FC2ブログ

10月21日(日)快晴

今日は日曜なのでラジオの生放送の日でした。

星のコーナーは
みずがめ座の話をしましたよ。

それはそうと
今日は茅ヶ崎駅の北口にある青少年会館に行って
試験を受けてきました。

『天文宇宙検定試験』という
天文学や宇宙に関する知識を試す検定試験です。

受験したのは僕ではなくて
7歳の息子です。

今年の夏に出演した長野県の原村星まつりの会場で
息子とサチコネエサンが
天文宇宙検定の教科書と問題集を買ってきて
『4級は小学生でも受けられるので受験したい』と言いました。

僕は
『それはいいけど、その試験って、
 東京とかまで行かないといけないんじゃないの。』
と言いましたが

『いや、茅ヶ崎も試験会場になってるのだ』
と言いました。
申込書を見ると全国で10か所ほどが試験会場になっていましたが
札幌・仙台・東京・名古屋・大阪・福岡などに混ざって
本当に『茅ヶ崎』とありました。

『どうしてこんなそうそうたる大都市に
 茅ヶ崎などという小さな街が混ざってるんだろう?
 同じ神奈川県でも、横浜や川崎を差し置いて茅ヶ崎とはどういうことだろう?』
とも思いましたが
せっかく地元でやってくれるというなら、受けたらいいんじゃないかなあと
思いました。

で、受験料を払って出願をしたら
受験票が送られてきました。

僕はその『受験勉強』に
まったくタッチせず、
とくに何かを教えるなどということはしませんでした。

この先の人生で
自力で勉強して試験にパスするということは
何度もやっていかなければならないことなので
『自分で教科書を読んで問題集をやって勉強しろよ』とだけ
言っておきました~。
でもサチコネエサンはずいぶん心配してフォローしていたようです。

息子は夏以降、教科書や問題集を熱心に読んで
自分なりにがんばって勉強していました。

しかしながら一番の問題は
答案がマークシート方式だということです!!
小学一年生にとっては
マークシートなんて、見たこともないシロモノです。
それで、『マークシートの答案に記入する練習』だけは
念入りにしました(笑)。

今日、会場に行きましたら
4級は小学生も半分ちかくいたものの
半分以上は大人の方々でした。
年齢層もとても幅広かったです。

試験開始の前に
試験官の方が諸注意と説明をしてくれます。
その時まで、小学生の保護者は子どもの隣に居ることができました。

低学年の子のためには
マークシートではなくて、選択肢の番号をマルで囲むというタイプの
解答用紙も用意されているという説明もありましたけれど
せっかく練習してきたんだからと、マークシートのほうを選びました。

僕は息子に
『落ち着いてやれば大丈夫だよ。
 マークシートの書き方に注意しろよ。解答欄を間違えないようによく確認しろよ』
と言ってロビーに出ました。

試験時間の50分間は
僕はとても落ち着きませんでした。
べつに例えば入学試験のような人生を左右するような重大な試験を
受けているわけではないのに、
待っているあいだ、じっと座っていることができませんでした(笑)。
これが親の気持ちというものなのかなあと思いました~。

しかし、正午のチャイムがなって
会場の部屋から出てきた息子は
とても晴れ晴れとした表情をしていて安心しました。

問題用紙を持ち帰ってきました。
息子は律儀にも、マークシートに記入する前に
問題用紙の選択肢にもマルをつけていたので
どの答えを選んだのかも分かりました。

その場で(心の中で)採点してみましたが
合格点には達していると思います。
しかし、マークシートというのは
正解は分かっていても
記入欄が1個ずつずれていて全部バツになるという恐ろしい危険性がありますから
もしそれをやっちゃっていると不合格かもしれません。

僕は息子に
『試験というのは合格したり不合格だったりあるけれど
 お父さんは実はどっちでもいいな。
 結果はどうでも、お前さんは挑戦したんだ。
 大人の人たちと同じ条件で受験したんだ。そのことがいちばん大事なことで
 本当に素晴らしいことだと思うよ。』
と言っておきました~。

結果は12月に郵送でくるそうです。

ということで
また一週間がんばりましょう!!
スポンサーサイト