FC2ブログ

5月15日(水)晴れ

今日は実家の自宅スタジオに行きまして
アレンジの作業をやってました。

オケも作ってあって
サチコネエサンのボーカルも録音してあるのに
まだイントロの部分だけを作っていない曲があったので
そこの部分を作りました。

『あの曲の、あそこの部分をどうしたらいいかな……』
などということを
常に考えているわけですが(笑)、
アイディアが思い浮かぶのはけっこういろんなタイミングです。

子どもたちが外で遊んでいるのを監視?しているときにも
『あっ! あの曲のサビの直前のコード進行、
 こういう和音でやってみよう』
などと思いつくときもありますし、

今日イントロを作ったそのアイディアは
せんじつお布団の中で
何時間もどうしても眠れないでいたときに
『あっ、あの曲のイントロ、まず冷たいシンセパッドの音色でフワっとした和音が鳴って
 そこにパーカッションがこういうリズムで入ってきて
 そのあとに半音下の調から転調しながらサビのコード進行が入ってくればいいんだ』
とヒラメイタものです。

それを今日ためしてみたわけですが
おかげさまで、なかなか良いイントロができたと思います。
ありがたいことでございます。

僕はこれまでの経験から思うのですけれど、
ずっと長い時間をかけて一生けんめい考え続けていて
そのあとフッと気を抜いたときに
『思いつく』ということが多々あります。

歴史上の芸術家や科学者にも
同じようなことを言っている人がいるので
そういう法則のようなものは
きっとあるのだと思います。

アルキメデスはお風呂に入っていてヒラメキましたし、
ニュートンはリンゴの木の下でヒラメキましたが、
きっとその直前までに
『ずっと考えていた』『ずっと解決法を探していた』
という長い時間があったうえでのことだと思います。

ということで
明日もがんばりましょう!!
スポンサーサイト