FC2ブログ

7月16日(月)晴れ

おととい、家族で小田原城に行ってきました。

↓これは、小田原城と4歳の娘です。
18071604.jpg
近ごろ、6歳の息子が戦国時代に興味を持っているので
『この小田原城は、戦国時代に関東地方を支配した北条氏のお城だ。
 豊臣秀吉に攻撃されて負けたのだ。』と言ったら

『豊臣秀吉、知ってるよ!』
と言って
ひじょうに興味津々な様子で展示を見学してました。

『北条氏は5代続いたが、初代の北条早雲サンは
 日本の歴史のなかで戦国大名の第1号と言われている人だぞ。
 すばらしい政治を行ったので領民から尊敬を集めたそうだ。
 それに、豊臣秀吉が小田原城に大軍で攻めてきたとき、
 日本じゅうの大名はもう秀吉に降参していていて、
 残ったのは神奈川県の北条氏と東北の伊達さんくらいだったのだ。
 天下を統一した豊臣秀吉に最後まで抵抗したのだな。
 われわれのお殿様は最後までがんばったのだ。
 最後は秀吉の大軍にお城を囲まれて耐えていたんだけど、
 秀吉は近くの山の上に一晩ででっかい城を建てて威嚇してきたんだな。
 それをお殿様はこの天守閣から見て、
 もうこれは戦っても勝てないと悟って降参したのだ。
 それで天下は秀吉のものになったのだ。
 ユウタ、地元の歴史を知っておくって大事なことだぞ。
 こういうことは、ちゃんと勉強しておいたほうがいいぞ。』
と言っておきました~。

お城の天守閣は博物館のようになっていて
いろんな展示があって勉強になりましたが、
その『小田原合戦』の様子を描いたシアターの短い再現ドラマが
6歳児にもたいへん分かりやすい内容で良かったです。

息子がいちばん興奮して見ていた展示は
大きな日本地図に描かれた戦国大名の勢力図です。
『あっ! 武田信玄だ! 上杉謙信だ! 毛利元就だ! 長曽我部元親だ!
 織田は最初はこんなに小さかったんだねえ!』とか言いながら
ずいぶん熱心に眺めていました。

『長曽我部元親なんて知ってるのか』と言ったら
『うん、本で読んだよ』と言ってました。
なるほどなあと思いました。

最近は、息子と歴史の話ができるようになってきて
おもしろいなあと思います。

『日本の歴史のなかで、とくに人気があるのは
 戦国時代と幕末だ。
 歴史好きの人はたいてい好きな幕末のヒーローというのがいるんだけど、
 お父さんはやっぱり勝海舟と島津斉彬をとても尊敬するなあ』
と言ったら、

『ふ~ん、ぼくは西郷隆盛が好きだな』
とか言っていました。
まあ、どこまで理解して言っているのか分かりませんが。

4歳の娘は
小田原城の敷地のなかにある『こども遊園地』のゴーカートが楽しかったようで
帰ってきてから
『また小田原城に行こうよ』とずっと言ってます。
ありがたいことでございます。

ということで
明日もがんばりましょう!!
スポンサーサイト