FC2ブログ

2月27日(水)曇りのち雨

今日は実家の自宅スタジオに行って
ミキシングの作業を少ししました。
お陰さまで少し進みました。

それはそうと最近
5歳の娘を寝かしつけるときに、娘が
『パパ、アラジンの話をしてよ』と毎日のように言うので

『いいでしょう。アラジンのお話は、歌から始まるのです』
と前置きして、
まず『A Whole New World』を歌ってます。
(桃太郎も浦島太郎も金太郎も歌から始めてます)

そうしたら昨日、娘が幼稚園からの帰り道に
『♪ア~イキャンショーユダワー、シャイニシマリン、スプレ~ンディ』
と歌っていたので

『お前さん、アラジンのうた、歌えるのか』と言ったら
『パパが歌ってるのを覚えた』
と言っていました。

なるほどなあと思いました。
意味が全く理解できないのに音だけ覚えるというのは
幼児の特権ですねえ。

しかしながら
僕はアラジンのストーリーをよく知らないので

アラビアの砂漠の地形や地質の話や
アッバース王朝(イスラム帝国)の歴史の話などをしていると
子どもたちは寝ます(笑)。
こんどは後ウマイヤ朝やファティマ朝やアイユーブ朝の話をしてやろうと思ってます。
(よく知らないけど)

イスラム帝国は
アラジンやシンドバッドなど
アラビアンナイトの幻想的な物語を生みましたが
こんにち僕たちが使っている星の名前がほとんどアラビア語なのも
この時代の人々が非常に高度な天文学の研究をしていた名残です。

こんにち僕たちが使っている
ベガ、デネブ、アルタイル、リゲル、ベテルギウス、アルデバランなど、
星の名前の大半がアラビア語起源のものであるのは
いまから1000年前後も昔のアラビアの人々が
盛んに天文学を研究して発展させた成果の歴史を物語っています。

まあそういう話も
いつか子どもたちに話して聞かせたいと思っております。

そんな話はいいとして、
明日もがんばりましょう!!
スポンサーサイト