FC2ブログ

4月8日(月)雨のち曇り

今日も、せんじつ行ってきたアメリカ旅行の写真を載せます。

今回の旅行で最初に泊まった
カリフォルニア州のローンパインの町から
デスバレーに行きました。

↓このような果てしない道を200km走っていきます。(クリックして大きくして見てね)
19040801.jpg
↓デスバレー国立公園の入口に着きました。
19040802.jpg
デスバレー国立公園の面積は
福島県とほぼ同じなのだそうです。
長野県より広いそうです。

広大なエリアに
いろいろな見どころポイントが点在しています。
一日ではとても見られませんが
主要なところを巡りました。

↓これは、バッドウォーターという場所です。
19040804.jpg
塩の大地がどこまでも広がっています。

ここはデスバレーのメインの場所の一つですので
おおぜいの観光客が
炎天下の塩の上を歩いています。

また、ここは海抜が海面よりも低く
標高マイナス85mというスゴイところです。

↓山の崖のずっと上のほうに『ここが海面の高さ』と表示が出ています。
19040806.jpg
旅行の最後の日に
子どもたちに『どこがいちばん楽しかった?』と聞いたら
二人とも、『デスバレーの塩のところ』と答えていました。

↓これは、塩の大地を全力で走る息子と娘です。
19040805.jpg
7歳児と5歳児にとっては
見たことも無いような世界で
とても興奮したのだと思います。

僕は息子に向かって
『どうだ。すごい景色だろう。
 お父さんとママは、2003年にもここに来たんだ。
 まだ結婚する前だったけどな。
 アメリカ西部を1ヶ月かけて周って
 いろんな壮大な景色をたくさん見た。
 本当にどこへ行っても凄い景色ばかりで心から感動した。
 そのときに、自分がこれまでずいぶんとチッポケな世界に
 閉じこもって生きてきたような気がしたんだ。
 それで、広い世界をもっとこの目で見てみたいと思ったんだ。
 それからいろんな国を旅するようになった。
 お前さんも、きっとこれからいろんなところへ行くと思うよ。
 行きたいと思ったところにはきっと行ける。
 だから、今から行きたいと思うところを
 たくさんリストアップしておくと良いと思うぞ』
と言っておきました~。

息子は、ガイドブックに載っている
デスバレーの驚異の気象データに興味を持ったようでした。

『パパ、デスバレーで気温57℃を記録したことがあるんだって!』
『地面の温度が93℃になったことがあるんだって!』
『降水量がゼロだった年があるんだって!』
と目を輝かせていました。

『そうだ。今は3月だからこの程度の暑さだが
 もし7月とかだったら本当に死の谷だぞ』
と言っておきました~。
スポンサーサイト