に向かって
『ボク、これをあげるよ。』
と言いながら、鉄道好きの子どもが喜びそうな
本当にちょっとしたものをくれました。

息子はとても嬉しそうな顔で
お礼を言っていました。

ホームにまた降りていくと
ついに70000型の列車が来ていました。
息子は本当に興奮しながら
『パパ! 70000型だよ! 急いでよ!』と言って飛び乗りました。
↓これがその70000型というものだそうです。(クリックして大きくして見てね)
18062502.jpg
僕にはフツーの電車に見えるのですけれど(笑)、
息子にとっては特別な意味を持つ憧れの車両なのでしょう。

大崎から山手線で新宿に来ました。

息子が
『新宿駅についたら改札を出て散策したい』
と言うので

『どこに行きたいんだ』と聞いたら
『都庁に行きたい』と言いました。

そうですか、じゃあ、そうしましょうと言って
都庁まで歩いてゆきました。

↓これは、都庁を眺める息子です。
18062503.jpg
なぜ都庁なんか見たいのか僕には分かりませんが(笑)、
きっと本人にとっては、何か理由があるのでしょう。

都庁の隣の大きな公園でしばらく遊んでいたら
午後3時になってしまいました。

『そろそろ帰らないと』
と言ったら、息子が
『じゃあ、小田急線で小田原まで行って
 そこから東海道線で平塚まで帰ろうよ』
と言うので

ずいぶん遠回りだなあと思いましたが
『いいよ。今日はお前さんが計画したとおりに旅行する日だからな』
と言って、新宿駅の小田急線の乗り場まで行きました。

僕が、『ロマンスカーに乗せてやるよ』と言ったら
(息子のためというよりは僕が疲れていたので)、
息子は
『ロマンスカー乗りたい!
 じゃあ、僕はLSEとMSEとVSEとEXEはもう乗ったことがあるから、
 まだ乗ったことがない新型車両のGSEかエクセアルファに乗りたいよ!』
とか言いました。

僕は
『エクセアルファって何だよ』と言ったら
息子は
『エクセの新型でエクセアルファっていうのがあるんだよ!!』
と言いました。

僕は心から、
鉄道マニアというのは恐ろしいなあと思いました~。

で、新宿駅の特急ロマンスカーのキップ売場に行って
『すみません…、本当にすみませんが、
 息子がGSEかエクセアルファに乗りたいと言っているのですけれど
 そういう列車ありますか…?』
と聞いたら

窓口の係員さんがいろいろ調べてくれて
『2時間後にエクセアルファの小田原行きがあります』
と言いました。

僕は、
『じゃあ、その2時間後のエクセアルファのキップをください』
と言いました。

そうしたら、駅員さんは
『あのですね、ちょうど一番前の席が空いてます。
 お子さんも喜ぶと思います。いかがですか』
と言って、1号車の1番という席のキップをくれました。

そしてここでも、
鉄道好きの子どもが喜びそうな
ちょっとしたものを息子にくれました。

僕は本当に感激しました。

りんかい線の駅員さんも、
小田急線の駅員さんも、
単なる一人の6歳の子どものために
いっしょうけんめい、乗りたい車両に乗れるように
こんなにも手を尽くしてくれるのか、と

心から感謝の気持ちでいっぱいになりました。
ほんとうにありがとうございます。

2時間ヒマをつぶしてホームに行きました。
↓エクセアルファが来ましたよ。
18062505.jpg
息子は興奮しながら乗り込みました。

一番前の席なので、景色がとても良く見えました。
↓EXEとすれ違いました。
18062507.jpg
↓MSEとすれ違いました。
18062508.jpg
↓VSEとすれ違いました。
18062509.jpg
ということで
りんかい線と小田急線の駅員さんのおかげで
息子にとっては本当に素晴らしい一日になりました。
心からお礼を申し上げます。
スポンサーサイト