FC2ブログ

4月23日(火)晴れ

今日も、せんじつ行ってきた
カリフォルニア旅行の写真の続きを載せます。
旅行の写真は、いちおう今日で最後ということになると思います。

サンフランシスコからロサンゼルスまで帰るのに
カリフォルニア州の海沿いを走る『州道1号線』を走りました。

とても見どころの多い絶景道路だと聞いていたので
サンフランシスコとロサンゼルスの中間の小さな町、
サン・シメオンに1泊しました。

サン・シメオンの近くに
↓アザラシがたくさん住んでいるビーチがあります。(クリックして大きくして見てね)
19042301.jpg
ギョッとするくらい
たくさんのアザラシが寝ています。

↓起きて吠えているアザラシもいます。
19042302.jpg
これには僕の母親がとても衝撃を受けて
今回の旅行でいちばん印象的だったものの一つだ
と言っていました。

↓これが、サンシメオンで泊まったモーテル『サンシメオンロッジ』です。
19042305.jpg
とっても明るい雰囲気のモーテルでした。
1泊だけでしたが、とても気に入りました。
すぐ目の前が1号線で、それを渡るとすぐビーチです。

ちなみにウチは、演奏の仕事で遠方に行くときでも家族旅行でも
『交通』に関することは僕が調べたり予約したりして
『宿泊』や『食事』に関することはサチコネエサンが調べたり予約したりする、という
長年にわたって自然発生的にできた役割分担があるのですが、

このサンシメオンのモーテルだけは
大手宿泊予約サイトの写真を見て
『ウワー、ほんとに海辺なんだな。素敵だな』と思い
ネエサンに
『この宿がいいと思います』と伝えました。

↓このサイトです。
https://www.booking.com/hotel/us/san-simeon-lodge.ja.html
皆さまも、1号線を旅する際には
この宿オススメいたします。
小さな小さな町のフツーのモーテルですけど。

ところでこの日の夕飯は
近所のレストランにみんなで食べに行きました。

僕はパスタがとても好きなので
世界中どこに行ってもパスタを食べます。
南米でもアフリカでもヨーロッパでもオーストラリアでも
その国のスパゲティを食べます。

日本ではもっともポピュラーな
『スパゲティ・ミートソース』というものは
世界ではあまり見かけないのですけれど(ボロネーゼという名で書かれることが多い)

↓メニューに『クラシック・スパゲティ・ウィズ・ミートソース』というのがあったので
(いちばん下)、それを頼みました。
19042303.jpg
19042304.jpg
とても量が多いので
食べきれないかな~と思いましたが
美味しくてぜんぶ食べました。

翌日は、いよいよサンシメオンから
旅の出発地・ロサンゼルスに帰ります。
もう旅も終わりです。

サンシメオンを出発する前に
↓宿の前のビーチに行きました。
19042307.jpg
子どもたちに
『この海、なんていう海か分かるか?』
と言ったら
分かっていない感じだったので

『太平洋だぞ。あの水平線の向こうに平塚があるのだ』
と説明したら、
『へえ~! すごい!』
と、ずいぶん感激した様子でした。

↓とても美しい海岸でした。
19042306.jpg
半日かかって
無事にロサンゼルスに着きました。
宿は空港のすぐそばのモーテルです。
あとは、翌朝に早起きして帰りの飛行機に乗るだけです。

最後の晩餐は
宿のそばのメキシコ料理のお店にみんなで行きました。

僕は
↓『エビのグリル、メキシカンスタイル』というのを頼みました。
19042308.jpg
これは本当に美味しかったです!!!!
今回の旅行で食べたもののなかで
いちばん美味しかったです。
(サンフランシスコのクラムチャウダーもたいへん美味しかったですが)

メキシコはスペイン語圏の国ですし
店員のお姉さんたちもヒスパニックの方らしかったので、
最初に『僕はスペイン語をちょっとだけ勉強してます』とスペイン語で言ったところ

その後ずっと、
店員のお姉さんは僕にスペイン語だけで話しかけてきました。
僕はスペイン語を使う機会に飢えているので(笑)
とても嬉しかったです。
いろんな話ができてヨカッタです。

最後に
『明日の早朝に日本へ帰るんです。
 最後にこの素敵なお店で食事できて良かったです。
 旅行はとても楽しかったです。
 またいつか、カリフォルニアに、ロサンゼルスに来たいです。
 その時は必ずまたこのレストランに来ます。』

と言ったら、お姉さんは
『このレストランは40年以上むかしからやっているのよ。
 エスペラモス、エスペラモス(私たちは待っているわよ)』
と繰り返し言ってくれました。

とても良い思い出になりました。

翌朝、暗いうちから早起きして
空港へ向かう前にレンタカーを返しに行きました。

レンタカーというのは
ほとんどの場合、ガソリンを空っぽで返してOKですので
『いかに空っぽの状態で返すか』という大変セコイ挑戦を
毎回することになります。(我ながら本当にセコイと思います)

今回は7人乗りの
とても大きなクルマを借りたのでガソリンタンクも大容量でしたから
もしガソリンをたくさん残して返却すると
ものすごく損をすることになります。

旅行の後半は
ロサンゼルスに着いたときにちょうど空っぽになるように
計画的に給油してきました。

↓返したときはほぼ空っぽだったので(上段の右から2番目のメーターです)、
ヤッターと思いました。(本当にセコイですね、こういうのを小市民的感覚といいます)
19042309.jpg
しかしながら
この『ガソリンを空っぽで返そう』というチャレンジは
リスキーでもあります。

以前、スペインのグラナダでレンタカーを借りて
1週間後にマドリードで返すという旅行をしたときに、
マドリードに着く前に
ラ・マンチャ地方のガソリンスタンドなんか気配もない大平原で
ガス欠になりそうになって不安になったことがありました。

ですので、余裕を持ってやったほうがいいです(笑)。

そんな話はいいとして
今回のカリフォルニア旅行の走行距離は、9日間借りて2500kmほどでした。
ヨセミテの大雪の道も、無事にガシガシ走ってくれました。
最後にみんなでクルマにお礼を言って
一緒に記念写真を撮りました。

ということで
カリフォルニア旅行の写真はおしまいです。
長々とお付き合いいただきありがとうございました。

また明日からは日常的な感じで
このブログを書いていきたいと思います。
またご覧いただけましたら幸いです。
スポンサーサイト